ホーム | とうもろこし 関連記事 (ページ 8)

とうもろこし 関連記事

ブラジルは世界3位に=米・EUに次ぐ食糧輸出

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

遺伝子組み替え=米国に次ぐGM大国=大豆の71%、コーンの31%が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

弓場のクリスマスにぎやかに=歌、劇、バレエと盛り沢山=「白波五人男」も大好評

ニッケイ新聞 2009年12月29日付け  【ミランドポリス市発=金剛仙太郎記者】コムニダーデ・ユバ協会(弓場農場・弓場常雄代表)は恒例の「弓場のクリスマス」を25日夜、同農場のテアトロ弓場で開催した。今年75年目の同農場には近隣の町をはじめ、他州からも約500人の観客が集まり、独特の芸術に魅入った。  当日午後、食堂内のピアノ ...

続きを読む »

コチアの遺産を我らの手に=聖南西=産組解散から15年=タツイで倉庫買い戻す

ニッケイ新聞 2009年12月19日付け  バタテイロ最後の砦、今も――。1994年のコチア産業組合中央会の解散後、残った約30人の組合員やコチア青年らで組織した聖南西タツイ市のタツイ地方農業共同組合(CART=堀口悟会長)。創立15年目の今年9月、それまでは賃貸していた元コチア産組タツイ倉庫の建物を買い戻した。今月5日、組合員 ...

続きを読む »

世銀発表=農産物が20%高騰=在中国米大使館が減産報告

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

アマゾンを拓く=移住80年今昔=【モンテアレグレ編】=第5回=高谷信夫・和夫兄弟=絶ち難い〃古里〃への思い=新たな挑戦、農場経営も

ニッケイ新聞 2009年12月2日付け  バナナの皮の草鞋、タイヤの草履で日々を過ごし、移住地から市街地へは週1回トラックが往復するのみ。それも雨季になると、頼りにはならなかった。  当時は移住地にダッジのトラックが一台だけ。高谷一家の運搬・交通手段は、75年にシボレーのトラックを買うまでの20年間、常に馬だった。  「本当にお ...

続きを読む »

ADESC婦人、ボリビアへ=連載(4・終)=オキナワ移住地=デイサービスでふれあい=同地婦人と料理交流も

 二十八日はさらに寒く、気温十四度。朝食後すぐに、一行はコロニア沖縄農牧総合協同組合(CAICO)でのセミナーに参加した。  一九七一年に創立したCAICOは第一、第二、第三移住地を包括し百二十三人の組合員を持つ。主要作物は、大豆、とうもろこし、米、小麦など。  小麦の国内消費は六十万トンなのに比べ、国内生産は二十万トンで需要が ...

続きを読む »

GMとうもろこし=在来との混合出荷=やがて純在来種なくなる?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

■訃報■久保田洋史氏

ニッケイ新聞 2009年3月14日付け  パラグアイ国イグアス農業協同組合の組合長を務めた久保田洋史(くぼた・ひろふみ)さんが十三日午前二時四十分ごろ、肺炎のため入院先のシウダー・デル・エステ市サナトリオ・セントラル病院で死去した。病気療養中だった。享年六十四歳。  熊本県出身。東京農業大学拓植学科(現国際農業開発学科)を卒業後 ...

続きを読む »

来年の農産物収穫は減少か=金融危機で資金調達難に=ドル高で資材高騰、相場下落=融資決済期に不運に直面

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »