ホーム | バイーア 関連記事

バイーア 関連記事

《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供

 ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、それも感染拡大につながる可能性があり、多くの州で禁じら ...

続きを読む »

ブラジル株=年初から44・7%目減り=10日で6回目のストップ安

 【既報関連】新型コロナウイルスショックが深刻化すると共に、売られる一方のブラジル株とブラジルレアルだったが、18日もサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は11・45%ダウンの6万6075・8ポイント(P)、為替相場も3・9%ドル高の1ドル=5・19レ(共に午後5時現在)をつけた。  ブラジル株は18日午後1時18分に1 ...

続きを読む »

WHO=コロナ検査の拡大適用を要請=「簡単ではない」とブラジル保健省

 【既報関連】ブラジル保健省は、世界保健機関(WHO)の勧めに従い、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の検査条件を拡大し、今より多くの人々を検査することを検討していると、17日付ブラジル紙が報じた。  ブラジルは現在、重い風邪の症状があり、ウイルス蔓延国に滞在履歴があるか、滞在履歴がある人と接触した場合と、感染経路がも ...

続きを読む »

《コロナウイルス》ブラジル国内の感染者は13人に=バイーア州で1人、サンパウロ州で4人増=DF在住女性も確認待ち

 【既報関連】バイーア州保健局は6日朝、同州フェイラ・デ・サンターナ市に住む34歳の女性が新型コロナウイルス感染症(COVID―19)に感染していることを確認した。  また、同日午後のブラジル保健省の会見でも、サンパウロ州在住の感染者が4人増えたと発表された。これでブラジル国内の感染者は13人になった。6日付ブラジル国内各紙・サ ...

続きを読む »

《ブラジル》新型コロナウイルス検査体制を確立中=検査キット配布、トレーニングも開始

 リオ市にある、保健省管轄の研究機関、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は4日、各州で新型コロナウイルス(COVID―19)の検査を担当する研究所向けの診断キットの配布を始めた。  ブラジルではこれまで、コロナウイルスへの感染の有無の検査は、Fiocruzと、サンパウロ州、パラー州、ゴイアス州の3州の研究所だけが行っていた ...

続きを読む »

復興する福島を海外に伝える=移住者子弟の受入研修=(6)=廃炉措置のための最新技術

 震災から9年が経った今も、福島第一原子力発電所は閉鎖されたままだ。原発の廃炉措置、そして福島県の環境回復と住民の早期帰還に向けた取組は続いている。  廃炉推進のためには、放射線量率が高い場所で作業を行うことが多いため、遠隔技術の開発は不可欠だ。災害時対応として応用の利く技術でもある。  そこで国立研究開発法人日本原子力研究開発 ...

続きを読む »

リオ州水問題=活性炭使う「ろ過装置」始動=「1週間以内に解決」と知事

 【既報関連】リオ州水道局(Cedae)は23日、リオ大都市圏のノヴァ・イグアス市にあるグァンドゥ浄水場で、活性炭を装着したろ過装置を稼動させ始めた。同日付現地サイトが報じた。  1月のはじめから、リオ市内の数十の地区住民と、リオ市に隣接するバイシャーダ・フルミネンセと呼ばれる地域の市の内、少なくとも6市の住民から、Cedaeが ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》今年もフラメンゴが主役の予感=トップチームの公式戦にU20を出す余裕も

 昨年12月8日にブラジル全国選手権が終了してわずか41日。ブラジル各地で2020年サッカーシーズンが幕を開ける。  18日にはリオ州、パラナ州、ペルナンブッコ州で、21日にはミナス州で、22日にはサンパウロ州、リオ・グランデ・ド・スル州、バイーア州で州選手権が開幕する。  18、19の週末に州選手権が一斉に始まらないのは、ブラ ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(193)

 樽が町に出たのは松吉も農地からはなれ、近郊でなにか別の仕事を始めようと考えていたからだ。行き先はサンカルロスではなく、首都サンパウロに近いサントアンドレーという町だった。  樽はもうしばらくサンカルロスに残り、農業以外の仕事をしようと決めた。ノーベ・デ・ジュリョ街に「バール・アイスクリーム」という名の店を開けた。10年ほどたっ ...

続きを読む »

《ブラジル北東部》原油漂着による汚染問題=899カ所に漂着も、目だった汚れは26カ所

 8月末から続くブラジル北東部を中心とした海岸への原油漂着に関し、ブラジル環境省、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)が、12月5日現在の汚染状況を発表した。  それによると、原油漂着の影響を受けたのは、北東部9州と、南東部のエスピリトサント州、リオ州を合わせた全11州で、市の数は127に上る。  調査によると、量の多少を ...

続きを読む »