ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 27日夜から急激に冷え込んでいるサンパウロ市。今回の寒気は27年ぶりとなる寒さをもたらし、零下を記録する地区も多く出るだろうとの予想が早くから出ている。そうなると気になるのは路上生活者。ただでさえ無防備のため、冬に凍死する人が出るのは珍しくない状況下、この寒さがこたえることは想像に難くない。この冬はすでに10人以上が凍死しているため、サンパウロ市市役所は路上生活者を施設に連れていくためのバス・サービスを再開。路上生活者用の宿泊スペースを設ける地下鉄の駅も出ている。また、市警備隊(GCM)が500枚など、毛布の配布を行う団体の姿も目立ち始め、毛布や炊き出し用の食品の寄付を募っている民間団体もある。こうした活動が、少しでも多くの路上生活者を危機から救うことにつながってほしいところ。
     ◎
 8月2日からサンパウロ市の乗り入れ規制「ロジージオ」が通常のものに戻る。これは7月31日で23時から翌朝5時にかけての外出禁止令が解除になり、同時間帯でのロジージオが終了するためだ。これにより、ロジージオは月曜から金曜までのピーク時(7〜10時、17〜20時まで)となる。規制は車のナンバープレートの末尾番号によって決められる。こうしたところにも、コロナワクチンの接種効果が現れているということか。これがずっと続いてほしい。
     ◎
 五輪のさなか、国内のサッカーではブラジル杯が進展中。28日に行われた決勝トーナメント初戦では、サンパウロが現在全国選手権で2部降格中のヴァスコ・ダ・ガマに2―0、サントスが全国選手権3部のジュアゼイレンセに4―0で圧勝した。同カードの2戦目は8月4日に行われ、合計スコアで逆転されなければ準々決勝に進出だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 兵庫農業リーダー派遣団=それぞれが収穫胸に帰国=県人会の歓迎会で報告も2012年11月27日 兵庫農業リーダー派遣団=それぞれが収穫胸に帰国=県人会の歓迎会で報告も ニッケイ新聞 2012年11月27日付け  将来の農業リーダー育成を目的に実施される「兵庫県若手地域農業リーダー海外派遣団」が3日に来伯、兵庫県人会(尾西貞夫会長)が14日、サンパウロ市レストラン「誠」で歓迎会を実施した。 […]
  • 懐メロの集い=12月3日2011年12月1日 懐メロの集い=12月3日 ニッケイ新聞 2011年12月1日付け  懐メロ合唱の集いが12月3日正午から、地下鉄サンジョアキン駅近くの老ク連会館(Dr. Siqueira Canpos, 134)で開かれる。参加費6レ(老ク連会員は4レ)。 […]
  • コラム オーリャ!2006年7月21日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2006年7月21日付け  旅行中の友人がボリヴィア山中で暮らす一世移民に色々な話を聞き、感銘を受けたという。 […]
  • 《リオ市》パケター島でコロナの一斉接種=18歳以上の人に20日に2021年6月11日 《リオ市》パケター島でコロナの一斉接種=18歳以上の人に20日に  リオ市市役所が、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)の協力を得て、パケター島在住で新型コロナのワクチン接種をまだ受けていない18歳以上の人に、一斉接種を行う事を決め、20日に実施すると7日付G1サイトなどが報じた。  パケター島には、家族単位での予防医療を目指す […]
  • 米国への不法入国者急増=1週間に232人拘束される2005年4月27日 米国への不法入国者急増=1週間に232人拘束される 4月27日(水)  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十六、二十四、二十三日】メキシコとの国境を越え、米国に不法入国したブラジル人がここ一週間の間に大量に摘発され、米国とブラジルの当局者らを驚かせている。 […]