ホーム | 検索結果: エドアルド (ページ 10)

検索結果: エドアルド

下地衆議四世ビザ説明会=5日「新制度の概要と展望」

昨年7月に説明会を開いた下地衆議

 7月から施行開始となった四世ビザ制度導入の道筋を開いた、日本の下地幹郎衆議院議員による説明会「日系四世受入れのための新制度の概要と展望」が5日(日)午後4時から、文協貴賓室(Rua Sao Joaquim, 381)で開催される。日系主要5団体及び国外就労者情報援護センター共催、入場無料。  下地衆議による政策説明会はこれで2 ...

続きを読む »

眞子さま=全伯カラオケ大会5曲ご鑑賞=折笠名誉会長「よい土産話に」

皇族としては初めて当地でカラオケを聴かれた

 【既報関連=マリンガ発】20日、パラナ州マリンガで開催された「エキスポ移民110」をご視察された眞子さまは、ブラジル歌謡協会(ABRAK、西森アケミ会長)主催「第33回ブラジル選抜歌謡大会」にお立ち寄りになった。  創立34年を迎える同会は、18地域から250人が集まり、第一回大会がロンドリーナで開催されてから今年で33回目。 ...

続きを読む »

移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列

後ろの席まで一杯に埋まった大講堂

 最初の移民船「笠戸丸」がサントスに着港してから110年――6月18日の「移民の日」の前日の17日、「開拓先亡者追悼法要」がイビラプエラ公園及び文協大講堂で行われた。ともに例年を遥かに上回る参列者が出席。特に文協大講堂の法要は節目に相応しく〃異例〃の1千人近くが参列、次世代へと繋がる式典となった。  09年以降、参列者が300人 ...

続きを読む »

大耳小耳

 米国出身の演歌歌手ジェロさん(36)が今月12日、音楽活動の無期限休止を自分のブログで発表した。紅白にも出場し話題となったが、米ボストン大大学院修了しコンピューター関係の仕事に就くことにしたという。一方、ブラジル出身の演歌歌手エドアルド(34)は今月発売のカラオケ雑誌に記事が掲載され、7月には東京で開催されるブラジルフェスティ ...

続きを読む »

《ブラジル》文協定期評議会=会計は16年度に続き赤字=110周年記念事業、資金に目処

報告を行う呉屋会長(左)と西尾副会長

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は先月28日、『第154回定期評議員会』を行った。日本移民110周年記念事業の資金集めは目標の300万レアル(約9300万円)に達成する予定と報告された一方、文協自体の会計は2016年度に続いて昨年度も赤字となり、増収が急務であることが改めて浮き彫りとなった。  110周年記念事業の柱は ...

続きを読む »

ブラジル陸軍の日に3氏顕彰=名誉協力章に野口総領事ら

名誉協力章を受章した3氏(提供写真)

 今月19日の「陸軍の日」を記念し、ブラジル陸軍南東軍司令部で行われた表彰で、日系社会から野口泰在サンパウロ総領事、平崎靖之氏、池崎博文氏の3氏が称えられた。  これは1648年4月19日にペルナンブーコ州に野営中だったオランダ軍に、わずか2千人弱のポルトガル軍が外敵の侵略に団結して立ちあがった「グアララペスの戦い」を記念したも ...

続きを読む »

110周年リッファ当選者を発表!=プロミッソンに資金協力も

 【既報関連】ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)は、先月24日に抽選を実施した「移民110周年第1弾リッファ(協力券)」の当選者を、先月28日に開示した。当選者は以下の通り。 ▼1等=エドアルド・ナガトモ、2等==エレン・シバ・オハラ、3等=エルネスト・アラシロ、4等=東芝メディカル・ド・ブラジル、5 ...

続きを読む »

《ブラジル》移民110周年=東洋街活性化を遺産に=鈴蘭灯や広場改装を検討=日系企業の支援に期待?

東洋街の課題について議論された

 ついに幕開けとなった日本移民110周年の〃遺産〃として、東洋街活性化の検討が進められている。サンパウロ市と日系社会との移民110周年記念官民合同事業の一環として設置された「東洋街活性化部会」の第1回会議が8日召集され、取組むべき項目について協議が行われた。早ければ「移民の日」の6月までには、リベルダーデ広場で何かしらの形で改装 ...

続きを読む »

どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー

熱く語る菊地実行委員長

 新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と110周年担当記者がズバッと現状を聞いた。 【深沢】新年の一年間 ...

続きを読む »

《ブラジル》小桜舞子、二年連続来伯公演=アンコールは総立ちで感激の涙

太鼓演奏と共に歌った小桜さん

 演歌歌手・小桜舞子(テイチクエンタテイメント所属)の公演が19日14時と19時からサンパウロ市の文協大講堂で行なわれ、合わせて約2千人が集まった。小桜さんは鮮やかな着物を身にまとい、演歌、歌謡曲、民謡など幅広い楽曲を披露。二年連続となった当地での公演は盛況のうちに幕を閉じた。  「ブラジル大好き!」――。公演の終盤、観客総立ち ...

続きを読む »