ホーム | 2021 (ページ 261)

2021の記事一覧

《ブラジル》コロナ禍=感染者が1千万人を突破=500万人超え後4カ月で=予防接種は遅々として進まず

 新型コロナの感染拡大は止まらず、最初の感染者確認から359日目の18日には感染者が1千万人を超えたと18、19日付現地紙、サイトが報じた。頼みの綱の予防接種は、遅々として進んでいない。  保健省の統計での18日現在の感染者は、前日比5万1879人増の1003万626人。感染率は4万7731人/100万人、死者は前日比1367人 ...

続きを読む »

《ブラジル》ハイチ移民が集団脱出へ=コロナ禍恐れペルー国境で座り込み

 コロナ禍のブラジルから脱出しようと、アクレ州から違法出国を試みて止められたハイチ移民が抵抗を行って治安が悪化し、ペルーと国境を接するアシス・ブラジル市が緊急事態宣言(カラミダーデ)を出した。18、19日付現地紙、サイトなどが報じている。  事の発端は14日、メキシコや米国に行こうと考えた400人ほどのハイチ移民がアシス・ブラジ ...

続きを読む »

《サンパウロ州》コロナ対策で最悪レベル2カ所増加=サンパウロ大都市圏は黄レベル保つ

 サンパウロ州政府は19日、コロナ対策による外出自粛基準「プラノSP」の最新版を発表し、バレットスとプレジデンテ・プルデンテの2地区が最低の赤レベルに降格した。サンパウロ大都市圏は下から3番目の黄レベルを保った。19日付現地サイトが報じている。  この日の発表では、バレットスとプレジデンテ・プルデンテの2地区が赤レベルに降格した ...

続きを読む »

《ブラジル》「3月からガスとディーゼル免税」大統領が宣言=ペトロブラスに圧力

18日夜のライブ(Reproducao/Facebook)  ボルソナロ大統領が18日、3月1日から液化石油ガス(GLP)とディーゼル油の連邦税を免除と宣言したと同日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

東西南北

 19日のフォーリャ紙のサイト(https://www.folha.uol.com.br/)は、トップ記事が同紙100周年を祝う特別仕様になっていた。「100年の歴史」をなつかしい写真で振り返るコーナーも充実して面白い。さすがは80年代に民主政治復活を読者に促した歴史を持つ新聞だけあり、大見出しの部分では「次の100年に向け、改 ...

続きを読む »

特別寄稿=忘れ得ぬ人 斉藤英雄専務の教え=サンパウロ市在住 西銘光男

 私が45年勤め、多くの出向役員のお世話になった人たちの中に一生忘れることが出来ない人がいる。  私の入社を決めた倉敷紡績ブラジル支店LKB(LANIFICIO KURASHIKI DO BRASIL S.A.)初代専務の斉藤英雄氏である。私を推薦して呉れた山本章氏の岡山中学の同級生で、全県珠算コンクールのチャンピオン、山本氏が ...

続きを読む »

VERSTA=ジュサラ椰子森林農法セミナー=24日にオンライン開催

セッチ・バラス市の山丸氏の農場で育ったジュサラ椰子

 アグロフォレストリー(森林農法)の普及活動をするNPO法人「VERSTA」(東京都所在)は、24日9~12時にサンパウロ州セッチ・バラス市コミュニティセンター及びオンライン上で「第7回ジュサラ椰子AFプロジェクト啓発セミナー」を開催すると発表した。  このプロジェクトは、2014年に開始されたもの。サンパウロ州などの大西洋岸森 ...

続きを読む »

アジア系コミュニティの今(4)=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=韓国編〈11〉

】移民する前の韓国での鄭夏源さん家族

韓国を発展させた戦前の日本 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  鄭さんは、戦前の日本の朝鮮半島統治による韓国人の感情 ...

続きを読む »

大塚さん=タオル筆絵手紙で「奨励賞」=平和と絆訴え、9度目の入賞

大塚さんと入賞作品。

 「9度目なので報告はもういいか、とも考えたのですが『こんな世相だからこそ出してもらったら』と生徒に背中を押されて」――9日(火)に来社し、大塚弥生さん(76、山口県)はそう謙遜しつつ、奨励賞受賞の報告した。  大塚さんは昨年の大阪府泉佐野市教育委員会主催の「第11回全国タオル筆で描く絵てがみコンクール」へ応募し、日本国内外で2 ...

続きを読む »

■訃報■日本館副運営委員長の伊藤誠施さん

伊藤誠施さん

 サンパウロ市イビラプエラ公園内にある日本館の副運営委員長や、同館での53年に及ぶブランティア活動を行ってきた伊藤誠施(せいじ)さんが、18日の夜に亡くなった。行年81歳。  伊藤さんは9年間も人工透析を受けていたが、今年に入ってから心臓や呼吸器のトラブルが続いて入院をしていた。翌19日にはサン・ペドロ墓地(Av.Francis ...

続きを読む »