ホーム | 2021 (ページ 5)

2021の記事一覧

《サンパウロ市》寄付減少で食料確保困難に=食料品セットや弁当に長蛇の列

 新型コロナのワクチン接種が進み、経済活動も回復し始めたが、その一方で、貧困家庭への寄付などは減っており、サンパウロ市のスラム街では基礎食料品セットや弁当などの配布を待つ人達が早い時間から長蛇の列を作っていると3日付G1サイトなどが報じた。  サンパウロ市南部のスラム街、パライゾポリスはその一例だ。同スラム街では3日の朝も、基礎 ...

続きを読む »

《ブラジル》家庭内暴力で苦しむ母救出=娘が試験用紙で助けを要請

試験用紙に残されたメッセージによって家庭内暴力で苦しんでいた母親救出と報じる2日付G1サイトの記事の一部  「助けて! お父さんがお母さんを殴ってる。警察を呼んで」――。ブラジル北部のロライマ州で、13歳の少女がこんなメッセージを試験用紙に残した事で、家庭内暴力で苦しんでいた母親が救出されるというドラマが起きたと2日付G1サイト ...

続きを読む »

《ブラジル》プレカトリオPECを上院承認=下院案に大幅修正加え=PTの上議らも賛成票投ず=アウシリオは大統領の希望通りに

2日のベゼーラ上議(Jefferson Rudy/Agencia Brasil)  2日、上院でプレカトリオ(裁判所が支払いを命じた賠償金など)の支払い方法などに関する憲法補足法案(PEC)の審議が行われ、下院で承認されたものに大幅な変更を加えた上で承認された。同PECは、ボルソナロ政権が労働者党(PT)政権時に作った社会保障プ ...

続きを読む »

《ブラジル》オミクロンさらに2人、計5人確認=サンパウロ州は補強接種の間隔を短縮=接種完了者は無症状か軽症

 【既報関連】保健省は2日、新型コロナのオミクロン株への感染確認者が2人増え、同株感染者は5人になったと発表したと2、3日付現地紙、サイトが報じた。  新たに確認されたオミクロン株感染者は、南アフリカ発、エチオピア経由の便で11月27日にグアルーリョス空港に到着したブラジル人で、連邦直轄区在住者だ。2日の報道では名前や年齢は明ら ...

続きを読む »

《ブラジル》サッカー全国選手権でアトレチコ・ミネイロ優勝=50年ぶり、名将クッカ監督の手腕光る

 2日、サッカーの全国選手権で、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテに本拠を置くアトレチコ・ミネイロが優勝を飾った。同選手権での優勝は50年ぶりだが、2013年に南米一に輝いて以降、上位常連チームとなっていた。3日付現地紙が報じている。  「ガロ」の愛称で親しまれているアトレチコ・ミネイロは今季、序盤から絶好調だった。2位と3位 ...

続きを読む »

《サンパウロ市》負債のある家庭は73・5%=2010年以来の高水準

手軽に使えるが負債や支払い遅れも生じやすいクレジットカード(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  サンパウロ州商業連盟(Fecomercio―SP)の消費者の負債・債務不履行全国調査(Peic)によると、11月のサンパウロ市では何らかの負債のある家庭が73・5%あり、2010年以来の高水準となっ ...

続きを読む »

《ブラジル》ガス代援助、今月から実施=隔月で52レアルの支払い

 市民省は3日、ガス代の補助となる「ヴァーレ・ガス」の第1回目の支払いを今月中にも行う意向だと発表した。支給額は52レアルになる予定だ。3日付現地サイトが報じている。  ヴァーレ・ガスは、コロナ禍で困窮世帯が増えた上、降雨不足による水力発電所の発電量低下に伴う電気代や燃料費の高騰で、貧困家庭の家計がますます圧迫されていることを受 ...

続きを読む »

東西南北

 2日夜、ルーラ元大統領がネット上の放送(ポッドキャスト)で国内最大の人気番組と呼ばれる「ポドパー」に出演し、話題となった。ファンキを好むような若者向けの番組にルーラ氏を呼ぶのは異例のこと。ルーラ氏はこの番組で、労働者党(PT)の現状やボルソナロ大統領への批判をざっくばらんに話した。ルーラ氏は今年9月にも、音楽配信サービス「スポ ...

続きを読む »

なぜ三世は日本就労できないのか=変異株の脅威で一進一退の入国制限(1)=取得後にキャンセルされたビザ

取り下げられた査証印

 パンデミックに入って以降、日本政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、入国制限や水際対策を強化してきた。2020年10月1日からは、全ての国・地域からの新規入国を許可したが、変異株の発生確認に伴い、約3カ月後の12月28日には全ての国・地域からの新規入国を拒否し、査証申請の受付を一時停止した。  それにより、2020 ...

続きを読む »

■記者の眼■=入国禁止に在留邦人も困惑=朝令暮改の水際対策に右往左往

パンデミック以前の成田空港の様子

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が発見され、国土交通省が急きょ12月1日に新たな水際対策として日本へ到着する国際線の新規予約を12月末まで停止するよう航空会社に要請した。だが、その要請は2日に撤回された。  日本人の入国が一時的に禁止にされ、一夜にして撤回になり、帰国を予定していたブラジル在住の日本人の間にも困惑の声 ...

続きを読む »