ホーム | 2021 | 9月 (ページ 5)

9月 2021の記事一覧

《リオ市》偽文書提示や賄賂を払う人も=接種証明がなく入場不能で

賄賂を払って証明書を受け取ろうとする人もいると報じる24日付G1サイトの記事の一部  リオ市市役所が15日から、様々な施設やイベントの入り口で新型コロナの予防接種を受けた事を証明する書類の提示を義務化した事を受け、接種を受けていないのは身分証明書を盗まれたからといって別人の名前の被害届を提示する人や、接種会場の職員に賄賂を渡した ...

続きを読む »

《ブラジル》サンパウロ州検察局がプレベンチ・セニオル捜査へ=許可なし治験で死因偽証=マンデッタは昨年3月に警鐘=疑惑指摘も解任された原因?

 臨床試験に必要な国家研究倫理委員会(Conep)の許可もなく治験を行った上、死者のカルテなどの記録を改ざんしていた疑いで、サンパウロ市の大手医療保険会社「プレベンチ・セニオル」がサンパウロ州検察局の捜査対象となることが必至となっている。また、プレベンチの疑惑に関して、ルイス・エンリケ・マンデッタ元保健相が、昨年の3月末の時点で ...

続きを読む »

《ブラジル》サンパウロ州がサッカー観戦を認可=リオ市では大規模イベントも=いずれも接種証明提示が条件

 新型コロナのワクチン接種が進み、病床占有率の低下などが報じられる中、サンパウロ州のジョアン・ドリア知事が23日夜、10月からはサッカーの試合も30%の観客を入れる事を認め、11月からは100%解禁とする意向を明らかにした。同様の規制緩和はリオ市でも発表されているが、いずれも接種証明の提示などが条件で、非接種者が肩身の狭い思いを ...

続きを読む »

《ブラジル》検察も地裁も大統領次男の犯行確信=ラシャジーニャ捜査で危機

 リオ州検察局とリオ州地裁が共に、ボルソナロ大統領次男でリオ市議のカルロス氏のラシャジーニャ(幽霊職員を使った給与のキックバック)疑惑に関し、「計画犯罪を指揮した強い形跡がある」との判断を下していることがわかった。24日付現地紙が報じている。  リオ検察局は23日、カルロス氏のラシャジーニャ疑惑に関する捜査の結果をまとめ、「公金 ...

続きを読む »

《ブラジル》左派過激派がサンパウロ証券取引所を占拠=飢餓とインフレ、不平等に抗議

 23日、左派社会運動団体のホームレス労働者運動(MTST)が、飢餓やインフレ、失業などに対する抗議のため、サンパウロ市にあるサンパウロ証券取引所(B3)の一角を占拠する事態が起こった。24日付現地紙が報じている。  占拠は23日の午後2時頃から行われ、赤い旗を掲げた数百人のMTSTの集団が、B3の電光掲示板前のフロアに侵入し、 ...

続きを読む »

《ブラジル》経済基本金利引き上げは継続=インフレも沈静化は来年か

中央銀行(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  中銀の通貨政策委員会(Copom)が22日に経済基本金利(Selic)を1%ポイント引き上げ、年6・25%とした。28日に公表される議事録には来年のインフレはより沈静化するとの見通しが盛り込まれるだろうと23日付現地サイトが報じた。 このコンテンツ ...

続きを読む »

東西南北

 24日、10月に行われるサッカーのW杯南米予選の招集選手24人が発表された。9月の試合の際は、イングランド・プレミアリーグの選手たちの招集が同国でのコロナ禍が理由となって見送られたが、今回は同リーグから8人を招集。今度はしっかり試合に出場すると期待できそうだ。招集選手は9月の試合で活躍したエーヴェルトン・リベイロやジェルソンな ...

続きを読む »

東洋街でも「世界清掃の日」=アルメイダJR広場を清掃=「清潔感あれば犯罪起きない」

桜を植樹する野村市議(左)とサレス地区長(中央)、右が池崎会長

 9月18日(日)10時、サンパウロ市セー地区役所(コロネル・マルセロ・サレス地区長)は、世界各国で例年9月中旬に開催される「ワールド・クリーン・アップデー(国際清掃の日)」にあわせた清掃活動を、リベルダーデ区のアルメイダ・ジュニオール広場から開始した。  当日は同広場から始まり、ベラビスタ区やボン・レチーロ区、カンブシ区、コン ...

続きを読む »

アジア系コミュニティの今(5)=東京五輪の国名呼称は栄光の瞬間!台湾編〈5〉

張崇哲在ブラジリア台北経済文化事務所代表(大使)

――昨年の李登輝元総統の死後、米国や中国の外交の動きが激しくなっている印象がありますが、彼の影響力はやはり大きかったのでしょうか? ブラジルとの関係はどうでしたか? 張氏-李登輝元総統は、ブラジルではあまり知名度がありませんでした。ブラジル人はアジアについて、あまりグローバルな見方をしていないと思います。ブラジルの新聞の記事を読 ...

続きを読む »

秋田県人会がオンライン交流=母県のあきた南米交流会と

画面越しに旧交を温めたオンライン交流会

 ブラジル秋田県人会(大間知アルフレッド会長)は、8月27日に「ブラジル秋田県人会・あきた南米交流会オンライン交流」を行った。  この交流会は、同県人会が2020年に60周年を迎えたものの、コロナ禍のために2年連続延期となったことから開催されたもの。60周年式典には、佐竹敬久秋田県知事も来伯予定だった。  会当日は、秋田県人会か ...

続きを読む »