ホーム | サンタクルス病院 関連記事

サンタクルス病院 関連記事

コロナ対策、ここに気をつけて!=日系専門医が高齢者向け指南=援協とサンタクルス病院に取材

 新型コロナウイルス(COVID-19)の治療法が確立されていない現状、「罹患しないこと」と「感染を拡げないこと」が何よりも重要だ。特に重症化しやすく死亡率も高い高齢者は、家庭でどのような対処をすれば良いか。日伯援護協会で小児内科や巡回診察を行う荒堀幸子医師と、サンタクルス病院(HSC)の感染症専門医の矢野マイザ春美医師に聞いて ...

続きを読む »

今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも

 「今のイタリアは、3週間後のサンパウロかもしれない」――まるで世紀末に向かって黙示録のページを一枚、一枚めくるように、ブラジルのコロナ危機は毎日悪化の途を歩んでいる。冒頭に掲げた予測はあまりに悲しいが、現実にならないようにするには、今現在、相当の決断が必要だ。  どれだけ被害が身の回りに及ぶか想像もできない。読者の皆さんにはぜ ...

続きを読む »

数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!

 先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型肺炎の爆発的な蔓延が予想されている。日本やイタリアなどと同じく ...

続きを読む »

新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止

 中国を発生源とする新型コロナウイルス(COVID―19)のブラジル国内の感染者1人目が2月26日に発見された。それから2週間あまりの13日午前10時半現在で151人を数えるまでに急増し、今後さらに爆発的に増えると予測する専門家も出てきた。これを受け、コロニアでも近日開催予定だった各イベント、例えば県連ふるさと巡り(来週出発予定 ...

続きを読む »

松田明美さん=「おもてなし」日本語講座=SC病院第3期生が卒業式

 サンパウロ市サンタクルス病院(石川レナト理事長)が先月12日、職員を対象とした「おもてなし」日本語講座第3期生卒業式を別館講堂にて行った。昨年10月から週2回受講した衛生課、厨房職員、警護課等の34人が修了し、27人に卒業証書が授与された。  この講座は「おもてなし」をテーマに、日本語だけでなく日本文化や日本式の応対を知っても ...

続きを読む »

山形県人会=新会長、佐藤マリオさんに=会長交代あいさつで来社

 山形県人会は先月2日に同会館で定期総会を行い、5年間会長を務めた篠原俊巳さんが退任し、第一副会長だった佐藤マリオさん(63)が昇格した。挨拶のために豊田豊名誉顧問、佐藤マリオ会長、鈴木源治第一副会長、斉藤第二副会長、寒河江(さがえ)フェルナンド・フェレイラ・ラモス第三副会長、が先月28日に来社した。  佐藤新会長は「若い人の新 ...

続きを読む »

会議所昼食会=「中国経済悪化で世界流動化」=田中直毅氏が世界経済語る=「華僑が投資引き上げた」

 「中国経済の不安定化により、世界の流動性が高まっている」。ブラジル日本商工会議所(村田俊典(としふみ)会頭)の2月定例懇親昼食会が21日、サンパウロ市のマクソウドプラザ・ホテルで開催され、政治評論家で国際公共政策研究センター(CIPPS)理事長の田中直毅氏が「ブラジルをとりまく世界経済の今後」をテーマに講演し、そう警告した。 ...

続きを読む »

石川レナト氏がサンパウロ名誉市民章=「社会のために尽くしたい」=文協大講堂で盛大に授与式

 ブラジル日本文化福祉協会の会長及びサンタクルス(SC)病院の理事長を務める石川レナト氏(81、二世)のサンパウロ名誉市民章授与式が、今月12日夜に文協大講堂で開催され、約500人が祝いに駆けつけた。野村アウレリオ・サンパウロ市議が推薦した。  来賓の野口泰在サンパウロ日本国総領事は、「石川氏はNEC・ド・ブラジルの社長時代には ...

続きを読む »

石川レナト氏に名誉市民章=12日に文協大講堂で授与式

 ブラジル日本文化福祉協会会長およびサンタクルス病院理事長を務める石川レナト氏が、サンパウロ市議会から名誉市民章を授与されることになった。野村アウレリオ市議の提案。  2月12日(水)午後7時半から文協大講堂で授与式が行われる。当日は招待客のみ。招待状を受け取った人は2月3日までに、担当(valeria@cnl.com.br)ま ...

続きを読む »

コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀

 今年の日系社会で大きな節目だったのは、アマゾン日本人移住90周年だ。現地からの声を、今年後半、本紙ではできる限り紙面に掲載した。9位にある通り、県人会や各日系団体の周年行事も多かった。6位の「日本語教育推進法」は新年から実施され、その効果の程がいよいよ判明する。母県から助けてもらうばかりでなく、時には支援するという意味で、7位 ...

続きを読む »