ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日からの規制緩和に伴い、サンパウロ州では商業施設での営業時間や集客制限が除外された。それと同時に、コンサートなどの運営もようやく再開されている。それでも、最低1メートルの距離を置く、立ち席なしなどの制限はしっかりと行われるため、サンパウロ市西部のライブハウス「アウジオ」では3千人規模のところが600人限定で運営が行われているし、椅子席のみで興行を行う必要がある。現在は、ワクチン接種の進展とデルタ株の拡大が同時に起きているタイミング。今後も興行が継続できるか、どのようにして運営していくかなどを見極めるのには非常に大事な時期といえそうだ。ここをうまく乗り切れれば、11月に噂されているサッカーの有観客試合復活などにもつながりそう。
     ◎
 19日のサッカーのリベルタドレース杯。フルミネンセは敵地エクアドルでのバルセロナSCで試合終了間際に同点においつく粘りを見せ、1―1で引き分けた。これで2試合連続引き分けだが、「敵地ゴールの多い方が勝ち」のルールにより、前戦で2点を取っていたバルセロナSCが準決勝に進出した。フルミネンセが勝っていればパルメイラス、フラメンゴ、アトレチコ・ミネイロに次いでブラジル勢が4強を独占するところだったが、それは実現しなかった。
     ◎
 18日以降、最高気温が連日で30度を超える日が続いているサンパウロ市。これは今日21日も変わらないようで、最高気温の予想が32度となっている。暦の上では、まだ冬のはずなのだが。ただでさえ雨は降らない季節だから、湿度も同時に下降し、20%を割り込むとか。水分補給をしっかり行い、体調を崩さないよう気をつけたい。南大河州では寒冷前線接近で気温が下がっているが、サンパウロ市は週末も暑さが続きそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【第24回ブラジル環境法会議】第24回ブラジル環境法会議=環境守る先進的な取り組み=緑の地球を守る法律家協会=ブラジル岡田茂吉財団施設で2019年6月22日 【第24回ブラジル環境法会議】第24回ブラジル環境法会議=環境守る先進的な取り組み=緑の地球を守る法律家協会=ブラジル岡田茂吉財団施設で  気候変動、環境紛争――こうした問題に対する法的回答について議論するべく、「第24回ブラジル環境法会議」は、サンパウロ市にあるブラジル岡田茂吉財団の施設にて500名を超える専門家たちを集めて開かれた。教育者や研究者、弁護士や裁判官、学生や環境法に関心のある各分野の専門家 […]
  • 大耳小耳2018年12月19日 大耳小耳  日本国外務省が出しているPDF版漫画「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」(https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html)が意外に面白い。「ゴルゴ13」とは、いわずと知れた人気漫画 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(93)2014年2月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(93) ニッケイ新聞 2014年2月7日 「(紹介しろ)」 「(中嶋さんだ)」 「(やっぱり、想像した通り例のボーズだな、どこに住んでいる?」 「どうでもいいじゃないか。取材は止めてくれ! それに、フルカワには関係ないと言っただろう」 「なんで? ジョージの知合いは俺の知合いだろうが […]
  • メルコスル=EU間との協定締結目指す=セーラ外相「2年後までに」2016年9月20日 メルコスル=EU間との協定締結目指す=セーラ外相「2年後までに」  南米共同市場(メルコスル)参加国外相らが18日、ニューヨーク市での会合後、欧州連合(EU)諸国にEUとメルコスル間の自由貿易協定締結に向けた交渉を加速化するよう、ブラジルのジョゼ・セーラ外相は、同協定は2年以内に締結されると見ている。  同外相は、「EU内では同協定に反対す […]
  • リオ市長に罰金157レ=ゴミを投げ捨てる画像が流れ2014年3月8日 リオ市長に罰金157レ=ゴミを投げ捨てる画像が流れ ニッケイ新聞 2014年3月8日 リオデジャネイロ市のエドゥアルド・パエス市長が、ゴミのポイ捨てを禁じた同市条例違反の疑いで、157レアルの罰金を科せられた。 同市の清掃などを担当するComlurbが7日に発表したところによると、罰金はパエス市長自らの要請で科せられたもので、 […]