2021年6月10日の記事一覧

《ブラジル》ポルキロ・レストランが激減=コロナ禍で既に40%が閉店

ポルキロの店(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)  新型コロナの感染拡大による外出規制強化や在宅勤務の増加で、セルフサービス方式の食堂(ポルキロ)などの閉店が相次いでいると、5月20日付G1サイトや8日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログ ...

続きを読む »

《ブラジル》TCU疑惑=大統領の意向に沿った報告書?=監査官が個人的文書と自白=コロナ死者50%過剰と指摘=大統領と親交深い一家

停職となったマルケス氏(Twitter)  【既報関連】7日にボルソナロ大統領が言及したことで注目された、連邦会計検査院(TCU)によるコロナ感染症による死者数に疑問を呈する報告書が、TCUの会計監査官が個人的に作成し、その父親の軍人が大統領に渡したものであることが判明した。8、9日付現地紙、サイトが報じている。 ※このコンテン ...

続きを読む »

《ブラジル》ゲデス経済相が緊急支援金の支給延長示唆=暫定令で110億レ工面?=新しい生活扶助にも言及

ゲデス経済相(Washington Costa-ASCOM/ME)  ゲデス経済相が8日、新型コロナ対策としての緊急支援金の支給期間を少なくとも2カ月間延長するとの意向を表明したと7~9日付現地紙、サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず

 サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日夜、敵地で行われたW杯南米予選の対パラグアイ戦の終了後、ネット ...

続きを読む »

《ペルー》大統領選で史上まれに見る大接戦=カスティーヨ氏僅差でリード

 6日に行われたペルーでの大統領選が歴史上でも稀に見る大接戦となり、開票が終了しても法廷闘争で結果確定が先延ばしになる可能性が生まれている。9日付現地紙などが報じている。  今回のペルー大統領選は4月11日に行われた一次投票の時点から激しく票が割れており、18・92%を獲得した急進左派のペドロ・カスティーヨ氏(自由ペルー)と、1 ...

続きを読む »

《ブラジル》12カ月の累計インフレ8%超=5月も物価上昇止まらず

 地理統計院(IBGE)が9日、5月の広範囲消費者物価指数(IPCA)は0・83%上昇し、4月の0・31%を大幅に上回ったと同日付現地サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

東西南北

 人気子役俳優だったラファエル・ミゲル(当時21歳)が、会えなくなった恋人を説得しようと彼女の自宅までかけつけ、随伴した親もろとも恋人宅前で殺害される事件が2019年に起きて話題となったが、9日でちょうど2年の月日が流れた。恋人の父親で、ミゲルと両親を殺害した企業家のパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者は依然として逃亡中だ。この ...

続きを読む »

アリアンサ=コロナ禍で生徒数半減の危機=校舎閉鎖、3校から1校に=手探りでオンライン化するも

ピニェイロス文化センター

 「生徒が激減して校舎を閉鎖し、去年からずっと赤字で苦しい状況。少しでも早くこのコロナが収束して以前に戻って欲しいと願うだけです」――日伯文化連盟(吉田エドワルド会長)の土屋アリセ早那枝校長(二世・69歳)はそう落胆の様子で語った。昨年から始まったコロナ禍が継続し、多くの日系団体や日本語学校が経済的ダメージを受けている昨今、アリ ...

続きを読む »

JICA=「日本語学校には宝物がいっぱい」=日本語学校運営管理セミナー

セミナーのパンフレット

 日本時間の6月26日(土)午前8時から10時にかけて、20201年度日系社会研修「NIKKEI日本語学校運営管理オンライン・セミナー」を、JICA(国際協力機構)の主催で、海外日系人協会が実施する。ブラジル時間では25日(金)20時から22時。  パンデミックで経営難に直面し、舵取りに苦労している学校が多い中、日本語学校の本当 ...

続きを読む »

《記者コラム》一都市のロックダウンでは解決しない深刻な問題

2月に行われたロックダウン時のアララクアラ市(Divulgacao/Prefeitura de Araraquara)

 新型コロナの変異株による感染者確認で2月にロックダウンを行ったサンパウロ州アララクアラ市が、再びやる可能性が出てきたと9日付伯字紙が報じた。  同市はサンパウロ州初のロックダウンを行い、周囲の市で感染が広がる中でも感染者や死者、入院患者数の明確な減少を見た。病院には周囲の市の患者を受け入れる余裕さえ生まれていた。その事例は、ロ ...

続きを読む »