ホーム | コラム | 大耳小耳

大耳小耳

大耳小耳

     ◎ 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  本面下段に好評連載中の人物伝『篤成(あつなり)』。その本10冊が編 ...

続きを読む »

大耳小耳

    ◎  惜しくもコロナ感染症で亡くなった「カオリン王」堀井文夫さんの葬儀が17日(月)にモジ西本願寺でしめやかに行われた。参列した藤瀬圭子さんによれば、《自粛時の葬儀なので、できるだけ家族と少人数で行う予定でした。ですが、さすがに堀井さんだけに、最後に一言お礼を申し上げたいと約200名の人たちが参列して別れを惜しみました。 ...

続きを読む »

大耳小耳

     ◎  本面下段に連載中の人物伝『篤成(あつなり)』の本が、編集部に入荷した。掲載開始直後に、さっそく編集部に購入希望者が現れるなど評判を呼んでいるようだ。  日本語版は142ページで30レアル、ポルトガル語版は134ページで25レアル。ともに10冊限定。当面は編集部でのみ販売中。      ◎  サンパウロ州アチバイア ...

続きを読む »

大耳小耳

    ◎  「カオリン王」と称され、篤志家として知られるサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市在住の堀井文夫さん(87、広島県)がコロナウイルス感染症の悪化により、14日に聖市のシリオ・リバネース病院に入院したことが分かった。16日朝、堀井さんの秘書に確認したところ「病状は快方に向かっています。来週には退院できる予定だと聞いてい ...

続きを読む »

大耳小耳

    ◎  下本八郎元サンパウロ州議員が1月31日(日)に自宅で転倒し、アバラ骨を骨折した。幸いにも大事にはいたらず、同日から医師の勧めで検査入院となった。秘書からの連絡によれば、4日頃には退院許可が出る見込みだという。日頃日系社会のために東奔西走されている同氏だけに、あちこちから心配する声が挙がっている。 【無料朝刊サービス ...

続きを読む »

大耳小耳

     ◎  日毎叢書企画出版により『楽書倶楽部』第55号が10月15日付で刊行された。冒頭の《異例の慰霊集合》(梅崎嘉明)には、いきなり泣かされた。8月15日の終戦の日を記念したエッセイで、1945年のその日の体験談を綴った貴重なもの。植民地で仲間と呼びかけあって、警察に捕まらないように、日曜夜にランプを持たずこっそりと自宅 ...

続きを読む »

大耳小耳

    ◎  10月からサンパウロ市以外の地域が、一斉に郵便配達に切り替わった。1日付の新聞がまだ到着しておらず、配達の遅れに痺れを切らした読者が、6日に編集部まで新聞を取りに来た。残念なことだが、トランスフォーシャ社が戻る見込みはない。現在、別の新聞配達代行会社を探しているが、見つかっていない。もしEメールを持っている読者がい ...

続きを読む »

大耳小耳

     ◎  日毎叢書企画出版 の『楽書倶楽部』第54号が8月に刊行された。《主人の遺言》(佐瀬妙子)にはしんみりさせられた。亡き夫の机の引き出しを整理していたら、古いノートが出てきた。パラパラとめくっていたら、こんな名言、苦言集が。《うばい合えば足らぬ/分け合えば余る/うばい合えば憎しみ/分け合えば安らぎを》《知る者は言わず ...

続きを読む »

大耳小耳

 18日付本面記事《日系女性初のブラジル大使誕生=石谷ファチマ恵子さん快挙!=姉妹3人が外交官の家系》に関して、「女性大使の任地が書いてないが、どこの国の大使になったのか?」という問い合わせがあちこちからあったので、補足する。ブラジルの場合、「Embaixador(a)」は職務、業務ではなく、階位、ステータスのようなものとのこと ...

続きを読む »

大耳小耳

 居酒屋「一茶」でも6日から昼だけ店内で食事ができるようになった。午前11時半から午後2時半まで。メニューは、クアレンテナ下でやっているお弁当メニューが中心。幕の内弁当(38レアル)も店内で食べられる。人気のお好み焼き、カツカレー、焼き魚弁当、焼きうどんなどは35レアル。夜は午後5時半から8時半まで、今まで通り携帯アプリのRap ...

続きを読む »