ホーム | アマゾン 関連記事 (ページ 12)

アマゾン 関連記事

《ブラジル》大統領が国連演説で物議=「私は森林火災フェイクニュースの犠牲者」=コロナ禍の責任をマスコミに転嫁

 ボルソナロ大統領は22日、国連総会で開会演説を行い、「自分は、アマゾンやパンタナルの偽情報を流す人たちのキャンペーンの犠牲者だ」と発言。さらに、根拠として信ぴょう性や正確さに欠ける発言を連発し、物議を醸した。22日付現地サイトが報じている。  今年の国連総会での演説は、コロナウイルスの影響もあり、ビデオ動画の形で行われた。大統 ...

続きを読む »

《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代

【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもし ...

続きを読む »

《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加

サンジョアン・ダ・ボア・ヴィスタの火災現場(Defesa Civil do Estado de Sao Paulo)  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》欧州8国がアマゾン対策要望=伐採や火災に早急な対処を=副大統領「裏に政治的な意図」

 【既報関連】法定アマゾンでの森林伐採や森林火災増加を受け、環境保全や環境投資に関心を持つ欧州諸国が、モウロン副大統領に早急な対策を求める書簡を送付したと16、17日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  副大統領はアマゾン国家審議会議長を務めており、法定アマゾンへの環境対策を主導すべき立場だ。  だが副大統領は15日も、国立宇宙 ...

続きを読む »

《ブラジル》法定アマゾンの伐採削減を=230団体が異例の共同提案

 法定アマゾンの森林伐採、森林火災が進む中、NGO(非政府団体)や農業企業家、金融機関などが連合を組み、法定アマゾンでの不法伐採を短期間で削減するための提言を行ったと16日付現地紙、サイトが報じた。  「ブラジル気候・森林・農業連合」が政府に提出した文書には、WWFブラジルやWRIブラジルのような環境関連のNGOや、ナトゥーラや ...

続きを読む »

《ブラジル》アマゾンなど森林火災は去年以上?=煙はリオ、サンパウロまで

 国立宇宙研究所(Inpe)が10日に明らかにしたデータによると、北部の法定アマゾンの森林火災は現在のペースだと今年も記録を更新しそうだと10日付現地サイトが報じた。  同データによれば、平年9月の森林火災は3万2812件だが、今月1~9日にはすでに1万2412件が起きており、昨年9月1か月分の1万9925件の半分を既に超えた。 ...

続きを読む »

手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)

手塚治虫の遺作『グリンゴ』の表紙

 『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。  実はこの作品に「ブラジル」という言葉は一言も出てこない。に ...

続きを読む »

《ブラジル》パンタナル火災が史上最悪レベル=アマゾン並みの大自然に火の手

 パンタナルでは8月としては史上2番目に多い5935件の森林火災が発生したと、ブラジル国立宇宙研究所(Inpe)が1日に発表した。同日付現地サイトが報じた。  Inpeによる森林火災観測は1998年に始まった。パンタナルでの8月の森林火災最多は、2005年の5993件だ。今年8月の件数は昨年同月の3・5倍に及んでいる。  パンタ ...

続きを読む »

《ブラジル》環境相が森林火災対策中止を発表して評価上げる?!=アマゾン責任者の副大統領が慌てて否定

 リカルド・サレス環境相が8月28日、予算凍結を理由に、「森林伐採や森林火災を取り締まる全ての活動を中止する」と宣言した。だが、その直後にアミウトン・モウロン副大統領が「対策費は凍結されていない」と弁明し、森林対策は継続と約束した。8月28~31日付現地紙、サイトが報じている。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、 ...

続きを読む »

《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要

ブラジリアの連邦議会前に立つラオニ氏(2015年、Laycer Tomaz/Agencia Brasil)  先住民の人権保護で国際的に知られるカイアポ族のラオニ・メトゥクチレ酋長(89)が新型コロナに感染した事が公表されたと8月31日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あ ...

続きを読む »