ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》郵便局のサンタキャンペーン=今年も子供の手紙受付開始

《ブラジル》郵便局のサンタキャンペーン=今年も子供の手紙受付開始

サンタキャンペーンのポスター(Divulgacao Correios)

 30年以上前から続くクリスマス恒例行事、郵便局のサンタキャンペーンが始まった。
 このキャンペーンは、社会的に脆弱な貧困家庭の10歳未満の子供が対象で、公立小学校5年生までの在籍者や、公立保育所、路上生活者などの収容所、社会教育施設にいる子供達、障害児達が希望の品を手紙に書いて郵便で送ると、サンタ役を希望する人達がそれを読んでプレゼントするというものだ。障害児の場合は年齢制限が外される。
 11日付アジェンシア・ブラジルによると、
この10年間に郵便局が受け取り、対応された手紙は600万通を超えており、今年も既に6万5千通の手紙が届いているという。
 子供達の希望する品物は、玩具から学用品、基礎食料品セットまで様々で、郵便局に届いた手紙は写真に撮ったりスキャンしたりした後、キャンペーン専用のブログに掲載される。
 昨年と今年はコロナ禍のため、希望する品を書いた手紙の送付やプレゼントしたい子供を選ぶ作業は、郵便局や各地に設けられた「パパイ・ノエルの家」(サンタの家、Casa do Papai Noel)で、もしくはキャンペーンのブログを使って行われる。

 サンタ役を希望する人達は、ブログで子供達の手紙や内容を確認し、プレゼントを贈りたい子供を選ぶ。ブログでは各自治体単位で手紙を閲覧できるので、手紙に沿った内容のプレゼントを用意したら、ブログで指定された場所に最も近い郵便局に届けると、郵便局が子供に届けてくれる。
 キャンペーンのブログのアドレスは、https://blognoel.correios.com.br/blognoel/index.phpだ。キャンペーンそのものは11日に始まったが、マット・グロッソ・ド・スル州では12日から開始で受付はカンポ・グランデ市の中央郵便局など、開催期間や受付場所、受付時間は州毎に異なるので、ブログや電話で確認する必要がある。
 キャンペーン専用電話は首都や州都、その周辺は3003・0100、それ以外の場所は0800・725・7282となっている。また、0800・725・0100は全国からかけられる。

image_print

こちらの記事もどうぞ