ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アプリタクシーの車両返却が増加=ガソリン高騰で採算とれず

《ブラジル》アプリタクシーの車両返却が増加=ガソリン高騰で採算とれず

燃料費高騰で車を返すアプリタクシーの運転手が増えたと報じる20日付Bandサイトの記事の一部

 燃料費の高騰とレンタル料金の値上がりなどで商売が成り立たなくなり、賃貸車両を返却するアプリタクシーの運転手が増えていると20日付Bandサイトなどが報じた。
 ブラジルレンタカー会社協会(Abla)によると、アプリタクシー用に貸し出していたが返却された車両数は、ここ4カ月間で3万台に及ぶ。返却車両最多はサンパウロ市で、約30%を占めているという。
 サンパウロ市のアプリタクシー運転手は約54万6千人とされているが、同業界の関係者によると、採算が合わずに営業を停止したアプリタクシーの運転手は少なくとも20%いるという。
 ファビオ・ソウザ氏もその一人で、燃料費の高騰とUberに納める料金、家庭内での必要経費などで財政状況が悪化。9月はじめに借りていた車を返却した。現在は失業中で、路上で飴を売りながら家族を養う方策を探しているという。

 Ablaによると、現在もアプリタクシーとして使うために貸し出している車両は20万台あるが、営業継続を諦めて返却される車は年内に5万台に達すると見ている。
 アプリタクシーの利用はコロナ禍で増えたが、最近は、呼んでもなかなか来ない、待っていたらキャンセルされた、料金が高くなったといった苦情も増えている。
 アプリ運営会社は運転手不足を否定するが、アプリタクシーの運転手達の協会では、仕事を辞める運転手が増えている事を認めている。
 レンタカー業界では外出規制強化で需要が減った際に所有車両を売ったため、規制緩和で需要が回復し始めても貸せる車がなく、賃貸料を値上げした会社もある。この事もアプリタクシーの運転手の営業継続を困難にした要因の一つだ。
 通常のタクシーでも燃料高騰は悩みの種だが、アプリタクシーの利用者が流れてきて、客が増えたという運転手もいるようだ。

★2019年5月9日《ブラジル》一部のUberドライバーがスト=運賃値上げなどを求め
★2018年3月28日《ブラジル》Uber法=拒否権行使なく裁可される=アプリ運営会社は歓迎の姿勢
★2017年11月2日《ブラジル》上院議会=Uber規制法を緩和の上承認=「利用者の声届いた」と各社=修正受け、下院で再審議へ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年5月16日 大耳小耳  栄養価が高く様々な効能があることから〃奇跡の木〃と呼ばれるモリンガの乾燥葉を、編集部でも扱うことになった(効能の詳細は1日付け本紙を参照)。価格は1パック70グラムで25レアル。毎日7グラムを1リットルの水で煮出して飲めば、10日間ほどもつ。今回入荷できたのは6パックだけ […]
  • BNDES=国庫に48億レの配当金=PBへの貸付で財政逼迫も=なりふり構わぬ連邦政府2015年12月29日 BNDES=国庫に48億レの配当金=PBへの貸付で財政逼迫も=なりふり構わぬ連邦政府  財務局の要請で、社会経済開発銀行(BNDES)が23日、連邦政府の今年度の決算を援助するために配当金48億レアルを支払うことを決めた。BNDESは現在、ペトロブラス(PB)への資金援助で資金源確保が苦しい中にいる。26日付エスタード紙が報じている。 この支払い額は14年の未払 […]
  • ベネズエラ=非公式の国民投票に700万人=98%が制憲議会に反対表明2017年7月18日 ベネズエラ=非公式の国民投票に700万人=98%が制憲議会に反対表明  ベネズエラで16日、ニコラス・マドゥーロ大統領が公示した憲法改正のための制憲議会設置の賛否を問う国民投票が行われ、700万人余が投票に参加。98・4%が制憲議会設置に反対の票を投じたと17日付ブラジル国内紙、同サイトが報じた。  7月30日の制憲政議会議員選挙を2週間後に控 […]
  • 2作品がロカルノ映画祭出品=ANCINEからの支援受け2013年7月31日 2作品がロカルノ映画祭出品=ANCINEからの支援受け ニッケイ新聞 2013年7月23日  スイス南部、イタリア語圏のティチーノ州ロカルノで、1946年から毎年8月に開催されている「ロカルノ映画祭」。今年で第66回目、8月7〜17日に行われるこの映画祭のコンペティション部門に、ブラジルからも作品が正式出品されることになった。 […]
  • 東西南北2010年11月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年11月18日付け […]