2021年4月16日の記事一覧

《ブラジル》企業家の信頼感指数が低下=4カ月連続だがまだ肯定的

工業界の企業家信頼感指数低下を報じる13日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部  4月の工業界の企業家信頼感指数(ICEI)は4カ月連続で低下を記録したが、それでも53・7ポイントで、肯定的と言える状態を保っている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍CPI委員18人の顔ぶれ決まる=大統領にさらに厳しい展開=タッソやレナンらの名前も

CPI委員の顔ぶれ(Twitter)  ロドリゴ・パシェコ上院議長(民主党・DEM)が14日に、コロナ禍における連邦政府の対応に関する議会調査委員会(CPI)の開設を宣言した後、各政党がCPIの委員を早々に選出した。そこには、CPIの開設を提案したランドルフ・ロドリゲス上議(レデ)をはじめ、ボルソナロ政権批判者として知られる党の ...

続きを読む »

《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト

 新型コロナの影響による利用者減少などで、2020年のサンパウロ市の地下鉄の収益は17億レアルの損失を出し、運行本数減少などを余儀なくされたと1、13日付伯字紙、サイトが報じた。  新型コロナ感染への恐怖心や、在宅勤務や在宅と職場勤務を組み合わせたハイブリッドと呼ばれる勤務形態が増えた事、外出規制や大型休暇の導入などは、地下鉄や ...

続きを読む »

《ブラジル》環境相を犯罪擁護で起訴=直後に起訴した連警担当者が更迭

 アマゾナス州の連邦警察が、アマゾンの森林破壊の責任でリカルド・サレス環境相とテルマーリオ・モッタ上議を、環境監視機関の活動を困難にし、環境破壊や不法伐採などの取締りを妨げたとして、行政法上の犯罪や組織犯罪、業務妨害などの容疑で起訴した。だがその起訴した州本部長が、ブラジリアの連警本部から更迭された事態が起きた。15日付現地紙、 ...

続きを読む »

《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も

 重症の新型コロナ感染症患者に人工呼吸器を装着する際に必要な薬品などが不足し、重症者の受け入れを拒否または制限する病院などが出ていると13~15日付現地紙、サイトが報じた。  重症化した新型コロナ感染症患者の増加は、集中治療室(UTI)の占有率上昇だけでなく、医療従事者の不足や人工呼吸器を装着する際に不可欠な薬品や資材の不足など ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選世論調査=ルーラがより優勢に=ボルソナロの支持漸減

 大統領選の世論調査で、ボルソナロ大統領よりもルーラ元大統領を選ぶ人がさらに多くなってきていると、15日付現地紙が報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

東西南北

 14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1カ月間の全国の新規感染者は4万5498人に達した」と ...

続きを読む »

日語センター総会=コロナ禍で収入半減の大打撃=オンライン授業で現状打開へ=日本語教育推進法に期待

総会の様子

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は3月20日に「第33回通常総会」と「第37回評議員総会」オンラインで開催した。通常は別々に行うが、コロナ禍を考慮して特別に合同開催し、両総会に43人が参加した。150万レアルの収入見込みが実際には74万レと半減するなど、コロナ禍で厳しい一年となったことが報告された。 【無料朝刊サービ ...

続きを読む »

ブラジルからも喜びの声!=マスターズ松山英樹優勝に

鈴木ワグネル 副理事長

 日本のプロゴルファー松山英樹が11日にアジア人初のマスターズ・トーナメントで優勝し、表彰式で優勝者に送られる「グリーンジャケット」に袖を通した。同トーナメントはアメリカジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを会場に開かれ、「マスターズを制する者は世界を制する」とまで言われる権威ある大会だ。  優勝した松山氏に対して ...

続きを読む »

サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで

事件近くの防犯カメラの映像で被害者を襲う直前の強盗二人。一方通行の路を逆走するバイクと右上あたりで路肩に停止しているバイク(在サンパウロ総領事館からの注意喚起メール添付動画より)

 アイフード等のデリバリー配達員を装った強盗がサンパウロ市で多発している。4月6日(火)午後4時にはパライゾ地区で、デリバリー配達員を装った男2人組が犬の散歩中の人に拳銃をかざし、携帯電話を強取する事件が発生。同日に在聖総領事館も注意喚起を促すメールを送信している。  この他、南部のサウデ区周辺でも同様のデリバリー宅配員を装った ...

続きを読む »