ホーム | ペトロブラス 関連記事

ペトロブラス 関連記事

《ブラジル》ボウソナロ氏が当選後の政策大綱を発表=4省を統合して新経済省に=ペトロブラスは民営化とも=不安視される社会保障は?

ボウソナロ氏(Miguel Ângelo/CNI)

ボウソナロ氏(Miguel Ângelo/CNI)  大統領選で高い支持率を記録しているジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)が14日、自身が政権をとった場合の政策大綱(ガイドライン)を発表。経済関係の4省を統合し、ペトロブラスなどの公社は民営化し、最低所得を保障するための社会福祉政策は維持するなどとした。15日付現地紙 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選討論会 初回はぬるい議論に終始 ボウソナロは攻撃せず アウキミンに質問が集中 PTは同時間にネット放送

9日の討論会(Kelly Fuzaro/Band)

9日の討論会(Kelly Fuzaro/Band)  9日夜、バンデイランテス局で今回の大統領選では初となる候補者の討論会が開かれたが、労働者党(PT)候補が参加せず、高支持率の極右候補ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)に質問があまり飛ばないなど、議論の盛り上がりに欠ける内容となった。10日付現地紙が報じている。   ...

続きを読む »

《ブラジル》国家公務員に違法な支払い=1万2千人以上に7億レアル超=複数職務の給与二重払いなど

アナ・アラエスTCU判事(写真は2010年連邦下議時代・Agencia Camara)

 ブラジル連邦会計監査院(TCU)が国家公務員の給与明細を監査した結果、国家公務員1万2658人に違法な給与支払いが行われていたことが分ったと、6日付現地紙が報じた。  確認された違法支払いの総額は、年間7億3060万レアルに及ぶ。なお、この他にも4380件の違法給与支払いが疑われる案件もあるが、詳細は未確認だ。  違法支払いの ...

続きを読む »

《ブラジル》国営銀行BNDESの事業融資総額がGDP1・2%に=過去20年平均比率の半分=「ブラジル企業がドル高に弱くなる」とも

BNDESも方針の転換を迫られている。(Agencia Brasil)

BNDESも方針の転換を迫られている。(Agencia Brasil)  ブラジルでの社会開発事業への支援を目的とした国営銀行、社会経済開発銀行(BNDES)による今年の融資総額は、国内総生産(GDP)の1・2%にあたる830億レアルになる見込みで、対GDP比率としては最近20年間の平均値2・3%のほぼ半分になると、3日付現地紙 ...

続きを読む »

7月のIGP―Mは0・51%、12カ月累積は8・24%上昇=原油高、為替、トラックストが影響か

 賃貸住宅の家賃契約の際、または年次調整の際の指標として使われる総合市場物価指数(IGP―M)の7月の指数が0・51%だったと、7月30日に発表された。(IGP―Mは、前月の21日からその月の20日までで算出されるが、6月21日~7月20日の指数を便宜上、「7月のIGP―M」とする)  6月のIGP―Mは1・87%だったので、イ ...

続きを読む »

《ブラジル》三権の混乱が企業活動妨害=大統領選候補者に「リスク表」を配布=「まるで幽霊列車」の表現も

最高裁のレヴァンドフスキ判事(Carlos Humberto/SCO/STF)

最高裁のレヴァンドフスキ判事(Carlos Humberto/SCO/STF)  ブラジルでは、連邦政府、連邦議会、司法の3者が矛盾する動きをとっており、インフラ投資を停滞させていると23日付現地紙が報じた。  ブラジル基礎工業・社会インフラ産業会(Abdib)は、道路、下水、港湾、空港整備事業、エネルギーなどの諸分野で法的リス ...

続きを読む »

《ブラジル》ルーラ氏による捜査妨害裁判結審=証拠不十分で全員が免罪に

逮捕直前にABC地区の金属労組前で開催されたミサでのルーラ元大統領(Paulo Pinto、07/04/18)

逮捕直前にABC地区の金属労組前で開催されたミサでのルーラ元大統領(Paulo Pinto、07/04/18)  ブラジリア連邦地裁第10小法廷のリカルド・レイテ判事が12日、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の捜査妨害の嫌疑での審理で、ルーラ元大統領らを免罪とする判決を下したと同日付現地紙サイトが報じた。  同件は2016年に、デウ ...

続きを読む »

《ブラジル》公社民営化に最高裁が待った=議会未承認での公社株の売却を禁ずる予備判決

 最高裁のリカルド・レヴァンドウスキ判事は27日、議会の承認なく、政府が公社の民営化を行うことを禁ずる予備判決を下したと、同日付現地サイトが報じた。  同判事の予備判決は、全国連邦貯蓄銀行労働者連盟(Fenaee)や全国金融業界労働者連盟(Contraf)が起こしていた、「公社法の定める『政府、州政府、市は公社を自由に経営できる ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁=グレイシ・ホフマン無罪に=証拠不十分で立証出来ず=今後のLJの審理の行方は=気になるルーラの釈放要請

PT党首就任式でのホフマン氏(右)とルーラ氏(Ricardo Stuckert)

PT党首就任式でのホフマン氏(右)とルーラ氏(Ricardo Stuckert)  ブラジル最高裁第2小法廷が19日、労働者党(PT)党首で上議のグレイシ・ホフマン氏と、夫で元企画、通信相のパウロ・ベルナルド氏らに対する、2010年上議選での収賄・資金洗浄疑惑に関する審理を行い、証拠不十分で無罪とする判決を下したと20日付現地紙 ...

続きを読む »

座談会=ここが違うぞ、日伯の法律事情=改正労働法はどんな影響が出た?=ビジネスにおける倫理と文化の違い

【司会進行】 古杉征己(ブラジルの日本人弁護士) 1974年広島県生まれ。大学卒業後まもなくの2000年に渡伯。FMU大学に通い直し、2016年在学中にOAB合格。ブラジルの弁護士資格を持つ、平成の自由渡航者。人文研理事。             深沢正雪(本紙編集長) ...

続きを読む »