ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ここ数日はブラジルでも、国内のニュース以上に、タリバンがアフガニスタンを制圧したというニュースが話題となっている。この件に関しては、米軍が撤退を表明して以降、タリバンが急速に支配地域を拡大したことや、テロとの戦いが振り出しに戻ったことなどから、右派寄りの人がバイデン政権を責めたりして騒ぐ傾向が見られるが、それはブラジルも同様だ。中でも注目されたのはカルラ・ザンベッリ下議で、16日「ボルソナロ大統領なら世界をタリバンから救ってくれる」と発言して話題を呼んだ。もっとも、その大統領はコロナで世界第2位の死者を出し、支持率急落の中、選挙の話ばかりで、現在は最高裁や議会と喧嘩している最中。ひとつの国でさえ分断させている印象なのだが。
     ◎
 今日18日から、サンパウロ市では未成年へのコロナワクチンの接種がはじまっている。市によって接種の段取りが異なるが、まずは16〜17歳の慢性病(基礎疾患)を持った人からはじまり、9月12日頃までには一般の12歳までの接種を終える見通しだ。国外からはデルタ株で子供の入院数が急増している話なども聞くので、いっそのこと小学生以下の子供たちへの接種も願いたいが、それには法的手続きが必要だし、12歳以上への接種が許可されたワクチンはファイザー社製のみ。コロナバックは対象を3歳にまで下げるよう嘆願している最中だ。
     ◎
 今年のサッカーのリベルタドーレス杯は、うまくいけば、ベスト4がすべてブラジル勢になる可能性がある。パルメイラスとサンパウロが準々決勝であたり、最低一枠が保証されているのに加え、今日、準々決勝のあるフラメンゴ、アトレチコ・ミネイロの両チームもそれぞれ第1試合は勝っている。明日試合のあるフルミネンセも含めて、勝敗が気になるところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(59)2013年12月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(59) ニッケイ新聞 2013年12月10日 「第三トメアスです」西谷が今度は冷静な口調で言った。 「昔の面影は全くありません。ここも立派な町に変わっています」  小さな町だが、夕方とあって町の中心の酒場には一日の仕事を終えて集まった男達で賑わっていた。十数人の日系人も混ざっていた。 […]
  • 東西南北2006年5月27日 東西南北 2006年5月27日(土)  政府は二十五日、次回収穫と家族農業生産者への融資や債務返済先送りなどに向けた、総額七五〇億レアルに上る農業部門の支援策を発表。「道路封鎖に戻る」とパラナ州の農業生産者らは不満を表明。      ◎ […]
  • TV討論会にジウマ欠席=個人情報漏洩で説明避ける2010年9月10日 TV討論会にジウマ欠席=個人情報漏洩で説明避ける ニッケイ新聞 2010年9月10日付け  8日夜の大統領選候補者のTV公開討論会に労働者党(PT)のジウマ・ロウセフ氏が欠席し、ジウマ氏やルーラ大統領がテレビ政見放送でジウマ氏擁護発言を行った事に非難集中と9日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 多様化するサンパウロ市の公園=好みによって36カ所=週末には25万人が憩う2003年12月20日 多様化するサンパウロ市の公園=好みによって36カ所=週末には25万人が憩う 12月20日(土) […]
  • コラム 樹海2008年10月11日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年10月11日付け […]