ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院議長「メンドンサ氏の試問は23年」=ボルソナロ任期中はナシか=大統領はなおも取り下げず=代替候補の名前も続々と浮上

《ブラジル》上院議長「メンドンサ氏の試問は23年」=ボルソナロ任期中はナシか=大統領はなおも取り下げず=代替候補の名前も続々と浮上

アルコルンブレ上議(Pedro Franca)

 【既報関連】上院憲政委員会のダヴィ・アルコルンブレ委員長が知人に対し、ボルソナロ大統領が指名した最高裁判事候補のアンドレ・メンドンサ氏に関し、「2023年まで口頭試問(サバチーナ)にかけるつもりはない」と語っていたことがわかった。つまり、ボルソナロ大統領の現在の任期中には行う意思がないことを意味する。13日付現地紙が報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ