ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 世界的な権威のある英国の医学誌「ランセット」が11日に発表したところによると、コロナバックの効果は間隔を開けて接種した方が高いことがわかった。コロナバックは「1回目と2回目の接種の間隔は14日から28日」が推奨されているが、昨年12月から今年1月にかけて行われた調査によると、21日以上開けて接種した場合は、「感染を避けられる率」が62・3%に上がる。14日開けて接種した場合は50・7%だった。重症化を避ける率も14日間隔では78%のところが、83・7%になるという。また、医療崩壊も起きたアマゾナス州マナウスにおいて行われた研究では、コロナバックは同市で発見された変異種「P1」への感染を、14日間隔の接種で50%防ぐことも確認されている。
     ◎
 2016年にジウマ大統領を罷免に追い込んだことで知られ、現在、ラヴァ・ジャット作戦での収賄罪で服役中のエドゥアルド・クーニャ元下院議長。彼が書いた、この罷免劇に関する内幕の暴露本『チャウ・ケリーダ』が17日に発売される。そこには、「副大統領だったテメル氏は、罷免審議のはじまる3カ月も前から罷免を指揮していた」など、興味深いことが書かれているという。ブラジル史に残る政変だけに、世に出ればかなり話題を呼びそうだ。
     ◎
 今日はサッカーの「レコパ杯」の第2戦、パルメイラス対デフェンサ・イ・ジュスティシア戦が行われる。本来ならパルメイラスの本拠地での試合だが、日程が組まれた頃はまだ、サンパウロ州がサッカーの試合を禁じていたため、ブラジリアのマネ・ガリンシャ・スタジアムでの開催となる。第1試合は2―1でパルメイラスが勝っており、逃げ切りたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2021年4月24日 東西南北  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開されるとはいえ、「オレンジ […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]