ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第123話

中島宏著『クリスト・レイ』第123話

 そりゃあ,外国人の多くが怠け者で、問題ばかりを起こすのだったら、考えなければならないでしょうけど、でも、現実は決してそうじゃないでしょう。ナショナリズムも分からないことはないけど、ブラジルのことを考えるとまだ外国人を規制するのは早いのじゃないかしら。もちろん、最近は世界の情勢がおかしくなってきているから、それに対する警戒心が大きくなってくるのはやむを得ないことなのでしょうけど」
「何だか、アヤの言っていることを聞いていると、外国人の目じゃなくて、ブラジル人の目でものを言ってるような感じだね。
 ブラジルのことを、もっと広い視点で見ているところがあるし、それをまるで、自分の将来に結び付けて、真剣に考えているようでもあるね」
「考えているようではなくて、ちゃんとそう考えてます。こう見えても私は、ブラジルの国を愛してますからね。いい加減な考えでものを言っているのじゃありません」
「ほー、アヤも結構、愛国精神が強いところがあるね。だから、今のナショナリズムに対してもブラジル人的な立場に立った批判的なところがあるんだ。その発想は、外国人には珍しいよ」
「マルコスも、私に対してあまり外国人という意識は持たない方がいいわよ。あなたが“変なガイジン”だとすれば、私は“変な外国人”ですからね。話が噛み合わないかもしれない」
「いや、むしろ逆に話が合うのじゃないかな。変なタイプの二人が変な話をし合えば、誤解されることなくそのまま理解し合えることもあり得ることだよ」
「何だか分かったようで分からないけど、でも、それって案外、本質を突いているかもしれないわね。マイナス同士を合わせるとプラスに転化するということもあり得るというから」
「しかし、それにしてもアヤは確かに変な外国人だね。そのことは間違いないよ」
「あら、そんなに私に同調することはないでしょう。こう見えても私、少しは遠慮してものを言ってるつもりですけど。変だ、変だといわれると何だか気が滅入ってくるわ」
「アッハハハ、、、アヤがそれぐらいのことで滅入るなんてあり得ないよ。そんな軟弱な性格でないことは、この僕がとっくに見通しているよ。
 その芯の強さは並みのものではないからね。そういう強さに、僕は惹かれたといってもいいよ。ところでこれは、ちょっと真面目な話になるけど、アヤの持ってるその強さは一体、どこから来るものだろうかと、僕は時々考えることがある。
 アヤを見ていると何というか、あまり後ろを振り返らないというところがあって、いつも現在から将来へのことを考えていて、そこだけに集中するというか、それしか興味がないというふうに見えるね。
 もちろんそれは、僕の勝手な見方かもしれないけど、少なくとも君は過去にこだわって、それを引きずっているというような生き方はしていない。それはね、他の日本から移民して来た人たちを見ていても、その差がはっきりしているね。
 まあ、外国から移り住んできた人たちにとっては、自分たちの国へのこだわりが非常に大きなものだということは、僕にも想像できるし、望郷というのかな、自分たちが生まれ育った国に対する愛着とか執着がいつまでも振り切れない形で残っていくものだということも分かる気がする。
 そのことは日本人だけじゃなくて、僕の知ってるポーランドとかハンガリーとか東ヨーロッパから来ている移民の人たちにも、同じように見られるものだからね。
 つまりそれは、移民の人たちの間では常識のようなものになっているといえるのじゃないかな。それだけ、国を変えるということは大変なことだということを、そういうところを見ていると感じるね。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第133話2021年3月20日 中島宏著『クリスト・レイ』第133話  心配するとすれば、そちらの方がまず、優先されるべきだろうね。真剣に語り合えば、誤解とか曲解というものは、自然に消えていくと僕は信じるし、僕たちもそのぐらいの水準には到達したいと思ってるよ」  マルコスとアヤとの対話は、かなり微妙で重要な局面に入りつつある。  変なガイジン […]
  • NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能2021年2月10日 NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能  【既報関連】旧年12月に日本のNHK・BS1で放送された「ワタシたちはガイジンじゃない!」が、ブラジルでも視聴可能なNHK国際放送(ワールドプレミアム)で11日10時20分~11時33分まで放送される。  この番組は名古屋市内の団地で長期密着を行い、愛知、静岡、岐阜 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第115話2021年1月29日 中島宏著『クリスト・レイ』第115話 「それがつまり、伝統と文化から生まれてきたものと考えるわけね。この場合は、文化や習慣というものが、必ずしも文明の邪魔をするものではないということなのね。なるほど、そういう見方もあるわけね。やはり、こういうことはマルコスのように、外部の人間から見ることによって焦点がはっきりしてく […]
  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • NHK・BS1=日系ブラジル人の30年=イッセー尾形と宮藤官九朗2020年12月29日 NHK・BS1=日系ブラジル人の30年=イッセー尾形と宮藤官九朗  29日(火)NHK・BS1で「ワタシたちはガイジンじゃない!」が日本時間午後9時から午後10時49分まで放送される。1990年に入管法改正により、多くの日系外国人が労働者として来日。夢を抱き日本にやって来たブラジル人青年の30年間を芝居とドキュメンタリーを交え描く。 […]