fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳

大耳小耳

大耳小耳

     ◎  日毎叢書企画出版により『楽書倶楽部』第55号が10月15日付で刊行された。冒頭の《異例の慰霊集合》(梅崎嘉明)には、いきなり泣かされた。8月15日の終戦の日を記念したエッセイで、1945年のその日の体験談を綴った貴重なもの。植民地で仲間と呼びかけあって、警察に捕まらないように、日曜夜にランプを持たずこっそりと自宅 ...

続きを読む »

大耳小耳

    ◎  10月からサンパウロ市以外の地域が、一斉に郵便配達に切り替わった。1日付の新聞がまだ到着しておらず、配達の遅れに痺れを切らした読者が、6日に編集部まで新聞を取りに来た。残念なことだが、トランスフォーシャ社が戻る見込みはない。現在、別の新聞配達代行会社を探しているが、見つかっていない。もしEメールを持っている読者がい ...

続きを読む »

大耳小耳

     ◎  日毎叢書企画出版 の『楽書倶楽部』第54号が8月に刊行された。《主人の遺言》(佐瀬妙子)にはしんみりさせられた。亡き夫の机の引き出しを整理していたら、古いノートが出てきた。パラパラとめくっていたら、こんな名言、苦言集が。《うばい合えば足らぬ/分け合えば余る/うばい合えば憎しみ/分け合えば安らぎを》《知る者は言わず ...

続きを読む »

大耳小耳

 18日付本面記事《日系女性初のブラジル大使誕生=石谷ファチマ恵子さん快挙!=姉妹3人が外交官の家系》に関して、「女性大使の任地が書いてないが、どこの国の大使になったのか?」という問い合わせがあちこちからあったので、補足する。ブラジルの場合、「Embaixador(a)」は職務、業務ではなく、階位、ステータスのようなものとのこと ...

続きを読む »

大耳小耳

 居酒屋「一茶」でも6日から昼だけ店内で食事ができるようになった。午前11時半から午後2時半まで。メニューは、クアレンテナ下でやっているお弁当メニューが中心。幕の内弁当(38レアル)も店内で食べられる。人気のお好み焼き、カツカレー、焼き魚弁当、焼きうどんなどは35レアル。夜は午後5時半から8時半まで、今まで通り携帯アプリのRap ...

続きを読む »

大耳小耳

 サンパウロ州全域で7月1日から、道路や公共の場でマスクを着用していない場合、罰金500レアルが科せられる事が州政府から発表された。同時に商業施設で適切な防疫対策をしていないところにも5千レアルの罰金が科せられる。現在進められている段階的な緩和によって感染拡大が起こるのを防ぐには、マスク着用は絶対に必要なこと。鼻まで覆わず口だけ ...

続きを読む »

大耳小耳

 共同通信の配信記事《裁判官国民審査/在外投票制限、高裁も違憲》の写真に写っている右側の人物は、元CIATE専務理事の永井康之弁護士で、原告団の1人だ。同弁護士はサンパウロ在住時代の昨年、7月13日付本紙に《国民審査の在外投票ができないのは違憲》を特別寄稿してくれた。難しい話だが、要は「在外邦人だからといって、日本の日本人と同様 ...

続きを読む »

大耳小耳

 徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばならず、ついつい楽しいお酒で盛り上がってしまうことも。気 ...

続きを読む »

大耳小耳

 手縫いのマスクをしていると、ゴムをかけている耳が痛くなったりすることがある。そこで、最近は耳が痛くないようにするヘアバンドを立て続けに2つ貰った。使い方は、こうだ。ヘアバンドにはボタンが二つ縫いつけられており、通常のヘアバンドのように装着すると耳の上辺りボタンが来る。そこにマスクのゴムを引っかけると、耳が痛くならない。手作りマ ...

続きを読む »

大耳小耳

     ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた。クアレンテナ解除でやや生活の不便さも解消されるが、場 ...

続きを読む »