ホーム | 文芸 | 連載小説

連載小説

安慶名栄子著『篤成』(45)

 その頃になると、私はもはや父が苦しんだり、痛みを感じたりしないようにと願うばかりでした。父は特に宮本武蔵のビデオを見るのが好きでした。私は一緒にビデオを見ながら機会ある毎に漢字の読み方や意味を聞いたりして会話をするように心がけ、父は気長に説明してくれました。  92歳になった父は、主によし子姉さんに介護してもらっていました。よ ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(44)

 すると、彼女の反応にはショックでした。「ああ、そう。母は私を育てずに他人の子供を育てたのね」と。  彼女は母親に対して深い反抗心を持っていたと感じました。どんなにつらい思いをしておばあちゃんは私たちに接していたのか、彼女には知る術もなかったのです。私はその話をしてあげました。その後、私たちは親しくなり、彼女は母親のことをもっと ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(43)

第32章  夢のパンタナール 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  姉のよし子が一緒に旅行してくれることが父の一つの要 ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(42)

第30章  久米島 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  父の姪の結婚式に招待され、私たちは再度沖縄を訪問しました。父 ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(41)

 いつも仕事に追われ、雑誌や新聞はおろか、本も読まなかったので、物知らずな私は、「クスコ? クスコってどこにあるの?」と聞きました。「ペルーだよ。マチュピチュと同じところだよ」と父は直ぐに答えました。  やっとわかりました。マチュピチュという名前は聞いたことがありましたが、どこにあるかさえ知らなかったのです。そして行ってみました ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(40)

 クリチーバでは、父は本当に物知りだという事を思い知らされました。その歴史を探るために町巡りをしたかったからです。パラナグァーの電車に乗った時に父は、その線路の開通式の初運行には、安全確認のためエンジニアが一人で運行したという事まで知っていました。  様々なところへの旅は、父を喜ばせようとして始まったのですが、どこでも変わった所 ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(39)

 父の親友が亡くなった後も、私たちはよくバウルーまで行って新垣さんのご家族の皆さんを訪ねて親しく付き合いました。さまざまな時代の様々なきっかけにより、バウルーという町はとても親密な場所になりました。  私は数回スペインへ行く機会に恵まれましたが、そんなある時、バウルー出身のマルシアという方に出会い、彼女は私の家族全員と親しくなり ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(38)

 するとパイロットは着陸する前に首都の上を一周して下さいました。上から見るブラジリアの眺めは誠に見事でした。世界に名の通る建築家ニーマイヤーの建築物を父の側で空から眺められた経験は生涯忘れません。  父が85歳を迎えた時、サンカエターノ・ド・スールのとあるクラブで大きな祝賀会を催しました。父には内緒でした。その時のために20年以 ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(37)

 大田司令官はほかの将校たちと海軍壕の中で自決しましたが、その日の数日前に、沖縄県民の悲惨な状況を見過ごせないとして、「沖縄県 民斯く戦えり、後世に特別のご高配を賜らんことを」と苦しんでいる県民への後世の支援を懇願する電報を日本海軍次官へ送っていました。こ の電報は後に有名になり、沖縄の人々は大田司令官への深い敬意と感謝の気持ち ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(36)

 私はマリオの家から10分位の所に住んでいましたが、家に着いた途端に電話が鳴ったのでびっくりしました。マリオの妹でした。彼が急に具合が悪くなったので来てくれないかとの電話でした。数分も経たなかったがすでに手遅れでした。30分ほど前まではにこにこしながら皆を相手にし、来てくれてありがとうと、幸せそうな笑顔でドアのところに立っていた ...

続きを読む »