2021年8月3日の記事一覧

《ブラジル》コロナ禍CPI ワクチン契約疑惑で3人召喚=議会開会で捜査活動を再開=レシーザ社社長は来週か=曰く付きリオ病院も射程に

CPIの様子(Edilson Rodrigues)  3日から上院のコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)が再開される。今週のCPIではアミウトン・ゴメス牧師ら、コロナワクチンの不正契約疑惑に関与したとされている人たちが証言を行う。またCPIは、リオ州の連邦病院での不正に関しての捜査も求める意向でいる。1、2日付現地紙、サイト ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ死者の7日間平均が千人切る=第2波前の1月の水準に戻る=デルタ株感染者247人に

 新型コロナのワクチン接種が進んでいる事で感染者や死者の増加速度が鈍り、7月31日には新たな死者の7日間平均が1千人を切った。新たな死者の7日間平均が1千人を下回るのは、1月20日の981人以来だ。  7月25~31日(感染学上の第30週)の死者は前週比で15・4%減の6922人、7日間平均は989人だった。1日現在の死者は前日 ...

続きを読む »

《ブラジル》東京五輪 レベッカが跳馬で初金=テニスと水泳で銅メダル

 東京五輪は現地時間の7月31日と8月1日、ブラジル勢は女子テニス、女子体操、男子水泳で、金1銅2の三つのメダルを獲得した。女子体操個人総合ですでに銀メダルを獲得していたレベッカ・アンドラーデは、個人の種目別(跳馬)でブラジル女子体操選手としては初の金メダルの栄冠に輝いた。1、2日付伯字紙が報じている。  7月31日に行われた女 ...

続きを読む »

《ブラジル》「選挙は安全」歴代の選挙高裁長官が連名宣言=大統領に強烈な反論

 1988年以降の選挙高裁(TSE)の歴代長官16人と現在のTSE長官が連名で2日、「ブラジルの選挙の投票方式は安全」との宣言を行った。これは、証拠を示せないまま「選挙に不正があった」と主張し続けるボルソナロ大統領への返答と解釈されている。2日付現地サイトが報じている。  この声明は、TSEの現長官であるルイス・ロベルト・バロー ...

続きを読む »

《ブラジル》昨年9月末の税収額を8月1日達成=経済回復の証拠か、インフレ懸念も

 サンパウロ州商業協会(ACSP)が設置している税収計(Impostômetro)が報じる今年の累計税収額が1日に1・5兆レアルを超えたと同日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

東西南北

 1日、全国各地で、2022年の選挙をボルソナロ大統領の求める「印刷付きの電子投票(ヴォト・インプレッソ)」で行おうと主張するデモが行われたが、どこも不入りに終わった。ブラジリアの大統領官邸前では人がまばらな空撮、リオ市コパカバーナの海岸では歩道さえ埋まらない中でブラジル国旗があげられる光景、サンパウロ州ジュンジアイーでは車間距 ...

続きを読む »

《記者コラム》セントロンの政権乗っ取りが意味すること

大統領自身もノゲイラ官房長官就任に関して、「政府の魂を渡した」と報じる27日付オ・グローボ紙サイト記事の一部  「私はセントロンだ!」――ボルソナロ大統領は7月22日、シロ・ノゲイラ上議(進歩党=PP、ピアウイ州選出)を官房長官に任命したことに関して、ブラジルのラジオ局から質問を受けそう明言した。(https://g1.glob ...

続きを読む »

NCC=マレットゴルフ新部長就任=吉田アキミツ・エジソンさん

マレットゴルフ新部長に就任した吉田アキミツ・エジソンさん

 日本カントリークラブのマレットゴルフ部部長に吉田アキミツ・エジソンさん(75)が就任した。その就任式が7月25日(日)正午から、グァルーリョス市サドキン区の同マレットゴルフ部イベント会場で行われた。来賓の小原彰・元ブラジル陸軍少将はじめ、ブラジル・マレットゴルフ連盟会長ら約100人の同部員が出席、新部長就任を祝った。その後は、 ...

続きを読む »

パラナ州高速道路に「道の駅」=兵庫県友好提携50周年事業で

左からピアナ副知事。永田兵庫県事務所所長、マッサ州知事、西森ルイス下議

 6月下旬、兵庫県ブラジル事務所(永田展之所長)は西森ルイス連邦下議による調整でパラナ州カルロス・マッサ知事とダルシー・ピアナ副知事を表敬した。同州と兵庫県の経済や様々な友好交流について話し合われ、井戸敏三兵庫県知事の親書を手渡した。  パラナ州政府は、同県との友好提携が昨年で50周年を迎えた記念事業として、同州高速道路に「道の ...

続きを読む »

陸軍に8人目の日系将官=三世の亀井氏、少将に昇格

亀井ウィリアン幸嗣少将

 7月31日付の大統領令により、ブラジル陸軍日系軍人の亀井ウィリアン幸嗣氏(51歳・三世)が大佐から少将に昇格した。少将は将官の中で4番目の地位。陸軍では8人目の日系将官、3軍全体では15人目の将官となる。  亀井氏は1970年に聖市で生まれ、1992年に士官養成のアグリャス・ネグラス陸軍学校(Academia Militar ...

続きを読む »