ホーム | 文芸 | 連載小説

連載小説

繁田一家の残党=ハナブサ アキラ=(0)

 【編集部】本日から小説『繁田一家の残党』の掲載を開始する。著者はカナダ在住で元ブラジル移民の丸木英朗(マルキ ヒデオ)さん。ペンネームはハナブサ・アキラ(英朗)だ。  昭和10(1935)年元旦生まれ。昭和33(1958)年3月に大阪府立大学経済学部卒、東芝放射線(現・東芝メディカル)入社。ブラジル移住、同社代理店総支配人、ア ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (23)

ブラジルの茸栽培の先駆者・古本(左)と野澤。タピライのサンタモニカ農園にて

 ここまで記述して過去を振返ると、私の移民当初の生業が、巡り巡ってキノコ屋稼業になった事は、文字通り運が7分実力3分の生き様で誠に恵まれた第一歩を踏み出す事ができた。  そして今日迄の運命の分岐点となった節々の「動機」の軌跡を辿ると、奇異なるかな「動機」は生来延々と取り憑かれて来た「貧乏神」がとりなす「結果良し」のご縁に起因し「 ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (22)

 各議題の審議の結果はどのように議決されたかは知る由も無いが、アガリクスの生産も流通も既に破局を迎え、誰も観客の居ない舞台で今更一体誰に向けて、また何の為に反応の無い決議事項を披露したのか、単に世間体を憚っただけの馬鹿げた無為な協議会の一幕であった。 *)反面、かかる重大事に至ってもブラジルの生産者を代表して、日本の関連機関と対 ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (21)

*)一方、日本ではアガリクスが世に出るまでの来歴や薬効について、自身や自社の都合の良い勝手なフエークニュースが横行した。生来ブラジル人の多くは、栽培キノコ以外は有毒と見做し忌み嫌っていた。しかしブラジルではこの名も無かったキノコを“Cogumelo de Deus=神のキノコ”と称し、不老長寿の秘薬として珍重しているとか、アメリ ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (20)

*)1985年1月;橋本先生から古本へのメッセージが邦字紙に掲載された。(巻末参照) *)1986年;岩出研究所は日本癌学会や三重大学等の医薬研究機関にて高度な薬理効果が認証されるや、アガリクスとは異種異質の「岩出101号菌株」を生生し、これより発茸したキノコの商品名を「姫松茸」と命名し、商標特許を出願した。その出願文書の原本分 ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (19)

 尚このアガリクスの人工栽培の成功には台湾系キノコ村の長老,呉換竜の協力も特筆に値する。呉は同時に先見の明でキクラゲ栽培試験に挑んでいた。呉のキノコ栽培への不屈な挑戦の気骨が偲ばれる古本との往復書簡を70通ほど、私は現在も保管している。  何はともあれ古本のアガリクスの人工栽培成功については、後日、当寄稿文の巻末に添付した橋本梧 ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (18)

露地栽培のアガリクスを収穫する農夫と野澤

4)古本はキノコの同定に奔走し、ハイネマンより Agaricus blazei murrillとの同定を得た。 5)古本は1972年、アガリクスの人工栽培を世界で初めて成功させた。 6)これよりアガリクスの多岐に及ぶ薬理効果が認証され、天然原料の抗癌剤と生活習慣病の特効サプリメントとして、年商600億円に及ぶ経済効果をもたらす商 ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (17)

植物学者、橋本梧郎氏から野澤氏への手紙

胎動期;1963〜71年 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  夏場栽培キノコの探索で、名も無いキノコと遭遇と同定。 ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (16)

衰退期;2006年以降 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  シメジ(ヒラタケ)の台頭によるマッシュルームの衰退。 * ...

続きを読む »

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (15)

邦字紙に掲載された橋本先生より古本へのメッセージ

 この為藁の価格は逆に高騰を招き藁の代替原料を如何にするかは栽培者の最大の課題になった。当初は近隣の休閑地や山里に自生する雑草の性状や有効成分も解らず、先ず現物で試行錯誤を繰り返し効果を確認して実用の可否を判断した。カッピン・アンゴラ(Panium maximum jacq.)は低湿地を好む牧草で、草が発酵して分解に至る温度は低 ...

続きを読む »