ホーム | ビジネスニュース

ビジネスニュース

《ブラジル》ペトロブラス=ディーゼル油値上げ率は4.8%=ボウソナロ介入の影響は否定=市場の反応は好感触も=トラックストの可能性消えず

ペトロブラスのロベルト・カステロ・ブランコ総裁(Fernando Frazao/Agencia Brasil)

ペトロブラスのロベルト・カステロ・ブランコ総裁(Fernando Frazao/Agencia Brasil)  ボウソナロ大統領の鶴の一声でディーゼル油の値上げが6日間凍結された後の17日、ペトロブラスが、当初予定していた5・7%よりは低い、1リットルあたり0・10レアル(4・8%相当)の値上げを行うと発表した。市場はこれに好 ...

続きを読む »

トヨタ・ド・ブラジル=世界初のハイブリッドのフレックス車=サンパウロ州の工場で製造へ

ハイブリッド初のフレックス車はカローラと報じた17日付G1サイトの記事の一部

ハイブリッド初のフレックス車はカローラと報じた17日付G1サイトの記事の一部  トヨタ・ド・ブラジルが17日、サンパウロ州内の工場で世界初のハイブリッドのフレックス車の製造を始める事を正式発表したと17、18日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  トヨタ・ド・ブラジルは昨年12月に既に、ハイブリッドのフレックス車製造の意向を表明 ...

続きを読む »

アルゼンチン=生活必需品の価格凍結を発表=自由主義と逆行の経済統制へ

 アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領は17日、今後6カ月間に及ぶ生活必需品の価格凍結(値上げの禁止)を宣言したと、18日付ブラジル各紙が報じた。  同国では3月のインフレ率が、単月度としては28年ぶりの高さとなる4・7%に及び、貧困率も32%に達した。昨年4月~今年3月の累積インフレ率は54・7%だった。価格凍結の対象は、米 ...

続きを読む »

《ブラジル》連邦政府=トラック業界へ5億レアル融資=適正運賃の保証を最優先=「弱気な訳ではない」と強調

トラック業界への懐柔案を発表するロレンゾーニ官房長官(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

トラック業界への懐柔案を発表するロレンゾーニ官房長官(Antonio Cruz/Ag. Brasil)  【既報関連】昨年に続く大型スト実施をほのめかしているトラック業界の不満を抑えるため、連邦政府は16日に、社会経済開発銀行(BNDES)を通じ、同業界限定で5億レアルの融資を行うと発表したと17日付現地各紙が報じた。  オニキ ...

続きを読む »

《ブラジル》法定最低賃金に議会内で不満高まる=インフレ率以上の増額求める声強く

 【既報関連】15日に提出された来年度の連邦予算基本法(LDO)では、法定最低賃金(以下「最賃」)が1040レアルに定められたが、今年の最賃(998レアル)と比べると、全国消費者物価指数(INPC)の上昇分しか調整されておらず、実質増はゼロだったため、議会内で不満が高まっていると、17日付現地紙が報じた。  各政党のリーダーたち ...

続きを読む »

リベルダーデ=「仲間と一緒に住みませんか?」=初の日系高齢者向け分譲アパート

完成予想【提供写真】

 小林建設と大空不動産が企画して、日系高齢者向けバリアフリーの分譲アパート建設を着工する予定が明らかになった。「バリアフリー」は段差などを極力なくした工法。場所は聖市グロリア街501番。この『すいせんビル』アパートは、建築家のケン・マベ氏が設計を担当。11階建てで、地階は商業用、1階に共用スペース、2~11階が住宅用。住宅階は各 ...

続きを読む »

アヴィアンカ欠航相次ぐ=10機以上差し押さえにより

 【既報関連】昨年12月に民事再生手続き申請を行い、3月にはAzul航空への身売り合意が成立したアヴィアンカ・ブラジル(以下「アヴィアンカ」)の運航予定便のキャンセルが相次いでいると、15、16日付ブラジル国内各紙・サイトが報じている。  アヴィアンカは、身売り合意成立後も、整理手続きが完了するまでの予定で運航を続けていた。ただ ...

続きを読む »

《ブラジル》来年の最低賃金は月額1千レアル超に=連邦予算基本法提出される

 連邦政府は15日、来年の連邦予算基本法(LDO)を提出した。これによると、来年の法定最低賃金は月額1040レアルとなり、史上初めて1千レアルを超える。  これは、現在の月額998レと比較して、4・2%の上昇だ。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》大統領の独断で株価が大幅ダウン=ゲデス経済相は「話せばわかる」と発言

 石油公社ペトロブラス(PB)が11日にディーゼル油の値上げを発表したが、その夜の内にボウソナロ大統領が“待った”をかけた事で、翌12日の株価は大きく下がった。米国訪問中だったパウロ・ゲデス経済省はそれを受け、「大統領が少々、経済合理性に欠ける行動をとったとしても、問題は解決できる」と発言したと、14日付現地紙が報じた。  12 ...

続きを読む »

《ブラジル》政府介入で燃料価格値上げ見送り、翌日の株価は大きく下げる=「私は経済の専門家じゃない」とうそぶくボウソナロ大統領

 ブラジルの石油公社ペトロブラス(PB)が11日、12日からディーゼル油の精油所価格を5・74%引き上げると決めたのに、その晩、ボウソナロ大統領からの介入が入り、値上げを断念した。これを受け、12日のPB株は大きく値を下げた上、それに引きずられたサンパウロ株式市場指数(Ibovespa)も大幅ダウンで推移した。  ブラジリア時間 ...

続きを読む »