ホーム | サンパウロ日伯援護協会 関連記事

サンパウロ日伯援護協会 関連記事

援協=JICA助成金に感謝=コロナ禍ダメージを回復=「ブラジル社会に貢献する」

 「ブラジル中が未曾有のパンデミックで苦しむ中、JICA助成金のおかげで健全な経営に戻り、傘下の福祉施設では入居者の環境改善も可能になりました」と園田昭憲副会長は感謝した。職員数が約2500人を超える日本国外では世界最大級の日系団体、サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は、5月の定例会議でJICA施設等整備助成金交 ...

続きを読む »

在サンパウロ総領事館=栄えある外務大臣表彰を伝達=個別にオンラインで授賞式=「皆さんの支えのおかげ」

 【既報関連】在サンパウロ総領事館(桑名良輔総領事)は、5月10日~18日にかけて「令和2年外務大臣表彰」サンパウロ管内の受賞者9人に、オンラインで個別授賞式を開催した。その内の4人に受賞した現在の気持ちを電話取材した。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけ ...

続きを読む »

特別寄稿=幸運と努力、移民魂と根性の人=篤志家・堀井文夫氏への追悼の辞=サンパウロ日伯援護協会評議員会長 菊地義治

 堀井氏逝去の知らせを聞き、日系社会の重鎮であり、事業家の大切な人が亡くなり愕然としました。コロナ禍中で病気に打ち勝って、元の元気で温厚で柔和な姿で退院も間近と待ちわびておりました。  人生は無情と言われておりますが、87歳という年齢には不足は無いと思いますが、まだまだ壮健であり、やり残された事業もあり、パラダイス・クラブの建設 ...

続きを読む »

こどものその=懸賞付き寄付を募集中=抽選でホンダ車当たる!

懸賞付き寄付の広告

 サンパウロ市の日系福祉団体「こどものその」(小田セルジオ会長)が募金活動「Ação de Contribuição Solidária 2021」で寄付を募っている。これは同福祉協会に加えて、「サンパウロ日伯援護協会」(税田清七会長)と救済会「憩の園」(吉岡黎明会長)が協力し開催が実現した。  この寄付は100レアルから可能で ...

続きを読む »

援協が総会と定期評議員会=合計で年間予算6億1千万レ=「社会から信用される貢献を」

挨拶をする税田会長

 サンパウロ日伯援護協会本体、並びに、その福祉部と傘下老人ホーム4施設を含む日伯福祉援護協会(税田パウロ清七会長)は、「定期総会」及び「定期評議員会」を先月29日(木)、援協ビル5階で開催した。20年度事業及び決算報告の討議と承認並びに、21年度事業計画と予算の承認が行われた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、 ...

続きを読む »

サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり

左から柳澤渉外担当、辻委員長、佐藤理事長、平田グスタフォ法務部長

 サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS SANTACRUZ)」へと改名することを発表した。改名は4月の理事会で決定。石川レナト前理事長時代から設立時の「日本病院」へ戻そうと ...

続きを読む »

援協役員会=コロナ入院者先月より減少=落ち着くも高止まりの友好病院

会議の様子

 サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は4月22日(木)10時から『4月定例役員会』を遠協本部ビルで、対面とオンライン混合で開催した。先月の役員会では、コロナ感染爆発で切迫した状況が報告されたが、今月は多少落ち着きつつも高止まりした危険水準で推移していることが報告された。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンク ...

続きを読む »

友好病院「酸素や薬足りない」=援協医療現場が切迫状態に=会員50人増で滑り出し好調

挨拶する税田会長

 サンパウロ日伯援護協会(税田パウロ清七会長)は3月25日(木)に3月定例役員会を援護協会ビル5階とオンライン会議システムによる混合で開催した。事務局報告では、日伯友好病院やサンミゲルアルカンジョ(SMA)病院でも薬や酸素が足りず切迫した状態になっていると前園事務局長が報告した。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え ...

続きを読む »

県連代表者会議=JICAコロナ助成金説明=援協が県人会会員割引も

オンライン代表者会議の様子

 ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)の「2月度代表者会議」が先月25日、オンラインアプリ「ZOOM」で行なわれ、各県人会代表者や役員が50人参加、ポルトガル語を中心に開催された。 会議では、JICAによる日系社会支援や、サンパウロ日伯援護協会が会員向けの安価なプランを用意したこと、日本祭りの進捗、県人会新会長を中心に ...

続きを読む »

特別寄稿=追悼文 大浦文雄さん=「レンガですか?」に集約された人生=聖市在住  大浦玄(編集部注=『子供移民・大浦文雄』著者)

 大浦文雄さんは、1924年10月21日香川県坂出市に長男として生まれ、4歳半の1929年3月に親、叔父、兄弟とともに『備後丸』に乗り5人の構成家族でブラジルに移住した。  サンパウロ州パウリスタ線サンタエウドーシア耕地に入耕。1930年にスザノ市に入り、1933年にモジ・ダス・クルーゼス郡コクエーラへ転耕。1935年スザノ郡ビ ...

続きを読む »