ホーム | コラム | 大耳小耳

大耳小耳

大耳小耳

 伯国内で販売されるコーヒー豆は、発酵してしまったものや、乾燥後に殻を剥く機械の中で割れてしまった豆など「悪いもの」中心。つまり「良いものは日欧米に輸出される」のは有名な話。でも、最近では聖市内でも「良い豆を使ったカフェ」を提供する店も増えているとか。26日まで聖市とパラナ州クリチバ市で「コーヒーウィーク」(https://ww ...

続きを読む »

大耳小耳

 日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第44号が8月に刊行された。今号も約40話の興味深い話が満載。たとえば〃イタイプーダム救った8人の侍」の一人、荒木昭次郎さんが書いた「そろばん」。卓上電子計算機が普及する以前の70年代初期まで、日本から持ってきたソロバンと計算尺が大いに設計事務所の仕事に役立っていたとか。《それを見た仕事仲間のブ ...

続きを読む »

大耳小耳

 映画配給会社サトウ・カンパニーが8月に予定していた「Japan Filme Experience 2018」だが、公式サイト(http://www.jfx.com.br/)によると来年8月に延期された。経済的な要因など様々な理由があるようだが、上映が決まった映画も多数あるよう。またサンパウロ州、連邦文化省との共催になっている。 ...

続きを読む »

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』465号が7月に刊行された。《秋深し蒸かし肉まん恋しくて》(バストス、藤田克椰)。東洋街では中華食材店には各種肉まんが並んでおり、ダイソーでレンジにかけられるプラスチック容器を買ってきてチンすれば、蒸かさなくても簡単に食べられる時代に。5月の鯉のぼりはなかなか当地で見ることができない。それゆえ《鯉のぼり瞼の裏にはた ...

続きを読む »

大耳小耳

 俳誌『蜂鳥』(富重久子発行人)342号が4月に刊行された。《母の日やスマホ動画に孫の顔》(山岡秋雄)からは、動画を見て嬉しいことは嬉しいが、「本当は実際に会いに来て欲しい」という願いが込められているのでは。《パモンニャや確と受け継ぐ姑の味》(藤井美智子)も興味深い。姑から受け継いだ〃家庭の味〃が日本食でなく、ブラジル食のパモン ...

続きを読む »

大耳小耳

 在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろ聖市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを床に置いて上着を脱いで確認したとところ、何者かにバッグを盗ま ...

続きを読む »

大耳小耳

 日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス(PDT)…》という展開を予想。さらに《ボルソナロの ...

続きを読む »

大耳小耳

 『ブラジル老荘の友』534号が7月に刊行された。冒頭には「西日本豪雨災害お見舞い申し上げます」とあり、全国老人クラブ連合会の斉藤十郎会長宛てに送った塾連の上野美佐雄会長の手紙が転載されている。いわく「このたびの西日本を襲った記録的豪雨により被災された多くの全老連会員の皆様並びにご家族の皆様には心からお見舞い申し上げます。大変な ...

続きを読む »

大耳小耳

 6月2日付けに本面で紹介した「デカセギから日本文化伝道師に=大人気ユーチューバー夫妻=移民110周年の記念動画製作」のユーチューバー、Pritさん、Lohgannさん夫妻が伯国に来ている。2人は県連日本祭りで撮影したほか、ファンとも会っていた様子。200万人以上が視聴するYoutube番組に日本祭りが出るかも!? ほか、28日 ...

続きを読む »

大耳小耳

 19日から米独製作のアニメ映画「イーリャ・ドス・カショーホス(犬ヶ島)」(ウェス・アンダーソン監督)の上映が始まった。同映画は近未来の日本が舞台。架空の「メガ崎市」に犬インフルエンザが蔓延し、人間への感染を恐れた小林市長が街に住む全ての犬を犬ヶ島に追放。愛犬を探しに島に上陸した主人公アタリが、市の未来を変える陰謀に近づいていく ...

続きを読む »