ホーム | サンタクルス病院 関連記事

サンタクルス病院 関連記事

草の根=SC日本病院へ人工呼吸器=在サンパウロ総領事館が供与式13日

写真は左から、佐藤マリオ理事長、辻マルセロ院長、石川レナト評議会議長、桑名総領事(在サンパウロ総領事館提供写真)

 在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は5月13日、昨年7月28日に贈与契約を結んだ草の根・人間の安全保障無償資金協力の「サンタクルス病院人工呼吸器整備計画」の供与式を、同院82周年記念式典と共に行った。  昨年まで同院理事長を務め、現在は評議会議長を務める石川レナト議長は「人工呼吸器の寄付と、JICAの癌センター設立の ...

続きを読む »

特別寄稿=単身ブラジル駐在員コロナ体験記=「このまま死んでしまうかも…」=家族と咳こらえてビデオ通話

 私は、最近日本からサンパウロ市に単身赴任してきた新米駐在員だが、今年3月中旬に新型コロナウイルスに罹り、入院した。  当初、悪寒を感じ、検温したところ体温は37・3度。念のためPCR検査を受けたところ、『陽性』であった。それでも体調は悪くなく「しばらく自宅で療養していれば治るだろう」くらいに軽く考えていた。  ところが、発症か ...

続きを読む »

サンタクルス日本病院に改名=「国内トップレベル目指す」=最新がんセンター来年3月開設

病院の前で記念写真

 サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(佐籐マリオ理事長)は82回目の創立記念日4月29日を機に、病院名を「サンタクルス日本病院」に改名する式典を13日に同施設で行った。その際、佐籐理事長は「その名に恥じぬよう、国内トップレベルの病院となる事を目指します」との意気込みを語った。  マラリアや結核により奥地の耕地で次々に日本移民 ...

続きを読む »

サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり

左から柳澤渉外担当、辻委員長、佐藤理事長、平田グスタフォ法務部長

 サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS SANTACRUZ)」へと改名することを発表した。改名は4月の理事会で決定。石川レナト前理事長時代から設立時の「日本病院」へ戻そうと ...

続きを読む »

サンタクルス病院奇跡的回復遂げた患者の実話=一時は80%も肺機能喪失=足立医師「日頃の体力維持が重要」

足立カルロス医師

 昨年3月以降、サンタクルス病院(佐藤マリオ理事長)が1年間で記録した新型コロナウイルスによる入院者数は964人、その内134人が命を失った。今年3月には、パンデミック以降で最多の1日140人の救急患者を記録した。同病院に30年以上勤務し、現在はクリニカルディレクターを務める足立カルロス医師(66歳、ロンドリーナ生まれ、脳神経外 ...

続きを読む »

春の叙勲=多彩な分野から10人受勲=潮崎夫妻、中矢氏、サアジ氏ら=百周年や教育機関の功労者など

 日本政府は春の叙勲受章者を28日に発表した。ブラジルからは邦人叙勲2人、外国人受勲8人の10人が受勲した。受勲者と功績は次の通り。今回は、移民百周年関連や日系教育機関の功労者などが特に選ばれている。(敬称略) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで ...

続きを読む »

青年文協=献血活動に123人参加=若者主導で社会に貢献

献血中の参加者

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は4月9日9時から16時に、青年文協(ラファエル・ペターセン部長)主導の『文協献血キャンペーン』を多目的ホールで開催し、総勢123人が協力した。  現在、コロナ禍の影響で献血する人が激減しており、輸血用血液が不足していることから、サンタクルス病院とパウリスタ血液バンクの協力を得て実施さ ...

続きを読む »

ブラジル事務所に3人着任=企画調査員2人と健康管理員

企画調査員の宮下さん

 独立行政法人国際協力機構(JICA)のブラジル事務所(江口雅之所長)では1月に企画調査員の井口史子さん、3月に宮下和正さん(長野、41歳)、1月に健康管理員の速水早苗さん(愛知、45歳)が着任した。うち2人を16日にオンライン取材した。  企画調査員の宮下さんは以前エルサルバドル事務所で2018年から20年にかけて企画調査員を ...

続きを読む »

SC病院=新理事長に佐藤マリオ氏=拡張工事完成、研究強化掲げ

石川レナト前理事長と佐藤マリオ新理事長

 「将来的には日系医師の育成にも注力していきたい」――サンタクルス(以下SC)病院を運営するSC日伯慈善協会の新理事長に、先月就任した佐藤マリオ(二世、65歳)新理事長に今後の抱負を尋ねると、そう意気込んだ。同日伯慈善協会は3月15日に20年度定期評議会で石川レナト理事長が勇退し、第一副理事長だった佐藤氏が選任された。翌16日に ...

続きを読む »

援協役員会=リ医療センターでプラザッキ終了=友好病院院長に岡本セルジオ氏=日本のTVドラマに施設登場

挨拶をする税田会長

 サンパウロ日伯援護協会(税田パウロ清七会長)は2月25日(木)サンパウロ市の本部ビルで2月定例役員会を対面とオンライン会議システムを混合した形で開催した。各施設報告ではリベルダーデ診療所の近澤エドアルド寛所長から「サンタクルス病院が提供していたプラザッキ保険がプレベント・セニョールへ移行するにあたり、リベルダーデ医療センターで ...

続きを読む »