ホーム | コラム | 特別寄稿 | 《特別寄稿》台湾を加えた、より弾力的な国連システムの再構築を=中華民国(台湾)外務大臣 ジャウシー・ジョセフ・ウー

《特別寄稿》台湾を加えた、より弾力的な国連システムの再構築を=中華民国(台湾)外務大臣 ジャウシー・ジョセフ・ウー

 2億人以上の感染者と400万人以上の死者を出したCovid―19のパンデミックは、全世界で猛威を振るっています。このパンデミックは、事実上、どの国も免れることができず、相互につながっている私たちの世界に、社会経済的に甚大な影響を与えています。このパンデミックは、世界貿易を混乱させ、貧困を悪化させ、教育を妨げ、男女の平等を損ない、中・低所得国がその負担を強いられています。
 多くの国が、感染力の高いデルタ型に促されたウイルスの再流行に備えている中、世界は国連に対し、危機の解決、より良い復興、持続可能な再建に向けた包括的な取り組みを強化するよう求めています。これは非常に困難な作業であり、すべての人の協力が必要です。今こそ国連は、助けの手を差し伸べることができる貴重なパートナーである台湾を歓迎すべきではないでしょうか。
 ここ数カ月、台湾は他の多くの国と同様、Covid―19の感染者の急増に対応してきました。しかし、台湾は状況を把握し、同盟国やパートナーと協力してパンデミックがもたらす課題に取り組む準備をさらに整えました。台湾のパンデミックへの効果的な対応、世界のサプライチェーンの需要に応えるための迅速な生産能力の拡大、世界のパートナー国への実質的な支援などは、台湾が国連システムにおいて建設的な役割を果たすべき理由があることを物語っています。
 しかし、国連とその専門機関は、中華人民共和国からの圧力により、1971年の国連総会決議2758(XXVI)を法的根拠とし、台湾を排除し続けています。しかし、この決議の文言は非常に明確で、国連における中国の代表権の問題を取り上げているだけで、中国が台湾の主権を主張していることには一切触れておらず、中国が台湾を代表して国連システムに参加することを認めていない。
 実際、中国が台湾を統治したことはありません。これが台湾海峡両岸の現実であり、現状なのです。台湾人が国際舞台で代表できるのは、国民に選ばれた政府だけです。決議文の文言を北京の「一つの中国の原則」と同一視することで、中国は自らの政治的見解を恣意的に国連に押し付けているのです。
 不条理はそれだけではありません。この排除は、台湾の市民社会の参加をも妨げています。台湾のパスポートを持っている人は、国連の施設への見学や会議への参加を拒否され、台湾のジャーナリストは国連のイベントを取材するための認定を受けることができません。このような差別的な扱いを受けているのは、台湾人の国籍だけが理由です。
 台湾の市民社会のメンバーを国連から締め出すことは、多国間主義の理想を破り、人権と基本的自由の尊重を促進するという国連創設の原則に反し、国連の全体的な努力を妨げることになります。
 60年にわたり、台湾は世界のパートナー国への支援を行ってきました。国連の2030アジェンダが採択されてからは、パートナーが持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための支援に力を入れており、最近では、パンデミック対策やパンデミック後の復興にも取り組んでいます。
 一方、国内では、台湾は、ジェンダーの平等、清潔な水と衛生、健康と福祉などのSDGsを達成しています。地域に根ざした革新的なソリューションは、社会全体の利益のために官民のパートナーシップを活用しています。

台湾の国連参加キャンペーンのシンボルマーク

 持続可能な開発ソリューション・ネットワークが発表した「世界幸福度報告書2021」によると、台湾は東アジアで最も幸福度が高く、世界では24位となっています。このランキングは、その国の人々が自分たちが受けている社会的支援についてどう感じているかを示すもので、その国のSDGsの実施状況が大きく反映されています。台湾は、これまでの経験を生かし、世界のパートナーと協力して、すべての人にとってより良い、より強靭な未来を築いていきたいと考えています。
 世界が気候変動対策を求め、2050年までに炭素排出量をゼロにすることを明確に呼びかけている今、台湾はこの目標に向けたロードマップを積極的に作成しており、このプロセスを促進するための専用の法律を起草しました。気候変動には国境がありません。持続可能な未来を望むなら、協調した取り組みが必要です。台湾はこのことを理解しており、二酸化炭素削減という課題を新たなチャンスに変えるための最善の方法を模索しています。
 国連のグテーレス事務総長は、今年6月の就任宣誓で、Covid―19のパンデミックにより、私たちが共有する脆弱性と相互関連性が明らかになったと強調しました。彼は、国連、そして国連が奉仕する国家や人々は、他者を巻き込むことでしか利益を得られないと述べています。
 貢献できる能力のあるパートナーを拒むことは、共により良い復興を目指す世界にとって、道義的にも物質的にも損失です。台湾は良い方向に向かう力を持っています。今こそ、台湾をテーブルにつけ、台湾と力を合わせるべきではないでしょうか。

 

 

Reimagining A More Resilient UN System With Taiwan In It

Jaushieh Joseph Wu

Minister of Foreign Affairs

Republic of China (Taiwan)

 

After more than 200 million infections and over 4 million deaths and counting, the COVID-19 pandemic has raged across the globe. This has created a profoundly devastating socio-economic impact on our interconnected world, with virtually no countries spared. The pandemic has disrupted global trade, exacerbated poverty, impeded education, and compromised gender equality, with middle to low income nations bearing the brunt of the burden.

As many countries brace for another spike of the virus, prompted by the highly contagious Delta variant, the world looks up to the United Nations (UN) to ramp up comprehensive efforts to resolve the crisis, ensure better recovery, and rebuild sustainably. This is a daunting task that requires all hands on deck. It is time for the global body to welcome Taiwan, a valuable and worthy partner that stands ready to lend a helping hand.  

Over the past few months, Taiwan, like many other countries, has been dealing with a surge of COVID-19 cases after almost a year of success in containing the virus. Yet, it got a handle on the situation and emerged even more ready to work with allies and partners to tackle the challenges posed by the pandemic. Taiwan’s effective response to the pandemic, its rapid capacity expansion to meet global supply chain demand, and its substantive assistance toward partner countries around the world all speak to the fact that there is no lack of compelling reasons for Taiwan to play a constructive role in the UN system.

However, under pressure from the People’s Republic of China (PRC), the UN and its specialized agencies continue to reject Taiwan, citing the 1971 UN General Assembly Resolution 2758 (XXVI) as a legal basis for this exclusion. But the language of the resolution is crystal clear: it merely addresses the issue of China’s representation in the UN; there is no mention of Chinese claim of sovereignty over Taiwan, nor does it authorize the PRC to represent Taiwan in the UN system. The fact is, the PRC has never governed Taiwan. This is the reality and status quo across the two sides of the Taiwan Strait. The Taiwanese people can only be represented on the international stage by their popularly elected government. By falsely equating the language of the resolution with Beijing’s “one China Principle,” the PRC is arbitrarily imposing its political views on the UN.

The absurdity doesn’t end there. This exclusion also obstructs the participation of Taiwan’s civil society. Taiwanese passport holders are denied access to UN premises, both for tours and meetings, while Taiwanese journalists cannot obtain accreditation to cover UN events. The only reason for this discriminatory treatment is their nationality. Barring members of Taiwan’s civil society from the UN defeats the ideal of multilateralism, contravenes the UN’s founding principles of promoting respect for human rights and fundamental freedoms, and hampers the UN’s overall efforts.

For six decades, Taiwan has been providing assistance to partner countries around the world. Since the adoption of the UN 2030 Agenda, it has focused on helping partners achieve the Sustainable Development Goals (SDGs), and, more recently, engage in antipandemic response and postpandemic recovery. Meanwhile, at home, Taiwan has fulfilled its SDGs in gender equality, clean water and sanitation, and good health and well-being, among others. Our innovative, community-based solutions are harnessing public-private partnerships for the benefit of society as a whole.

The World Happiness Report 2021, released by the Sustainable Development Solutions Network, ranked Taiwan the happiest in East Asia, and 24th in the world. The ranking indicates how the people of a country feel about the social support they receive, and reflects in large part a country’s implementation of the SDGs. Taiwan is willing to pass on its experience and work with global partners to build a better and more resilient future for all.

At a time when the world is sounding the clarion call for climate actions and to achieve net-zero carbon emissions by 2050, Taiwan is actively charting a roadmap toward the goal, and has drafted dedicated legislation to facilitate this process. Climate change knows no borders, and concerted efforts are a must if we want a sustainable future. Taiwan knows this, and is working on the best ways to turn the challenges of carbon reduction into new opportunities.

In his oath of office in June this year, UN Secretary-General António Guterres stressed that the COVID-19 pandemic has revealed our shared vulnerability and interconnectedness. He said that the UN, and the states and people it serves, can only benefit from bringing others to the table.

Denying partners that have the ability to contribute is a moral and material loss to the world as we seek to recover better together. Taiwan is a force for good. Now is the time to bring Taiwan to the table and let Taiwan help.

image_print

こちらの記事もどうぞ