ホーム | コラム | 東西南北

東西南北

東西南北

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、マルジナル・ピニェイロスのカステロ・ブランコ方面への高速レーンでのバイクの走行を全面的に禁止する意向を表明した。同道での交通事故の死者を減らすためで、5月までに有効となる見込みだ。インテルラゴス方面は来年から、同様の措置をとるという。また、市内でも特に事故が多い五つの地域の制限速度を時 ...

続きを読む »

東西南北

 17日付アゴラ紙に、サンパウロ市南部ジャルジン・アンジェラのバス・ターミナルでは、鳩の糞があまりに多く、利用者からの苦情が相次いでいる、という記事が大きく掲載された。文字通り、きれいな話ではないが、この件の場合、問題なのは清掃の大変さや外観よりも、それらの糞が人々に病気をもたらす可能性があるということ。利用者が具体的に何らかの ...

続きを読む »

東西南北

 15日に起きたフランスのノートルダム寺院の火災は、全世界に衝撃と悲しみをもたらした。速報映像で映し出される炎上シーンはかなりショッキングなものだったが、中央の塔や天井は焼失したもの、建物の大半は難を免れたという。この火災に対してボウソナロ大統領は、「多くの人々が心のよりどころにするカトリックの教会が焼けたことは非常に残念だ」と ...

続きを読む »

東西南北

 15日付現地紙によると、スピード違反などの交通違反を判定するためのレーダーのある高速道では、設置された前と後とで交通事故の死者が21・7%減少していたことが判明したという。さらに、レーダーのついた高速道の72・8%で、死者が減っていることも明らかになっている。ボウソナロ大統領はすでに8千個にも及ぶレーダーの契約更新を行わないと ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャが2~3日に行った最新調査で、国民の3分の1がベネズエラの政治的、社会的危機について知らないことがわかった。同国の問題は現地紙でも連日のように報じているもののひとつだが、35%が知らないという。また、仮に同国のマドゥーロ政権に対して軍事介入を行うとなった場合、「ブラジル軍を派兵すべきだ」と考えている人は43%で ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャの調査によると、ボウソナロ大統領が1月に銃所有のための規制を緩和する大統領令を出したにもかかわらず、国民の銃への警戒心はむしろ上がっている。やはり、3月に起きたスザノの州立校での無差別テロや、ボウソナロ政権への支持率低下が影響しているのだろうか。また、今回の調査で、警察官に対する国民の恐怖心が高いこともわかった ...

続きを読む »

東西南北

 9日、ブラジル・サッカー連盟は、6~7月にブラジルで開催されるコパ・アメリカでのセレソンの第2ユニフォームを発表した。それは、おなじみの黄色と緑のユニフォームの黄色の部分が白に、緑の部分が青になった、ちょっと懐かしい感じのものだ。それもそのはず、これは1952年までセレソンが使っていたユニフォームで、1919年にセレソンが初の ...

続きを読む »

東西南北

 4月に入り、本来ならもう雨季も終わっているはずなのだが、ここ数日は、大雨のあったリオのみならず、サンパウロ市でも雨季さながらの雨が降り続いている。サンパウロ市では9日の時点で4日連続で雨が降り続いたことになる。同日午前9時現在の主要水系の降水量をみても、今月の累積はすでに50ミリを超えており、2月や3月と変わらないペースで雨が ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャの調査で、大統領就任100日目での支持率が過去の大統領に比べて低いことが明らかになったボウソナロ大統領。こうした支持率の低さは、これに先駆けて行われた他の調査機関の調査でも似た結果が出ていた。だが、大統領本人は意に介さず、「最初の100日間で予定していたことの95%をやることができた」と自信を持って語っている。 ...

続きを読む »

東西南北

 グアラレマの銀行襲撃事件の翌日、サンパウロ大都市圏ジアデマでまたも、通勤途中の銀行職員が強盗犯に拘束され、身体に爆発物を取り付けられるという事件が起こった。銀行員には携帯電話で指示し、金を出させようとの魂胆だったが、警察の特殊戦術行動グループ(GATE)が出動し、事なきを得た。被害にあった銀行は、前日グアラレマ市で襲われたのと ...

続きを読む »