2021年4月6日の記事一覧

《サンパウロ州》地下鉄5号線の拡張計画発表=バスターミナルと2駅を建設

5号線の拡張計画について報じた23日付メトロCPTMサイトの記事の一部  サンパウロ州政府が3月23日、サンパウロ市内を走っている地下鉄5号線(紫)を同市南部のジャルジン・アンジェラまで延長すると発表した。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》大統領独裁化の危機説も?!=異例の3軍司令官解任で=3月31日の「軍事クーデターの日」直前=軍部や国民はついていかず

解任されたプジョル前陸軍司令官(Marcelo Camargo)  3月29日から30日にかけて、フェルナンド・アゼヴェド・エ・シウヴァ国防相、陸空海3軍の総司令官が続けざまに解任されるという、ブラジル史上最大の危機が起こった。3月30日付UOLサイトなどによると、これはボルソナロ大統領が希望するエスタジオ・デ・シチオ(戒厳令の ...

続きを読む »

《ブラジル》4月のコロナ死者は10万人超?=7月時点で累計約60万人との説も=米ワシントン大が予測

 【既報関連】新型コロナの死者が30万人を超えた3月24日、三権の長が新型コロナ対策委員会設置を決めたが、まだまだ挙国一致には程遠い状態が続いている。3月の死者は、昨年ピーク時の月間死者数の倍以上の6万6573人だったが、米国の大学は4月の死者は10万人以上との予想まで出したと4、5日付現地紙、サイトが報じた。  ブラジルのコロ ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁判事=感染防止より信仰の自由優先の判断=1日平均3千人超の死者の中

 最高裁のカシオ・マルケス・ヌーネス判事は復活祭の前日の3日、信教の自由を理由に、宗教施設での集会開催と信者の参加を全国的に認める判断を下した。ブラジルでのコロナ禍での死者が過去最高を連日更新する中での物議をかもす判断となった。4日付現地紙が報じている。  カシオ判事の判断は、全国福音派法律家協会(Anajure)の請求を受けて ...

続きを読む »

《サンパウロ州》LGが携帯電話市場から撤退=タウバテ工場の従業員に影響

LGが携帯電話市場から撤退と報じる5日付G1サイトの記事の一部  韓国に本社を置く電子機器メーカーLGが5日、ブラジルの携帯電話市場からの撤退、サンパウロ州タウバテ市の工場での生産停止を発表したと同日付伯字サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員につい ...

続きを読む »

《サンパウロ州議会》セクハラ議員に半年の停職処分=審議中の痴漢行為に満場一致で

 サンパウロ州議会は1日、議会審議中に女性議員に対して猥褻行為を働いたフェルナンド・クリー聖州議(シダダニア)に対し、6カ月の停職処分を下した。これを受け、サンパウロ州検察局も同議に対する告発を行っている。2〜4日付現地紙が報じている。  クリー氏は昨年12月、サンパウロ州議会での予算審議の場で、カウエ・マクリス(当時)議長(民 ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジルを代表するバラード歌手アギナルド・チモテーオが3日、コロナウイルス感染症で入院していたリオ市の病院で亡くなった。84歳だった。アギナルドは歌手だけでなく、政治家としても知られ、下院議員の他、サンパウロ市、リオ市の市議を務めたこともある。実直な人柄で知られ、コロナウイルスに対しても積極的に社会的隔離を勧めていた。ワクチン ...

続きを読む »

《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領

セントロンに追い詰められる大統領  3月24日、ブラジルはコロナ死者30万人を超えるという惨状を呈した。この社会的不安感と緊張感の高まりを背景に、経済界も対策を求める意見書を公開し、それに背中を押されて政界の動きも激しくなった。3月末には1日の死者が4千人超の日が出るなど事態は悪化の一路を辿り、7日間の平均死者数が初めて3千人/ ...

続きを読む »

特別寄稿=突じょ大幅改編した内閣人事=「吾(わが)政府」実現したいボルソナロ氏=サンパウロ市在住  駒形 秀雄

 先週、3月末から4月始めに掛けて、ボルソナロ内閣の多くの大臣、公社幹部の入れ替えが発表されて、「何で急に」とコロナウイルスで活動休止中の国民を驚かせました。  大臣の交替が発表された省庁の中には防衛省、外務省、大統領府官房長官など重要省庁もあり、これがブラジル政治に大きな転換が起きる予兆で無ければ良いが、と心ある人々を心配させ ...

続きを読む »

聖南西果樹農家巡り(中)=ピニャールの山下治さん=福井村の草分け、苦労の葡萄作り

山下さん(葡萄と共に撮影)

 ブラジルでは夏が過ぎて実りの秋となり、葡萄の収穫期だ。コロニア・ピニャール移住地で大玉の種無しマスカットや葡萄を中心とした果樹菜園を行う山下治(おさむ)さん(85歳・福井県)を取材した。  山下さんは、同地域で畑を開いて58年。現在合計面積約27アルケール、3つの畑でマスカット、葡萄、柿、デコポン、アテモヤなどのフルーツを作り ...

続きを読む »