2021年7月24日の記事一覧

《リオ市》リオ五輪の聖火台に再び火=東京五輪を顕彰し、期間中点す

 東京五輪の開幕に先駆けた22日、リオ市中央部のカンデラリア教会の傍に造られたリオ五輪用の聖火台に火が点ったと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」 ...

続きを読む »

《リオ州》デルタ株で4人の死亡確認=43~73歳の男女各2人

コロナウイルス(@Handout.)  リオ州保健局が22日夜、新型コロナのデルタ株(インド株)感染者4人が死亡したと発表したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》政権内での軍の影響力後退へ=ブラガ国防相の言動契機に=連邦政府はセントロン色強める=新投票形式の可能性は絶望的

ブラガ国防相(Waldemir Barretto)  バルテル・ブラガ・ネット国防相が、大統領が希望する新投票方式を導入しないと来年の選挙は行わないとアルトゥール・リラ下院議長(進歩党・PP)に脅しをかけていた疑惑が表面化したことで、22日以降、三権内で軍の影響力を抑制しようとする動きが生じつつある。軍は今月上旬も、上院のコロナ ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍=親亡くした未成年11万3千人=父親だけで8万7500人も=女性は子守で職歴に悪影響大

 20日付の国際的な科学雑誌『ランセット』によると、ブラジルでは昨年の3月から今年の4月までに新型コロナ感染症で片親または両親を失った未成年者が11万3千人いる事が判明したと21日付現地サイトが報じた。  親を失った子供は5分に1人の割で増えており、この内の8万7500人は通常なら家計の中心である父親を失ったという。保護者である ...

続きを読む »

《ブラジル》反大統領派女性政治家=記憶にない謎の5カ所骨折=家庭内暴力や政敵襲撃の可能性も

被害を訴えるジョイセ氏(Twitter)  ジョイセ・ハッセルマン下議(社会自由党・PSL)が自宅内で、計5カ所の骨折などを追う怪事件が起きていたことがあきらかになった。ジョイセ氏はこのような重傷を負った記憶がないという。22、23日付現地紙、サイトが報じている。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領派政治家が中国大使を「猿」と罵倒=銃を両手に威嚇のポーズで

 ブラジル労働党(PTB)党首のロベルト・ジェフェルソン氏が、銃を両手に持って威嚇しながら、中国大使を「猿」と罵倒する動画を投稿し、問題となっている。23日付現地紙が報じている。  この動画はワッツアップのグループの中で拡散されたものだ。ジェフェルソン氏は国旗を掲げた壁の前に立ち、銃を持った両手を交差させて共産主義を否定。ブラジ ...

続きを読む »

《ブラジル代表》東京五輪開会式参加は4人だけ=感染避けるため最低限に

 東京五輪へのブラジル選手団が23日、新型コロナへの感染を避けるため、4人のみで開会式に参加し、衆目を集めたと同日付ブラジル国内サイトが報じた。  ブラジルの選手団は300人を数える。だが開会式に参加したのは、旗手を務める男子バレーのブルニーニョと柔道女子のケトゥレイン・クアドロスの二人と、ブラジルオリンピック委員会のメンバー2 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市市役所脇の伝統ある広場「ヴァーレ・ド・アニャンガバウー」の改装後の再オープンが、25日に予定されている。改装工事自体は3月に終わっていたが、その後、コロナ第2波の悪化や契約に関する問題などもあり、再開のめどが立たずに延期され続けていた。ただ、これには条件がある。それは「サンパウロ市のワクチン接種率(少なくとも1回) ...

続きを読む »

五輪前半の見どころを紹介=競技日程7月31日まで

【7月24日(土)】ブラジル女子サッカーの第2試合が午前8時からオランダと対戦。競泳は7時2分から開始26人のブラジル代表が出場する。今大会新種目のサーフィンが19時から、スケートボードは21時に開戦。さらに21時には女子ハンドボールがロシアと対戦。体操が22時開始。ブラジルからはフラビア・サライやレベッカ・アンドラーデが出場す ...

続きを読む »

野球少年に日本留学の進路を=元海外協力隊の高江直哉さん=「才能あってもブラジルでは難しい」

サルバドール市で少年野球指導をやっていた頃の高江さん

 【大阪発】「いくら球児に才能かあってもブラジルではスカウトの目に留まることは難しい」――こう話すのは元日系社会青年海外協力隊の高江直哉さん(31歳)=大阪府在住=。2018年から2年間、バイア州サルバドール市で野球指導を行い、ブラジル球児たちの身体能力の高さや呑み込みの早さに将来性を見出した。だがブラジルには野球のプロリークや ...

続きを読む »