2021年8月12日の記事一覧

《ブラジル》7月に10項目で新記録=風力など再生可能エネルギー生産で

ブラジル北東部にある風力発電施設(Miguel Angelo/CNI)  全国電力システム運営機構(ONS)が9日、ブラジル北東部では7月に再生可能なエネルギー生産で10項目の新記録が出たと発表したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ...

続きを読む »

《ブラジル》戦車まで出してあえなく撃沈=印刷付き電子投票 下院本会議で正式却下=308票にまるで届かず=大統領は負け惜しみ

10日の下院での投票(Cleia Viana)  10日、下院で「印刷付き電子投票」(ヴォト・インプレッソ)を選挙に導入するか否かの憲法補足法案(PEC)の全体投票が行われ、承認には308票以上が必要だったのに、賛成票は229人に終わり、ボルソナロ大統領の求めるヴォト・インプレッソは却下された。10、11日付現地紙、サイトが報じ ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍=デルタ株感染者は倍に=死者や入院者は減少だが=ガンマ株から入れ替わり

 新型コロナのワクチン接種により感染者や死者、入院患者は減少しているが、デルタ株による感染確認例は1週間で98%増という懸念すべき実態が明らかになった。デルタ株による感染は拡大傾向にあり、リオ州では再開したばかりの対面授業を中止する自治体も出ていると9~10日付現地サイトが報じた。  インドが発生源のデルタ株は世界中で感染再燃を ...

続きを読む »

《ブラジル》リベイロ教育相「学長は左派ではダメ」=「大学は少数の人に」とも

 大統領お墨付きの右寄り思想を持つミルトン・リベイロ教育相が、「連邦大学の学長は左派であってはならない」「大学は少数の人のものであるべきだ」などと発言し、物議を醸している。11日付現地紙などが報じている。  リベイロ教育相の発言が注目されたのは9日、TVブラジル局の番組「セン・センスーラ」の取材を受けたことによってだった。  同 ...

続きを読む »

《サンパウロ市》ボルバ・ガット放火犯釈放=被告になった引き換えに

 【既報関連】サンパウロ州地裁は10日、サンパウロ市南部のボルバ・ガット像に放火した容疑者3人を釈放した。3人は釈放直前に被告となっており、自由の身で裁判を待つことになった。釈放を求める左派、拘留を求める右派の政治家や司法関係者を巻き込んだ引っ張り合いが起きている。11日付現地紙が報じている。  7月24日にサンパウロ市地下鉄5 ...

続きを読む »

《ブラジル》穀物収量予測=IBGE/Conab共に下方修正=トウモロコシ15%減予想

 地理統計院(IBGE)と国家配給公社(Conab)が10日、今年の穀物収量予測を発表した。IBGEは過去最高だった昨年を0・8%上回る2億5610万トン、Conabは昨農年比で1・2%減の2億5400万トンと発表したと10、11日付現地紙、サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あ ...

続きを読む »

東西南北

 ボルソナロ大統領が下院でヴォト・インプレッソの投票が行われる日に三権広場で戦車の行進を行わせたことに、国民からの批判が集まっている。ネット企業「クエスト」が行った調査によると、この行為に対するツイートの93%が批判的なものだったという。また、その反応の中では、ラップ歌手のマルセロD2が「この煙に見るべきものはないな」とツイート ...

続きを読む »

特別寄稿=兆万長者は宇宙より飢餓問題を=『雨月物語』に学ぶお金の使い方=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子

コロナパンデミックで激増した億万長者 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  この頃は、百万長者、億万長者のさらにその上 ...

続きを読む »

沖縄移民研究塾=『群星』6・7合併号刊行=コロナ禍超え、歴史掘り起こし=発刊継続に寄付を呼びかけ

来社した皆さん(左から島袋栄喜さん、宮城さん、島袋安雄さん、高安さん)

 「激動のコロナ禍の中で、ようやく発刊できました。『群星』を多くの人に読んでもらい沖縄移民の歴史を認知してほしい」―ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長は『群星(むりぶし)』第6・7合併号の刊行にあたってそう胸中を語った。3日、島袋栄喜沖縄県人会元会長、島袋安雄さん、高安宏治と共に来社した。 【無料朝刊サービス登録】PDF ...

続きを読む »

近隣の貧困家庭に食料等配布=日伯友好病院が1200世帯に

セスタ・バシカを渡す岡本院長

 日伯友好病院の福祉課は例年通り、付近のチャカラ・ベラ、バラセラ、フネラリア、ジャルジン・アンダライーに住む困窮家庭約1200世帯へセスタ・バジカ(基礎食糧セット)や家庭用保健衛生用品の詰め合わせの配布を7月24日に行った。  配布日の前日、23日9時半、近くにあるバラセラで式典が行われ、岡本セルジオ医院長や、エミリア・イガイ福 ...

続きを読む »