ホーム | アウキミン 関連記事

アウキミン 関連記事

東西南北

 10月の大統領選で敗れた元サンパウロ州知事、ジェラウド・アウキミン氏(民主社会党・PSDB)が10日、サンパウロ州バウルーの医療機関ウニノーヴェで、大統領選後では初となる講演活動を行った。同氏はシュラスコをごちそうされ、学生たちが飼育したバクテリアを受け取るなどの歓迎を受けた。元々が医師だったアウキミン氏は、200人の学生たち ...

続きを読む »

東西南北

 昨日付本欄で、2日にジャイール・ボウソナロ次期大統領がパルメイラスの今季最終戦を観に行き、チームと共に優勝を祝った話を報じたが、3日はその際に起きたもう一つのことで盛り上がっている。それは優勝メダル授与式で、パルメイラスのフォワード、ウィリアンがメダルを受け取った後、目の前にいたボウソナロ氏に目もくれずに通り過ぎたことだ。これ ...

続きを読む »

《サンパウロ州》ドリア次期知事が州保安局長に退役軍人を指名=公約は「警察官」だったが

 13日、ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は、次期保安局長として、退役軍人のジョアン・カミロ・ピーレス・デ・カンポス氏を指名したと発表した。14日付現地紙が報じている。  サンパウロ州が保安局長に軍関係者を就任させるのは、軍政時代の1979年のエラズモ・ジアス氏以来となる。 ※このコンテンツを閲覧する ...

続きを読む »

《ブラジル》ドリアがPSDBの実権掌握か=アウキミンは党首早期辞任?=勢いづく州知事当選勢=党のボウソナロ支持の可能性も

ボウソナロ氏とドリア氏(Twitter)

ボウソナロ氏とドリア氏(Twitter)  ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が8日、同党党首のジェラウド・アウキミン氏と昼食会を行い、ドリア氏がPSDBの実権を握っていくことになることが確認された。これでジャイール・ボウソナロ次期大統領への支持も表明しやすくなった。9日付エスタード紙が報じている。   ...

続きを読む »

これまでになく怖い選挙

 統一選の決選投票を前に、かつて見た事のない類の情報が行きかっている▼その一つは弊紙も報じた、大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏の息子のエドゥアルド下議が、「最高裁を閉鎖するには伍長と兵士だけでよい」と語ったものだ。ボウソナロ氏自身も同時期(6、7月)、「最高裁判事達は汚職を正当化している」「判事数を21に増やす」などと語って ...

続きを読む »

サンパウロ州知事選決選投票=ドリアとフランサ互角に=現状で52%対48%

 17日、サンパウロ州知事選に関するイボッピ(ブラジル世論調査・統計機関)の世論調査が発表され、前サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)と現知事のマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)がほぼ互角になっていることがわかった。18日付現地紙が報じている。  一次投票の時点でのドリア氏の得票率は31・77 ...

続きを読む »

《サンパウロ州知事選》ドリアはボウソナロに熱上げるも=PSDB内の空気微妙に=「裏切り者」の声強まる=フランサは二極化終結を希望

ドリア氏(Marcos Corrêa/PR)

ドリア氏(Marcos Corrêa/PR)  サンパウロ州知事選候補のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)が、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)への支持表明でアピールしようとしているが、これに関してPSDB内部での反発が強まっていると16日付フォーリャ紙などが報じている。  ドリア氏はサンパウロ州知事選の一次 ...

続きを読む »

東西南北

 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏から ...

続きを読む »

「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場

このようなmemesがインターネットやSNSであっという間に広まって、有権者の印象を左右した

このようなmemesがインターネットやSNSであっという間に広まって、有権者の印象を左右した  今選挙の特徴の一つは、前回までは道端にあふれていた候補者のサンチーニョ(ビラ)を配ったり、候補者の応援旗を振ったりする人がほぼいなかった点だ。にも関わらず、「ボウソナロ効果」が起きて、政治地図が大激変した。これが意味するのは、「宣伝活 ...

続きを読む »

飯星下議、無念の落選=「4年後の再選目指す」

来社した飯星議員

 今月7日に投開票が行われた統一選挙で、惜しくも再選を逃した飯星ワルテル連邦下院議員(PSD、二世、57)は、11日午後に本紙を訪れて選挙戦を振返り、有権者に感謝の言葉を述べた。  飯星下議は、4期目の再選を目指して戦ったが無念の落選。14年選挙では8万8070票を獲得し、補欠で繰り上がり当選していたため、今回は万全を期して12 ...

続きを読む »