ホーム | サンパウロ日伯援護協会 関連記事

サンパウロ日伯援護協会 関連記事

■今週末の催し

 15日(土曜日)  青葉祭り(宮城県人会)、午前7時、同会会館(Rua Fagundes, 152,Liberdade)      ◎  格安マッサージの日(鬼木東洋医学専門学校)、午前8時半、同校(Rua Astorga, 1019)      ◎  サンベルナルド日本祭(サンベルナルド・ド・カンポ日伯文化協会連合会)、午前 ...

続きを読む »

援協のお見合い会15日=ダンスや歓談楽しみながら

来社した一行

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)の福祉部は「第57回お見合い会」を15日午後1時から5時まで、援協本部ビル5階神内ホール(Rua Fagundes, 121, 5º andar, Liberdade)で開催する。参加費は援協会員が100レアル、非会員が130レアル。  当日はグループに分かれて歓談したり、手を繋いでフォー ...

続きを読む »

「日系社会には未来がある」=菊地110周年実行委員長講演会=業績の裏に秘めた熱い想い語る

画面を指さしながら説明する菊地さん

 「2回訪日して24県お願いして回って交通費、お土産代、ホテル代、食事代など使ったけど、1センターボも110周年協会のお金は使っていない。それを理解してくれた家族に心から感謝したい」―ブラジル日本移民110周年祭典委員会の菊地義治実行委員長(79、岩手県)は4月28日夜に県連会議室で行われた、サンパウロ人文科学研究所主催の講演会 ...

続きを読む »

援協で高齢者無料検診=400人まで、早めの予約を

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「第12回高齢者無料検診」を6月15日、16日の午前7時から午前11時まで、聖市のリベルダーデ医療センター(Rua Fagundes, 121, Liberdade)で実施する。先着400人まで。予約は来院または電話にて可能。  対象は70歳以上。検査項目は血圧、血液像、総コレステロール ...

続きを読む »

19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で

 日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。伯国からは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の一人、安永信一氏(71、三世)は、「とても嬉しい。自分一 ...

続きを読む »

菊池さん、日系社会の展望語る=コロニア今昔物語、28日

講師を務める菊地義治さん

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)による、日系社会やブラジル社会に貢献した日系人の記録を掘り起こす「コロニア今昔物語」が、今月28日午後6時半から文協ビル5階県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)で行なわれる。入場無料。  第21回目のテーマは「これからの日系コミュニティについて―その展望と提言」。サン ...

続きを読む »

立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(5)

長谷川さん

子供に願うことはポ語で遺す 【長谷川】家族が居ても自分の葬式については話しておいたほうが良いですよ。私の母が亡くなった時には父がお葬式をあげたので普通にできました。  ですが、父が亡くなったときには、急だったこともあって兄弟が葬式のやり方で揉めてしまって、それが原因で仲が悪くなってしまったんです。 【深沢】前もって葬式について意 ...

続きを読む »

立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(4)=子供がいない一世夫婦は?

お墓参りの様子(あかりさん撮影〈写真AC〉)

【上野】子供がやるやらないは別にして、言っておくことは大切ですよ。私の知人で若くして亡くなられた方がいた。その人の家族は皆キリスト教。でもその人は小さいときから日本語を習ってて、日本の魂があったんでしょうね、『自分が死んだときには仏教でやってくれ』って言うとったんですって。若いのに。  その後のミサとかは奥さんがキリスト教式でや ...

続きを読む »

野口総領事の誕生日祝う

誕生会の出席者

 リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)が野口泰在聖総領事の誕生会を7日、聖市のニッケイパラセホテルで開催した。約50人が出席。総領事は53歳を迎えた。  まず下本八郎元聖州議、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長らによる祝辞のあと、ゴルフウェアなどが贈られた。ケーキカットが行われ、サンパウロ日伯援護協会評議員会の菊池 ...

続きを読む »

立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(2)

40年余の間、邦字紙記者として過ごした石塚大陸さん

独身者が亡くなったら? 【深沢】大部総領事のエピソードに加え、なぜいま終活の座談会を企画したのかというと、ニッケイ新聞に長年勤めた名物記者の石塚大陸さんが昨年10月に突然亡くなったことがあります。  彼は生涯独身で、パウリスタ新聞の元記者Mさんと80年代から30年以上も一緒に住んでいました。ある日転倒して頭を強く打ち、一週間ほど ...

続きを読む »