ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》Ipea 年間インフレを約10%と予想=22年も4・9%に上方修正

《ブラジル》Ipea 年間インフレを約10%と予想=22年も4・9%に上方修正

 応用経済調査院(Ipea)は24日、現在のインフレ圧力の強さなどを考慮し、2021年の年間インフレ率は約10%になるとの見方を示した。24日付現地サイトが報じている。
 Ipeaがこの日に出した予想では、年末時点の広範囲消費者物価指数(IPCA)は9・8%で、9月に出した8・3%との予想から1・5%ポイントという大幅な上方修正を行った。
 これは、今年の連邦政府の目標であった3・75%にプラス1・5%ポイントの上限(5・25%)をはるかに上回っている。
 IPCAは10月に1・25%を記録し、12カ月間の累積では10・67%を記録していた。

 Ipeaは2022年のインフレ予想も行っているが、こちらも、9月に出した4・1%という予想から4・9%へと上方修正された。22年の政府のインフレ目標は3・5%で、上下1・5%ポイントまでが許容範囲とされている。
 Ipeaによると、来年は国内の需要の高まりやアウシリオ・ブラジルでの支給額が400レアルに引き上げられる予定などのインフレ圧力が続くものの、経済基本金利(Selic)の引き上げ継続などを受け、財やサービスの値上がり傾向は弱まるはずだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 先月開かれた記者会見で無罪を訴えた原野さん2014年9月23日 原野さんに一部無罪判決=爆発物所持の罪は晴れる=「単なる模造品で作用なし」  【既報関連】サンパウロ市パウリスタ大通りで6月23日夜にあったW杯反対デモで逮捕された日系四世の原野秀樹ファビオさんの刑事裁判が進んでいる中、爆発物所持の罪に関する無罪判決が18日に出た。19日付フォーリャ、エスタード紙などが報じた。 先月、原野さんの釈放を認める判決を下 […]
  • インダイアツーバ=市長宅から150万レアル=ブラガンサでは武器も押収2015年10月7日 インダイアツーバ=市長宅から150万レアル=ブラガンサでは武器も押収  サンパウロ州検察局と同州軍警が5日、同州内陸部のインダイアツーバ市とブラガンサ・パウリスタ市での不動産の不法転売などの容疑で、両市長宅や市役所、疑惑企業などを一斉捜査し、現金150万レアルやコンピューター、武器等を押収した。 インダイアツーバで12件、ブラガンサ・パウリスタで […]
  • 日本航空=50路線廃止を検討=サンパウロ線も候補に2010年4月6日 日本航空=50路線廃止を検討=サンパウロ線も候補に ニッケイ新聞 2010年4月6日付け […]
  • 東西南北2018年2月2日 東西南北  本日付で報じたダッタフォーリャの大統領選世論調査では、ルーラ氏がいまも圧倒的に強いことが明らかになった。加えて不出馬表明をしていたグローボ局の人気テレビ司会者のルシアノ・フッキの支持率も、実は8%と高いことも判明。これを受け、「もしルーラが出馬できないとなるなら、フッキの出馬 […]
  • 広告代理店、日系の草分け=『JUNCO』が創立40周年2007年3月10日 広告代理店、日系の草分け=『JUNCO』が創立40周年 2007年3月10日付け  広告代理店『JUNCO』(坂和三郎社長)が今年、創立四十周年を迎えた。広告レイアウト、パンフレット、TVフィルム製作などを手掛けてきた、この業界では日系の草分け的存在だ。 […]