ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル最高裁》元判事・検察官に出馬制限?=「空白期間8年」法制化求める

《ブラジル最高裁》元判事・検察官に出馬制限?=「空白期間8年」法制化求める

ジアス・トフォリ最高裁長官(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 ジアス・トフォリ最高裁長官は29日、「裁判官や検察官は辞職後8年、選挙に出馬できない」という考えを表明し、連邦議会で法制化することを願った。30日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ