ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁判事=感染防止より信仰の自由優先の判断=1日平均3千人超の死者の中

《ブラジル》最高裁判事=感染防止より信仰の自由優先の判断=1日平均3千人超の死者の中

4日、混雑する教会内(Twitter)

 最高裁のカシオ・マルケス・ヌーネス判事は復活祭の前日の3日、信教の自由を理由に、宗教施設での集会開催と信者の参加を全国的に認める判断を下した。ブラジルでのコロナ禍での死者が過去最高を連日更新する中での物議をかもす判断となった。4日付現地紙が報じている。
 カシオ判事の判断は、全国福音派法律家協会(Anajure)の請求を受けてのものだった。カシオ判事はこれに対し、「コロナ禍での衛生ガイダンスに従い、宗教施設の収容人数の25%で宗教行事の開催を認める」との判断を下した。
 カシオ判事はこの判断の理由として、「2010年に行われた国勢調査では、国民の80%がキリスト教信者である」ことをあげ、キリスト教会の主要行事である復活祭を祝うことを可能とする判断を下した。
 今回のカシオ判事の判断には、連邦政府の意向が強く反映されている。同判事はボルソナロ大統領が指名した最初の最高裁判事であり、訴えを起こしたAnajureも熱心な福音派として知られるダマレス・アウヴェス女性家庭人権相が創立に関与している。また、アウグスト・アラス連邦検察庁長官もサンパウロ州政府に対して教会行事の自由を認める請求を出していた。同長官もボルソナロ大統領に指名されて長官となっている。

 この判断に対し、ミナス・ジェライス州州都ベロ・オリゾンテのアンドレ・カリル市長は、「断固として教会行事は認めない」と反旗を翻した。だが、3月29日に国家総弁護庁(AGU)長官に復職したアンドレ・メンドンサ氏が、カリル市長がカシオ判事の判断に従うよう求める請求を出すなどして援護射撃を行い、同市長が断念する一幕もあった。同市長は最高裁に上告する意向だ。
 今回の判断は、ブラジルでの直近1週間のコロナウイルスの1日平均での死者数が3千人を超えている状態の中で行われたことで、問題視されている。4日の復活祭では、集会開催を自粛した教会もあった一方、カシオ判事の規定を大幅に上回る人数が集まり、混雑が生じた教会もあったことが報じられている。
 カシオ判事の判断は最高裁内でも反対意見が強い。また、外出規制を強化している自治体の長らは即日、フクス最高裁長官に同件に関する態度を明らかにするよう求めた。
 アラス検察庁長官とAGUは1日、サンパウロ州での集会禁止措置に反対する社会民主党(PSD)からの訴えに関し、州や市の外出規制を緩和すべきとの意見書を最高裁に提出していた。だがPSDからの訴えを受け取っていたジウマール・メンデス判事は5日、サンパウロ州での教会行事(信者が参加してのミサ、礼拝)の禁止を継続する命令を下すと共に、同件を最高裁の全体審理にかけるよう要請した。全体審理は7日に行われる予定で、カシオ判事の判断は却下される可能性が大きい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて2021年4月20日 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて  零細・小企業支援サービス機関(Sebrae)によると、20年は62万6883の零細・小企業が誕生した。内53万5126(85%)は零細企業、9万1757は小企業だった。  零細企業の内2万398は事務所関連または経営支援のサービス、1万6786は衣類やアクセサリーの […]
  • 《ブラジル》コロナ禍で平均寿命が3年低下?!=複数の自治体で、全国平均でも約2年=サンパウロ市では暴力より13倍危険2021年4月20日 《ブラジル》コロナ禍で平均寿命が3年低下?!=複数の自治体で、全国平均でも約2年=サンパウロ市では暴力より13倍危険  新型コロナによる死者増加が続く中、ブラジルでは初の平均寿命低下が起き、連邦自治体によっては3年以上も短命になったと19日付現地紙が報じた。  ハーバード大学公衆衛生科グローバルヘルス&ポピュレーション部門のブラジル人研究者のマルシア・カストロ氏らによると、コロナ禍に […]
  • 《ブラジル》コロナバックの遅延材料到着=米国製ワクチンやロシア製にも進展2021年4月20日 《ブラジル》コロナバックの遅延材料到着=米国製ワクチンやロシア製にも進展  19日朝、新型コロナの予防接種ワクチン「コロナバック」を500万回分製造できる原材料(有効成分)が中国から到着し、サンパウロ市ブタンタン研究所に届けられた。米国ファイザー製薬、ロシアのスプートニクVなど、他のコロナワクチンにも気になる動きが出ている。19日付現地紙、サ […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 会議所/ジェトロ=ブラジル代表9社の財務諸表分析=コロナ禍の影響を数字から2021年4月20日 会議所/ジェトロ=ブラジル代表9社の財務諸表分析=コロナ禍の影響を数字から  ブラジル日本商工会議所とジェトロサンパウロ共催のウェビナー「第12回報告会(意見交換会)」が、14日午前9時半からオンラインで開催された。新型コロナウイルスの感染拡大以降、オンライン経由の情報収集が必要とされ、多くの日系企業が事業活動・執務環境・労務管理などあらゆる制 […]