ホーム | ニッケイ 関連記事

ニッケイ 関連記事

憩の園=ユーチューブで感謝ライブ開催=デリバリーで日本食販売も

憩の園感謝ライブ

 救済会(吉岡黎明会長)が運営する日系高齢者福祉団体「憩の園」は、16日にオンラインで「憩の園感謝ライブ」、15日と16日に「憩の園日本食デリバリー」を行う。吉岡会長は「憩の園はこのコロナ禍でも、多くの方に寄付や支援をいただいたおかげで、本当に助かっています。今回のイベントはそんな方々に感謝の思いを伝えるため、開催することにしま ...

続きを読む »

ACAL七夕祭り無事開催=ドライブスルーやネット短冊=オンライン芸能も盛り上げる

ACAL関係者(右から3番目が池崎会長)

サンパウロ市のリベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は、8月2日に第42回七夕祭りを開催した。「今年はコロナの影響で開催できるか不安でしたが、無事短冊を飾ることができて本当によかった。この災禍でも短冊に願い事を書きにきてくれて本当に心の底から嬉しい気持ちがこみ上げてきます」――池崎会長(熊本県)は伝統の重みを感じなが ...

続きを読む »

田中茂元参議院議員から本紙に応援メッセージ

田中しげる元参議院議員

 中曽根康弘元総理の秘書を25年間務めた、元参議院議員の田中茂さんが、ニッケイ新聞に以下のような応援のメッセージを寄せてくれました。     ☆  ブラジル日系人の方たちは、日本に住んでいる日本人以上に「日本人の心」を大切にされています。  長年にわたりニッケイ新聞はその心を後世の人たちへ伝え続け、さらに日本とブラジルの交流の架 ...

続きを読む »

ACAL=コロナに負けず七夕祭り開催=オンラインとドライブスルーで=特別に短冊もネット販売!

左からACALのフルノ・マサヨシさん、チカザワ・マリーナさん、池崎博文会長

 リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は、第42回七夕祭りを8月2日にオンラインとドライブスルーで行うと、20日に記者会見して発表した。同祭は例年、サンパウロ市のリベルダーデ日本広場で開催されていたが、新型コロナウイルスの感染防止につき、本年は特別のやり方に変更となった。池崎会長は「コロナの影響でリベルダーデも暗く ...

続きを読む »

特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操

①日系社会の現状と問題点 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック! 1.「今、日系社会の存続が危うい!」。こう言うと「何をそ ...

続きを読む »

大耳小耳

 居酒屋「一茶」でも6日から昼だけ店内で食事ができるようになった。午前11時半から午後2時半まで。メニューは、クアレンテナ下でやっているお弁当メニューが中心。幕の内弁当(38レアル)も店内で食べられる。人気のお好み焼き、カツカレー、焼き魚弁当、焼きうどんなどは35レアル。夜は午後5時半から8時半まで、今まで通り携帯アプリのRap ...

続きを読む »

特別寄稿=日本語教育推進法基本方針の閣議決定に思うこと=ブエノス・アイレス在住 秋山 郁美

コロナ直前にアルゼンチンへ家族で赴任 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  今日学校でどんなことやったの?  わからな ...

続きを読む »

福島県白河市が投句呼びかけ=「芭蕉白河の関俳句賞」へ=ブラジル在住者もどうぞ!

俳句賞チラシ

 福島県白河市役所(鈴木和夫市長)が主催する第2回「芭蕉白河の関俳句賞」には、本年度から海外特別賞部門が設立され、世界最大の日系社会を持つブラジルからの投稿を呼びかけている。海外部門特別賞のテーマは「みちのく」投句料は無料。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクを ...

続きを読む »

大耳小耳

     ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた。クアレンテナ解除でやや生活の不便さも解消されるが、場 ...

続きを読む »

コロナ災禍=連帯メッセージリレー(13)=希望を持って毎日を過ごそう!=焼きそばの宅配で資金集め

南日伯援護協会谷口浩会長

 私たちの住むリオ・グランデ・ド・スール州は、他の州と比べるとコロナウイルスの感染拡大は全国の州の中で18番目と、低い水準を保っています。それでも様々な感染防止手段の導入とともにニッケイ社会も警戒態勢が取り入れられています。  私たちの日系社会には数多くの日系人一世をはじめとする高齢者がおり、援協の会員もほとんどはコロナウイルス ...

続きを読む »