ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》12日から赤レベルに規制緩和=病床占有率低下の結果受け

《サンパウロ州》12日から赤レベルに規制緩和=病床占有率低下の結果受け

 9日、サンパウロ州政府はコロナウイルスに対する外出自粛規制を見直し、現状の紫レベルから赤レベルに規制を緩めると発表した。新たな規制は12日から実施される。9日付現地サイトが報じている。
 今回の発表に関する記者会見にはジョアン・ドリア知事は参加しておらず、ロドリゴ・ガルシア副知事が全体を取り仕切った。同副知事は、今回規制を緩めた理由として、「州内の病院の集中治療室の占有率が落ちたこと」をあげている。
 それによると、集中治療室の占有率は一時、93%近くまで上昇していたが、現在は州全体で88・3%、大サンパウロ市圏では87・2%まで落ちたという。
 依然として占有率は高く、死亡率も上昇傾向が続いている。だが、この日の会見に参加したパウロ・メネゼス医師、ジェアン・ゴバルド医師も、「緩和と言っても、まだ本来なら最低レベルの赤レベルであり、規制は十分に厳しいもの」と語り、大勢に影響のある緩和ではないことを強調している。

 今回の判断により、学校での対面授業も復活する見込みだ。対面授業は強制ではないが、実施を希望する学校では14日から35%までの参加率で行うことが可能となる。
 これに伴い、当初は12日からだった47歳以上の教職員へのワクチン接種を10日から、14日からの予定だった67歳の人への接種を12日からに前倒しすることも発表された。
 まだ赤レベルであるため、商業活動は必要最低限のもの以外は禁止され、夜8時から翌朝5時までの外出禁止も継続されるが、紫レベルの際はデリバリーのみに制限されていた飲食店での商品の受け渡しが、顧客が店まで行って受け取ることが認められるようになった。建築資材の販売も再開される。
 さらに、「午後8時以降の無観客試合のみ」という制限付きでプロ・スポーツの試合が認められるようになり、サッカーのサンパウロ州選手権が再開する。
 だが、複数の信者が教会などに集まって、ミサや礼拝といった集会を開催することや、スポーツジム、映画館、美容・理容室の営業は禁じられたままとなる。
 今回の規定は12日にはじまり、18日まで有効となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2021年4月24日 東西南北 □関連コラム□大耳小耳  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開 […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]