ホーム | コラム | 東西南北

東西南北

東西南北

 サンパウロ市パウリスタ大通りでの演奏でも注目されていたバイオリンの名手の女性、ナタリア・オリヴェイラさん(22)が、モーツァルトの出生地、オーストラリアはザルツブルグにある世界的権威の音楽教育機関「モーツァルテウム大学」への入学が認められ、話題となっている。同市東部イタケーラの決して裕福ではないが音楽好きな一家で育った彼女は、 ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャが19日に発表した世論調査によると、回答者の50%が、「また、新たな軍事政権が誕生するのではないか」と恐れているという。男性で軍事政権誕生を恐れる人は45%だったのに対し、女性は55%で、女性の方が高い。さらに、大統領選でボウソナロ氏を支持した人の65%は「それは起こりえない」と楽観的なのに対し、ハダジ氏の支持 ...

続きを読む »

東西南北

 7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその中心には元陸軍将官もいる。これに対して、ロドリゴ・マ ...

続きを読む »

東西南北

 セアラー州フォルタレーザ大都市圏のイタイチンガ市の刑務所で13日、11歳の少女が強姦される事件が起きた。この少女は、同日9―16時の面会時間に、母親と一緒に服役中の父親に会いに来ていた。事件は少女が父親に付き添われて独房を出た瞬間に起きた。別の受刑囚が少女をさらい、犯行に及んだもので、少女不在に気づいた母親の通報で刑務所職員が ...

続きを読む »

東西南北

 今年から、毎年恒例の夏時間の開始日が、従来の10月第2日曜から11月第1日曜に変わる。夏時間は1931年に導入された、歴史の古いものだが、昨年の大統領令で開始日が変更された。今後は、昨年までより2週間、開始日が後ろにずれる(終了日は2月第3日曜で変わらず)こととなった。今年の場合、国家高等教育試験(ENEM)の実施日が重なるの ...

続きを読む »

東西南北

 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏から ...

続きを読む »

東西南北

 11日付同欄でも報じた、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで8日に起きた、19歳の女子学生が男性3人に襲われ、腹部にナチスの鉤十字の傷を入れられた事件が物議を醸している。被害者は大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏に対する反対運動「エレ・ノン」のTシャツを着ていて襲われた。彼女は警察にも被害届を出したが、担当警官はその傷 ...

続きを読む »

東西南北

 7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボウソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボウソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボウソナロ氏に反対する女性の運動「エレ・ノン」のTシャツを着ていた19歳の女子学生が、男性 ...

続きを読む »

東西南北

 7日に行われた下院議員選で、サンパウロ州から選出された24歳の女性が話題となっている。タバタ・アマラル氏(民主労働党・PDT)は、サンパウロ市南部の貧困地区ヴィラ・ミッシオナーリアの出身で、父がバスの料金係、母が家庭内労働者という家庭環境で、12歳まで公立校で学びながら、子供の頃から「天才少女」として有名で、12歳からは数学、 ...

続きを読む »

東西南北

 7日の大統領選は投票時から物々しい雰囲気があった。その理由のひとつは、ボウソナロ氏の陣営がさかんに主張した「不正投票の疑い」というもので、その過程で、「ボウソナロ氏を選んだはずなのに、ボタンを押すと全てハダジ氏になる」という、フェイクニュースのビデオが出回り、それを高等選挙裁判所が否定する対応に追われる一幕もあった。そんなに猜 ...

続きを読む »