2021年8月7日の記事一覧

《ブラジル》コロナ禍で進む公共サービスのデジタル化=在宅勤務で14億レアル節約

在宅勤務の一こま(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)  新型コロナの感染拡大抑制策の一つとして、行政部門の連邦公務員にも在宅勤務が採用された事で、20年3月から21年6月にかけての連邦政府の経費は14億1900万レアル節約できたと経済省が発表したと3日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 このコンテ ...

続きを読む »

《サンパウロ市》路上生活者救済=有志が寄付集めバンを寄贈=組合本部での宿泊サービスも

寄付を集めてバンを寄贈と報じる3日付G1サイトの記事の一部  サンパウロ大司教区のジュリオ・ランセロッティ神父らによる路上生活者救済活動を支援するため、バーチャル募金活動で約3万レアルを集め、Kombiと呼ばれるバンを購入して寄贈した人達がいると3日付G1サイトなどが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願 ...

続きを読む »

《ブラジル》ヴォト・インプレッソを特別委員会が却下=3分の1も支持集まらず=大統領は脅迫発言で火の車=最高裁長官は激怒の声明

5日の下院(Najara Araujo)  5日、ボルソナロ大統領は、自身をフェイクニュース捜査の対象に加えた最高裁のアレッシャンドレ・デ・モラエス判事に対し、「彼は終わる」との威嚇発言を行って最高裁を激怒させ、ルイス・フクス長官から異例の抗議を受けた。その夜は、大統領が来年の選挙への導入を強硬に主張する「投票結果の印刷付き電子 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍=死者の平均800人台に=広がるデルタ株への懸念=リオ市では新規患者の45%

 新型コロナの犠牲者は5日現在で56万人を超えたが、ワクチン接種で増加ペースが鈍り、7日間平均は1月8日の864人以来の800人台となった。だが、デルタ株による感染拡大で、第3の波の発生を懸念する声が高まっている。  5日現在の死者は56万706人で、10日間で1万人増えた。だが増加のペースは鈍り、7日間平均は、1千人を切った7 ...

続きを読む »

《ブラジル》東京五輪でメダル史上最多に=金がさらに増える可能性も

 東京五輪は現地時間の6日、女子バレーの準決勝が行われ、ブラジルが韓国をセットカウント3―0ので制し、ストレート勝ちで決勝進出を決めた。これで今大会でのメダル獲得見込み数が20個となり、五輪メダル獲得数がブラジル史上最多となることが決まった。6日付現地サイトが報じている。  ブラジル女子バレー・チームは5日(現地時間の6日未明) ...

続きを読む »

《ブラジル》ボルバ・ガット放火事件=地裁が犯人の予防拘禁命ず=高等裁の釈放命令の翌日に

 サンパウロ州裁判所は6日、7月にサンパウロ市南部にあるボルバ・ガットの銅像を燃やした実行犯3人の予防拘禁命令を下した。これは前日に高等裁が釈放命令を出したあとに起こった、通常の司法の秩序とは異なるものとしても注目されている。6日付現地サイトが報じている。  この事件は7月24日、サンパウロ市地下鉄5号線の駅の前に建てられた高さ ...

続きを読む »

《ブラジル》ポウパンサの残高増加=緊急支援継続と金利上昇で

小さな金額も積もれば大きな金額に(Imagem de Arquivo/Agencia Brasil)  中央銀行が5日、コロナ禍に伴う緊急支援金の支給継続や経済基本金利(Selic)引き上げで、ポウパンサ(貯蓄預金)の残高が4カ月連続で増加中と発表したと同日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ...

続きを読む »

東西南北

 先週の後半からヴォト・インプレッソをめぐって大騒動を巻き起こしているボルソナロ大統領。味方を増やしたいところだが、なかなか難しい展開となっている。5日には連邦警察が、捜査を行った結果、「過去の選挙の電子投票に不正の形跡は見られなかった」と発表。「不正の決定的証拠を暴露してみせる」と宣言して出来なかった後でもまだ、不正を主張する ...

続きを読む »

特別寄稿=太平洋戦争下の日本・沖縄県人移民の苦難―――サントス事件を中心に=ブラジル沖縄県人移民研究塾代表  宮城あきら=総力あげて検証する沖縄県人会=《4》

【4】埋もれたサントス事件の発掘 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック! (1)偶然の歴史的資料の発見――「強制立ち退き時 ...

続きを読む »

特別寄稿=ボケ予防手段としての金融投資=じっくり楽しもうマネーゲーム=サンパウロ市在住 元週刊 FAXニュース代表 永井 忍=政治も経済も不透明な8月=(7)

 さてブラジルは今、冬期休暇の中、政治面では国会と政府コロナ対策の調査に上院に設置されたCPI(議会審問委員会)が7月末まで休会していても不透明性と要注意の度合いが高まり、経済金融面では休み明けを待って不安定に増減する事態になっている。  政治面では、ボルソナロ大統領とその政権の評価は最新の世論調査で悪化し、Datafolha調 ...

続きを読む »