2021年9月23日の記事一覧

特別寄稿=笠戸丸移民大田向雪の苦難の生涯=過酷極めたノロエステ鉄道工事(上)=執筆 金城エジソン健児/翻訳 建本みちかマルリー

極貧だった沖縄での生活 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  1908年6月18日に移民船笠戸丸でブラジルへ渡った最初 ...

続きを読む »

《ブラジル》中銀が経済基本金利引き上げ=前回会議で予告通りの1%P

中央銀行(Agencia Brasil)  中銀の通貨政策委員会(Copom)が22日、全会一致で経済基本金利(Selic)を1%ポイント(P)引き上げ、年6・25%とする事を決めたと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員につい ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍CPI国庫庁長官召喚で大荒れ=テベチ上議と批判の応酬=バクシン疑惑を指摘され=苛立ち隠せない連邦政府

21日のCPI(Leopoldo Silva/Agência Senado)  21日の上院のコロナ禍議会調査委員会(CPI)で国庫庁(CGU)のヴァギネル・ロザリオ長官とシモーネ・テベチ上議(民主運動・MDB)が口論となったことで、審議が紛糾する事態が生じた。テベチ上議はコバクシン不正疑惑に対するCGUの態度を批判していた。2 ...

続きを読む »

《ブラジル》保健相が米国で陽性反応=大統領ら訪米団も隔離へ=英首相、国連総長との会談にも同席

 ボルソナロ大統領が国連総会で開会演説を行った21日、マルセロ・ケイロガ保健相に新型コロナの陽性反応が出た。保健相は現地隔離中で、大統領を含むブラジル訪米団は帰国後、隔離勧告を受けたと21~22日付ブラジル国内サイトが報じた。  ケイロガ氏は19日に大統領や他の閣僚と共に米国に到着。夜は大統領らと共に軽食をとりに出た。また、20 ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁判事候補メンドンサ氏、2カ月も放置=上院のらりくらりと諮問せず

アルコルンブレ上議(Pedro Franca/Agencia Brasil)  最高裁のリカルド・レヴァンドウスキー判事は21日、上院憲政委員会(CCJ)のダヴィ・アルコルンブレ委員長に対し、ボルソナロ大統領から最高裁判事候補として指名されたアンドレ・メンドンサ氏の口頭試問(サバチーナ)を行わないことについての説明を求めた。21 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領次男の元職員8人に別職で不正疑惑=大統領前妻の親類込みで

 ボルソナロ大統領次男カルロス氏が、リオ市議付き職員として他の職に従事している人物8人を雇っていることが判明したと、21日付現地紙が報じている。  これは、カルロス氏が行っていると疑われている、幽霊職員による給与のキックバック(ラシャジーニャ)の疑惑に関するリオ州検察局の捜査の結果、明らかになったもので、グローボ紙の報道を契機と ...

続きを読む »

《サンパウロ州》チエテ川の日=水質改善で良い/標準増加=汚濁によるしみは約半分に

 「チエテ川の日」の22日、チエテ川や支流の水質の改善が続き、「良い/標準」が増えていると同日付現地紙、サイトが報じた。チエテ川はサンパウロ州最大の河川で、16年以降、大西洋岸森林地帯の保護活動を行うSOS・マタ・アトランチカ財団が、9月から翌年8月にかけて行った水質調査の結果を発表している。  今年はチエテ川と支流にある観測点 ...

続きを読む »

東西南北

 ニューヨークの国連総会での演説の評判が国際的に散々だったボルソナロ大統領。だが、この滞在で批判されたのは演説だけでない。夕食会に参加すれば待ち構えた抗議集団からヤジを飛ばされ、大統領三男のエドゥアルド下議に至ってはアップルストアでの買い物中に野次られた。また、米国滞在中もワクチン接種を受けていないことを終始批判された大統領だが ...

続きを読む »

「日本は戦争に勝った!」=偽情報拡散と社会の分断を描く=葉真中顕、ミステリー『灼熱』

葉真中顕著『灼熱』(新潮社HPより)

 勝ち負け抗争時のブラジル日系社会を舞台にしたミステリー小説『灼熱』(著・葉真中顕、出版・新潮社)の書籍、電子書籍版が9月24日に発売される。舞台となるのは1930年代のソロカバナ線奥地の架空の日本人植民地「弥栄村」。主人公は、叔父夫婦に誘われ、構成家族の一員として渡伯した沖縄生まれの子供移民・比嘉勇と、弥栄村一番の篤農家の息子 ...

続きを読む »

秋田県人会=日本楽器教室に40人強参加=好評に付き、定期開催検討中

輪になって三味線の弾き方を学ぶ参加者

 秋田県人会(大間知アルフレッド会長)は、和大鼓グループ「一魂」と共に18日に「日本の伝統楽器ワークショップ(OFICINA DE INSTRUMENTOS TRADICIONAIS JAPONES)」を行った。  これは、参加者が日本の伝統楽器である琴や篠笛、三味線、太鼓などに触れ合って日本の伝統的楽器に興味を持ってもらう為の ...

続きを読む »