2021年3月17日の記事一覧

《ブラジル》取引先の養鶏場に太陽光発電導入=BRFがブラジル銀行の協力で

養鶏場に設置された太陽光発電用のパネル(12日付フォーリャ紙の記事の一部)  世界的な食肉加工会社のブラジル・フーズ(BRF)がブラジル銀行の協賛を得て、養鶏場への太陽光発電導入を推進中だ。大手企業の世界進出には持続可能性が重要な役割を占めているとの認識を、具体化した取り組みだ。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です ...

続きを読む »

《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹

保健所で再会、予防接種を受けたサンドラさんとシェイラさん(11日付G1サイトの記事の一部)  新型コロナの感染が始まって以来、1年近く会えなかった74歳の双子の姉妹が、予防接種会場で再会した。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》大統領本人にも不正所得疑惑浮上=下議時代に幽霊職員から給与をキックバック?=捜査対象になる可能性も

疑惑を報じるフォーリャ紙(Twitter)  長男フラヴィオ上議にかけられている幽霊職員の給与をキックバックさせる不正所得疑惑「ラシャジーニャ」が、ボルソナロ大統領本人にまで及んでいることが報じられている。15、16日付現地紙、サイトが報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録は ...

続きを読む »

《ブラジル》緊急支援金支給に3タイプ=一人暮らしは月額150レ=雇用維持策も期間限定で復活

雇用維持や失業者への対策は急務(Marcello Casal/Agencia Brasil)  新型コロナの感染再燃に伴う緊急支援金支給は三つのタイプに分けられ、4月から支給となりそうだ。また、雇用維持のための時短・減給措置も復活させる準備が進展中と15、16日付現地紙、サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが ...

続きを読む »

《ブラジル》新保健相にケイローガ氏=大統領長男と懇意の心臓外科医

 15日、エドゥアルド・パズエロ氏に代わる新しい保健相として心臓外科医のマルセロ・ケイローガ氏が決まった。ボルソナロ大統領長男のフラヴィオ上議による推薦だという。15、16日付現地紙、サイトが報じている。  14日に第一候補として当たっていたルジミラ・アジャール氏からは15日早々に断られたが、その次の候補と目されていたケイローガ ...

続きを読む »

《ブラジル》1月の雇用は26万人純増=同月としては統計史上最高

 経済省が16日、全就労・失業者台帳(Caged)によると、1月は正規雇用者が26万353人増え、1月としては統計開始以来、最良の結果だったと発表したと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《サッカー》6月にコパ・アメリカ開催=セレソンの初戦はベネズエラと

 南米サッカー協会(CONMEBOL)は15日、アルゼンチンとコロンビアでのコパ・アメリカを当初の予定より2日間短縮し、6月13~7月10日に開催することを決めた。参加国は招待国なしの南米10カ国となる。15、16日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリカに関してはコロナ禍により開催を危惧する声もあったが、開催され ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州ではこのところ、3密を作る週末の非公式イベントを取り締まる動きが広がりつつある。先週末の12〜14日はサンパウロ市だけでも58のイベントが取り締まりの対象となった。15日からはじまった「紫レベル」の直前、最後にひと騒ぎしたかったのかもしれないが、そういうわけにはいかなかった。中でも注目されているのは、南部ヴィラ・オ ...

続きを読む »

鹿児島総会=新会長に文岡正樹氏を選出=「今まで以上に団結ある会に」

オンライン総会の様子

 ブラジル鹿児島県人会(上園モニカ会長)は2月21日9時から「鹿児島県人会定期総会」をオンライン会議アプリズーム上で開催し、役員選挙で文岡正樹氏を新会長に選んだ。当日はメンバー21人が参加。中にはパラナ州クリチバ市や、北大河州ナタール市など、聖州外からの参加者も目立った。  上園会長は開会の挨拶と共に、「コロナ禍中でも若手がSN ...

続きを読む »

【特別企画】新来シリア移民が見たサンパウロ=日本人と何が違って何が同じ?《2》=一世紀後も恨み忘れない民族性

モハマド

【質問者】大浦智子(1979年兵庫県生、在サンパウロ19年、フリーランス) 【回答者】★モハマド・アルサヘブ(1981年ダマスカス生、在サンパウロ6年、アラビア語学校経営)、★アブドゥルバセット・ジャロール(1990年アレッポ生、在サンパウロ6年、個人事業主、NGO副代表など) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、 ...

続きを読む »