ホーム | 日系社会ニュース | 【尋ね人】地案功(ちあんいさお)さん

【尋ね人】地案功(ちあんいさお)さん

 ブラジル和歌山県人会および公益財団法人和歌山県国際交流協会が、地案功さんを探している。
 地案さんは存命なら80歳、和歌山県新宮市出身。当時は電気技術職に従事しており、1968(昭和43)年10月30日に横浜港から出航してサントス港に上陸した「あるぜんちな丸第31次航海」で移住した。当時の年齢は27歳。
 消息情報に心当たりのある人は、同県人会会長の谷口ジョゼ氏まで連絡を。(電話=谷口ジョゼ会長11・99780・4136、県人会メール=wakayamakenbr@gmail.com)を。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■佐々木憲輔さん2019年9月3日 ■訃報■佐々木憲輔さん  サンパウロ日伯援護協会と岩手県人会で理事を長年務めた佐々木憲輔さんが8月30日午後、サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の病院で亡くなった。享年72。死因は不明だが、数年前からペースメーカーを入れており、腎臓や膵臓も悪く入院していたという。  佐々木さんは岩手県 […]
  • 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《12》=TV結婚で華々しく渡伯した和田さん2019年5月22日 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《12》=TV結婚で華々しく渡伯した和田さん  「オヤジはブラジルに死にに来たようなもんだった」―4月11日の夕食時、サントスから一行に参加した鶴田千里さん(70、鹿児島県)夫妻と一緒になり、いきなり、そんなショッキングな言葉を聞いた。鶴田さんは1960年、親に連れられて11歳の時に移住し、3年後に父親は病気で亡く […]
  • 一人の学生親善視察が蘇えらせた日系移民の英才たち=ビラ・カロン在住 毛利律子2018年1月16日 一人の学生親善視察が蘇えらせた日系移民の英才たち=ビラ・カロン在住 毛利律子  1939年(昭和14年)7月11日15時、初代「あるぜんちな丸」が横浜港を出港して、横浜を出港して世界一周の処女航海の途に就いた。その船に、外務省、拓努省、貿易組合中央会の援助を受け、学生親善視察として乗船していた一人の青年がいた。その人は日本大学南米研究会幹事・木村 […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 =(36)2017年8月9日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 =(36)  幸い小柳さんの鶏舎作りの手法を学びブラジル人耕地のユーカリ樹を買い受け伐採して家の柱に、更にボルクスワーゲン社工場より廃材の箱板をもらい受けたり、氏の手厚い厚意と支援で事はスムーズにはこんだのであった。謂いようのない感謝の毎日であった。しかし奥地で一農年働いて貰った6コントス […]
  • 第26次往航あるぜんちな丸=移住50周年記念同航者会2017年4月28日 第26次往航あるぜんちな丸=移住50周年記念同航者会  1967年4月12日サントス港着の第26次往航「あるぜんちな丸」の乗船者である岡田文雄さん、池田好夫さん、吉岡さとみさん(旧姓=西国)らが、同航者の移住50周年を記念した同船者会を開催するため、参加者を募集している。  当時の邦字新聞のよると午前8時にブラジル、亜国 […]