ホーム | 安慶名栄子著『篤成』 | 安慶名栄子著『篤成』(9)

安慶名栄子著『篤成』(9)

第5章 つかの間の幸せ


 一連の出来事が過ぎ去ると、新たな周期が始まります。
 いばらの道はすでに通り過ぎたと思われたが、篤成の人生に再び苦難がやってきたのでした。母が深いうつ病に陥ってしまい、たびたび急性のパニック発作に襲われ始めたのです。
 現在では産後うつ病であったとわかりますが、当時はそのような症状に関しての理解もなければ、治療法もありませんでした。
 父は母をできる限り支えてあげました。深い愛情と包容力で母に接し、その上子供たちに最善を尽くすのでした。
 しかし母の容態は悪化するばかりで、うつ病がだんだん深まり、ついに父はやむなく母を施設に送らざるを得なくなってしまいました。稀によくなったりした母は時たま家へ戻りましたが、またすぐに入院するような状態が続きました。
 父は、相変わらずできる限りの努力をしながら日々を過ごしていたが、日増しに荷が重くなってきていました。
 そんなある日、いつものように畑で仕事をしていた父のところに近所に住んでいる人が重々しい表情で近づいてきたのです。悪い知らせを直感した父は、手にしていた鍬を放り投げ、断腸の思いで走り出した。知らせを伝えようとしていた近所の人も無言で父の後を追った。二人は意思疎通でただ走ったのでした。
 数分後に私の父がたどり着いたところには死体、いや、バラバラになった母の遺体があった。父はただ打ちひしがれて立ち尽くしていました。
 母は夫と子供6人(ブラジルに4人、日本に2人の子供)を残して蒸気機関車に飛び込み、自殺をしてしまったのです。
 1940年11月30日でした。

第6章  愛に勝るものはない

 線路のわきでバラバラになった遺体が最愛の妻だという現実に耐えることができたのは、残された6人の子供への深い愛情――唯その愛情しかなかった。
 それ以来、私の父は言葉では到底言い表せない人生を送り始めました。実際そのエピソード以来の父の人生は苦痛そのものであり、生きていたというより生き残っていたといった方が正しい。父は耐えきれないほどの負担を抱えていました。自分以外に4人の子供の生存のために戦い続けていたのだが、最愛の人はもはやそばにはいなかった。
 しかしながら、いたわりの精神が再び愛をよみがえらせました。遠い親戚にあたる人が妹のみつ子の面倒を見て下さることになったのです。私たちはその遠い親戚の方を「おばあちゃん」と呼ぶようになったのですが、彼女は愛情深く、大きな、大きな心の持ち主でした。「おばあちゃん」こと、比嘉松さんはまだ1歳になったばかりのみつ子の世話を、ちょうど同じ年の孫と一緒に世話をして下さるとのことでした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協がポ語大作の刊行祝う=日伯の基盤強化に願い込め2016年11月26日 文協がポ語大作の刊行祝う=日伯の基盤強化に願い込め  昨年の外交120周年を記念し編纂されたポ語書籍「インテルカンビオ・クルトゥラル・ブラジル・ジャポン」の刊行を記念し、文協ビルの移民史料館で17日、出版祝賀会が行なわれた。  同書は日伯両国の更なる関係強化を願い文協から上梓された労作で、全32章からなる。文化を広義的に捉 […]
  • 10年ぶり大金賞受賞=文協美術展、22日から2017年10月18日 10年ぶり大金賞受賞=文協美術展、22日から  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)主催の『第11回文協総合美術展』が、22から29日にサンパウロ市文協ビル(Rua Sao Joaquim, […]
  • ■尋ね人■篠崎佐和子さん2014年11月18日 ■尋ね人■篠崎佐和子さん  長野県人会が篠崎佐和子さんを探している。1933年1月16日生まれで現在81歳。移住年、場所などは不明。 佐和子さんは38年11月8日に岡野庄平、古登女夫妻の養子として縁組した。庄平さんは75年に、古登女さんは94年に逝去している。 心当たりのある方は同県人会(11・31 […]
  • コラム 樹海2008年7月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年7月23日付け […]
  • 日本民謡全伯大会=川岸貴美子さんが優勝=奥地からも多数参加2013年5月10日 日本民謡全伯大会=川岸貴美子さんが優勝=奥地からも多数参加 ニッケイ新聞 2013年5月10日  日本民謡協会ブラジル支部(横山正会長)が先月28日、宮城県人会館で『第46回日本民謡全伯大会』を開催した。 […]