ホーム | ブラジル・グルメ(2020年)

ブラジル・グルメ(2020年)

ミナス気分で家族とゆったり=「クルトゥーラ・デ・ミナス」(Cultura de Minas Restaurante e Pizzaria)

 ミネイロによるこだわりの料理と団らんにぴったりな雰囲気のレストランはいかが? もちろんパーティーにも。そんな店がサンパウロ市地下鉄プラッサ・ダ・アルボレ駅から歩いてすぐの「CULTURA DE MINAS」だ。  平日の昼から家族客がテーブルを埋め、和やかに食事を楽しんでおり、穏やかな時間が過ごせそうだ。  薄黄色の壁に、青い ...

続きを読む »

シュラスカリア「D’BRESCIA」=こんなにお洒落でアクセス良くて約80レ!

 交通アクセスが良くて手頃な値段なのに、旨くてお洒落。評判の人気店「D’BRESCIA」のシュラスコが、豊富なビュッフェ料理と共に今なら79.9レアルで楽しめる。  「D’BRESCIA」は、1990年に聖市郊外サントアンドレ市で開業。店名はシュラスコ発祥の地・南大河州ノーヴァ・ブレシア市に由来する。その ...

続きを読む »

ウィーン名物シュトュルーデルならここ!=写真=ウィーン名物「アプフェルシュトュルーデル」

 ウィーン名物「アプフェルシュトュルーデル(Apfelstrudel)」をサンパウロで食べるなら、ここ! メトロのアウト・ド・イピランガ駅横のケーキ屋「フィスシェール」だ。ブラジル名「Bolo de Maca com Nozes」で売っている。  「シュトュルーデル(strudel)」とは、極薄に伸ばしたパイのこと。それで、甘く ...

続きを読む »

極上リブが食べ放題「Costelaria e o ponto」

 うま味がぎゅっと詰まった、ほろっとやわらかい牛のコステーラが、次から次へと運ばれてくる。ここはシュラスカリアではなく「コステラリア」、コステーラ専門店だ。この「Costelaria e o ponto」では、時間をかけたこだわりの調理法による極上コステーラ(costela/リブ)の食べ放題が楽しめる。  シュラスコというと日本 ...

続きを読む »

ミネイロの極上のおもてなし – O Mineiro Prime

 「ミナス料理が美味しい!」という話は、サンパウロ市でよく聞く。その代表格の一つが『O Mineiro Prime』で、店主ウィルソン・ジアス・デ・オリヴェイラさん(44、ミナス・ジェライス州セナドール・フィルミーノ市出身)は「日本人客も多いよ」とうなずく。  場所は、地下鉄コンソラソン駅から徒歩5分。2階建てで180席数。平日 ...

続きを読む »

日本人と相性抜群の韓国料理店=Moah Restaurante

 甘辛いタレに漬け込んだ上質な牛肉をジューッと焼いて、サンチュ(包菜、つつみな)でさっとくるんで口へ運ぶ――肉のうま味と甘辛いタレが口に広がり、サンチュでさわやかに締まる。これがプルコギの醍醐味だ。  サンパウロ市のアクリマソン公園にほど近い、モダンなレストランや専門店が点在する閑静な住宅街。その一角に、本場の韓国料理を堪能でき ...

続きを読む »

「ミナスの秘密」を味わう=Segredos de Minas

 地下鉄緑線コンソラソン駅から徒歩5分。「ミナスの秘密」こと「Segredos de Minas」は、ミナス・ジェライス州出身のジュリオ・セーザルさんらが経営する人気ミナス料理店だ。  シンボルマークは三日月。昼はボリュームたっぷりのミナス料理が楽しめるレストランとして、夜はおしゃれなバーとしてサンパウロ市民に愛されている。   ...

続きを読む »

ネタの質にこだわった回転寿司=mawari

 日本で回転寿司は珍しくないが、ブラジルではごく稀。しかも日本のは「安い、早い」というイメージが先行しがちだが、この日本料理店「mawari」の寿司は質にこだわった本格派だ。  35年来の友人という北川ドウグラスさん(54、三世)と三宅アンジェロさん(53、二世)が経営。回転寿司を取り入れた理由を三宅さんに聞くと、「サンパウロ市 ...

続きを読む »

クセがなく味わい深いムケッカ=レストラン・バデージョ

 日本人の口に一番合うブラジル料理は何か―といえば、エビや魚をトマトで煮込んだムケッカでは。しかもカピシャーバ風(エスピリットサント州)のそれが、一番合う。バイーア風ムケッカも有名だが、くせの強いデンデ油と、好き嫌いのあるココナッツミルクが必ず入っている。  この二つが入っていないカピシャーバ風ムケッカは、くせがなく実にマイルド ...

続きを読む »

驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ

 一口ほおばると、ぎゅっと詰まった旨味と炭火の香ばしさが広がる。そして、驚くほどのジューシーさ…。もう箸が止まらない。  炭火で焼き上げた身は肉厚で弾力があり、たっぷり脂が乗っている。これは肉ではない。タンバキの炭火焼きだ。  豪快に約30センチ、1キロ程の半身が大皿でどんと運ばれてくる。どんな味付けなのかと聞いてみたら、オーナ ...

続きを読む »