ホーム | 文芸 | 連載小説 (ページ 119)

連載小説

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第99回

ニッケイ新聞 2013年6月20日  追い求める自分にいつか出会えることを祈っています。ブラジルにまできてこのことで言い争うつもりはありませんが、きっとそれは私が思っている朴美子とはまったく違った姿のあなたなのだろうと思います。  羽田から飛び立つ五日前のことでした。あの晩、白い錠剤を二階から投げつけてきたあなたに、いつもとは違 ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第100回

ニッケイ新聞 2013年6月21日  楽園からの手紙  金子幸代は横浜市緑区十日市場の市営住宅を当て、母親の朴仁貞と二人暮らしをしていた。二DKの集合住宅だが、以前住んでいた恩田町の朝鮮人部落よりははるかに暮らしやすかった。父親と兄、姉らが共和国へ帰還していった後も、夜が明けると同時に、リヤカーを引く音や夫婦喧嘩の声が絶えない長 ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第101回

ニッケイ新聞 2013年6月22日  朴仁貞は以前暮らしていた恩田町の知人を時折訪ねていた。そこの朝鮮人部落から帰還した在日も少なくはなかった。  大学から戻ると部屋の灯りもつけずに、朴仁貞がダイニングキッチンのテーブルに腰かけたまま物思いに沈んでいた。いつもなら「お帰り」と声をかけてくるがそれもなかった。 「どうしたの? オモ ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第86回

ニッケイ新聞 2013年6月1日 「日本人のパスポートを使い、韓国語も話せない。同胞だといえば、逆に激しい怒りを買うだけだ」  児玉の言っていることは大げさではなかった。 「民族の血なんていうのはしょせん虚構だ。俺が韓国で育てられれば、韓国人として成長するだろうし、日本で生まれて育つから日本人として成長した。生まれた場所の風土、 ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第102回

ニッケイ新聞 2013年6月25日  しかし、朴仁貞は一度言い出しら、簡単にはそれを引っ込める性格ではないことを幸代自身がいちばん理解していた。  最後には隣の住人に聞こえるような大声で幸代を詰り出した。 「もう二十年近くも家族と会えないでいるのに、どうしてそのくらいの金が作れないのか。この親不孝者が、大学まで卒業させてやったの ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第85回

ニッケイ新聞 2013年5月30日  自分にかけていた布団をずらして児玉の足にかけようとした。その布団の上に抜け落ちた屋根の隙間から容赦なく雪が舞い込んでくる。湿気を含むだけ含み重たくなった掛け布団をずらす力も老人にはなかった。掴んだ布団の淵から手が外れて、児玉の膝にぶつかった。弱々しく、軽く叩かれたような感触でしかなかった。 ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第84回

ニッケイ新聞 2013年5月29日 「持ち帰りが一匹、二匹くらいなら、その被爆者は簡単に死なないんだ。でもごっそり付いている時は、翌日訪ねていくとほとんど死んでいたよ。シラミは死んだ人間の血でも吸うと言うけど、違うんだ。もうすぐ死ぬ人間から離れて生きのいい人間の方へ移動する。うわ言のように広島、広島って言いながら死んでいった被爆 ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第83回

ニッケイ新聞 2013年5月28日 「父も母も韓国人なの。私の中に流れているのはまぎれもなく韓国人の血なの」  「韓国人の血」、「民族の血」という言葉を美子はしばしば口にした。その強い口調とは対照的に、美子はいつも自分の中にある不確かさに脅えていた。地図も持たずに不慣れな山に登るようなおぼつかなさを彼女は常に抱えていた。  児玉 ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第82回

ニッケイ新聞 2013年5月25日  祖父の言った言葉にジョゼは素早く反応した。 「それは日本の俳句とは違うさ」  ブラジルで流行している俳句とはいったいどんなものなのか。季語を詠み込まなければならない俳句に、四季のない国で季語はどうなっているのだろうか。 「日本の四季を知らなくても、一世から聞いた日本の姿を想像することはできる ...

続きを読む »

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第81回

ニッケイ新聞 2013年5月24日 「今から思えばかわいそうなことをしたと思うが、あの頃は日本に帰ることしか念頭になかった。自分の娘をブラジルに置き去りにすることもできないし、肌の黒い孫を日本に連れ帰るなんて、想像しただけでも恐ろしくなった」  野村の本音なのだろう。  野村だけではなくすべての移民の意識を変えたのは、日本の敗戦 ...

続きを読む »