ホーム | サンタクルス病院 関連記事

サンタクルス病院 関連記事

■訃報■生田博さん

 聖州モジ・ダス・クルーゼス市ポルテーラ・プレッタ植民地在住の元サンパウロ大学(USP)農業学部教授の生田博さん(二世)が、今月23日に聖市のサンタクルス病院で亡くなった。享年91。死因は老衰。近年は病気療養中だった。  生田さんは農学博士として、USPとピラシカーバ大学の農学部で教授を務めた。USPモジ・ダス・クルーゼス農事試 ...

続きを読む »

HSC80周年=九州、大阪大学と医療セミナー=「本当の和食と健康寿命増進」=JHで講演、大きな反響

 サンタクルス病院(HSC、石川レナト理事長)の創立80周年記念事業の一環として、7月30日から8月1日まで3日間、九州大学と大阪大学から5人の教授が来伯し、31日午後に「第5回日伯医療協力セミナー」で同病院の医師らと共に講演、午前には「第3回日系病院連携協議会」にも参加した。前日の30日夜にはジャパン・ハウス(JH)で在聖日本 ...

続きを読む »

県連日本祭り=19万2千人が来場し盛況=「思ったより料理売れない」=各県人会から不安の声上がる

 海外では世界最大級の規模を誇る「日本祭り」が第22回目を迎え、5、6、7日に聖市南部のサンパウロEXPOで開催された。怒涛の3日間、会場では各県人会の青年や婦人部が一丸となって働く姿が目に付き、来場者は19万2千人(主催者発表)と活気を見せていた。その一方、郷土食広場では各県人会から「思ったよりも料理が売れない」という不安を訴 ...

続きを読む »

グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店

 「うちのお客様は3~4割が日系人や日本人。ミナス料理が好きな日本人は多いのよ」――創業者のマリア・ダス・グラッサス・オリヴェイラ・ホッシさんは、笑顔でそう語った。  「グラッサ・ミネイラ」は、メトロのサンタクルス駅から徒歩5分程度の好立地にある。店の外にもテーブルが置かれ、洒落た内装は2階まで続く。  創業は1993年9月24 ...

続きを読む »

第22回日本祭り=世界最大規模の日本文化祭典=日本からの来伯公演多数!=今年は和洋スイーツ合戦

 今年もブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の『第22回日本祭り』が、7月5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間、サンパウロEXPOセンターで開催される。本国以外では世界最大級の日本祭りで、約20万人の来場者を見込んでいる。日本からも大勢の人が来伯し、伝統芸能、日本各地の郷土食、コスプレやミス・ニッケイ、日本文化体 ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■小野田寛郎ポ語伝記を発売=日本祭り会場で60冊限定

 「日本祭り会場で販売するので、ぜひ皆さんに宣伝したいと思って!」――軍関係者と関係が深い平崎靖之氏は、本を手に来社し勢い良く語った。  2016年に伯国陸軍から出版された〝伝説の日本兵〟故・小野田寛郎さん(1922―2014年)のポ語伝記。これを今週末の5、6、7日に開催される「第22回日本祭り」の文協及びサンタクルス病院のブ ...

続きを読む »

【サンタクルス病院開院80周年祝う】永田筑波大学長ら9人来伯=サンパウロ市議会が記念顕彰

 在ブラジル日本人同仁会が1939年4月29日に落成し、「日本病院」として親しまれたサンタクルス病院(石川レナト理事長)。その開院80周年記念事業が6月1日から5日までの5日間開催された。1日には日本から筑波大学、今川医療福祉グループ、現地のサンパウロ州総合大学(USP)と共に「第4回サンタクルス病院日伯学術協力セミナー」をサン ...

続きを読む »

【サンタクルス病院開院80周年祝う】病院でも学術交流の第2弾=今川医療福祉グループJH講演

 6月4日には、同病院で「第4回サンタクルス病院日伯学術協力セミナー」の第2パートの講演会で、同病院と筑波大学の医師らが登壇した。筑波大学附属病院の平松祐司副病院長が日本での小児心臓手術技術と心臓インプラントについて説明。さらに同大学からは田中秀峰医師、丸島愛樹医師も自身の研究を発表した。同病院からは、脳神経外科医の西国幸四郎医 ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(119)

 ブラジル人やヨーロッパ系の移民が正輝や日本移民に使う「ジャポン」というよび方が、今までより政治的差別語としての意味あいを増してきた。わざと日本移民の発音をまねた「ジャポン」といういい方が皮肉、軽視、軽蔑を表していた。自分たちとはちがった人間、人種、一段下の階級に属するというほかに、ブラジルの敵という意味が含まれだしたのだ。   ...

続きを読む »

CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でも伯人を助ける」

離任挨拶に来社した永井康之さん

 2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカセギに行く人も少なく、ボクもすぐに日本へ帰ると思っていた。でも ...

続きを読む »