ホーム | 漫画 関連記事 (ページ 2)

漫画 関連記事

春の文協古本市、21日=ボランティアも募集中

(左から)布施さん、金田実行委員長

 ブラジル日本文化福祉協会の図書委員会(川原崎隆一郎委員長)は「春の古本市」を21日(日)午前9時から午後3時まで、文協展示室(図書館階下)(Rua Sao Joaquim, 381)で開催する。  約2万冊もの古本(マンガ、文芸書、辞典、学術書など各種)が2~10レアルという安価で販売される。  今年4月の「秋の古本市」では、 ...

続きを読む »

日本語祭りで全伯生徒作品展=日本語センターで21日

来社した一行

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は「2018年度日本語祭り」を21日午前9時から、ブラジル日本語センター(Rua Manoel de Paiva, 45, Vila Mariana)で開催する。  同祭では、全伯の日語校を対象に行なう作品コンクールの展示会と表彰式が行なわれる。今年は書道、絵画、硬筆、作文、まんが・ア ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■フォノマギ書店が移転完了

店内の様子

 サンパウロ市リベルダーデ区の伝統あるフォノマギ竹内書店(麻生譲治店長)が、ニッケイ新聞前のグロリア街299番に移転し、8日に開店した。  麻生店長が「国内一の在庫数だと思う」と誇る日本の文庫本のほか、漫画、日語教科書、手工芸本、服飾雑誌など豊富な品揃えとなっている。  問い合わせは同店(Rua da Gloria, 299, ...

続きを読む »

《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》

第70回全伯短歌大会の様子

 《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》(天野まゆみ)―第70回全伯短歌大会の折、「コロニア短歌らしかぬ空想科学小説(SF)的な作品だ」と首をひねっていたら、選者の上妻博彦さんが鑑賞批評の中で「なんと現代的な短歌かと思っていたら、孫の作品でした。私が短歌を薦めたら、こんなのを作ってきた。ブラジル生まれで日本育ち。 ...

続きを読む »

ポルト・アレグレ=日本祭り、過去最高の9万人=地域に愛される一大イベントに(下)=アニメイベントで若者呼び込む

かるたを紹介するアウドレイさん(右)と説明を聞くビッカさん

 校舎の各教室では書道や生花、切り絵、着物の着付けなどのワークショップや展示が行われた。歌がるたを紹介していたクリスチャン・アウドレイさん(23)は競技かるたを題材にしたアニメ「ちはやふる」を観て関心を持ち、同アニメファンの友人らと研究会を立ち上げた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだ ...

続きを読む »

日系人の日本語離れ

 ポレト・アレグレ市の日本語学校は生徒数120人。校長の大澤秀子グチエシスさん(60代、北海道)は「17、8年前は生徒が40人で経営難だった」と言う。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボ ...

続きを読む »

世界のポップカルチャー集合=ワールド・ポップ・フェス

イベントを楽しむコスプレイヤー

 ヤマト・ミュージック社(近沢隆社長)が7月20、21、22日の3日間、サンパウロ市ヴィラ・ギリェルメ区のマート・センターで「ワールド・ポップ・フェス」(WPF)を開催した。同イベントには映画やアニメ、音楽、ゲームなど多様なポップカルチャーが集まり、ファンを楽しませた。  同社は昨年までアニメ・フレンズを主催していたが、別会社に ...

続きを読む »

漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」

小林副学長

 サンパウロ市のリオブランコ大学は7月21日に「漫画―歴史、様式、社会的役割―」と題したセミナーを開催し、同学や市内の他大学の教授らが講演を行った。セミナーを後援した明治大学からは小林正美副学長が来伯。小林副学長に漫画の文化としての側面や、同セミナーの意義を取材した。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新し ...

続きを読む »

フォーリャ紙=世界の名作映画30巻のDVDを毎週発売=日本の黒澤や溝口も含む

 ブラジルを代表する大手新聞社、フォーリャ紙が、8月5日から毎週日曜日に30週にわたり、名作映画のDVDを発売する。  フォーリャはこれまでにも、クラシック作曲家の代表曲を収めた子ども向けのCD付漫画偉人伝や、ブラジルの有名な民話を30週のシリーズにして発売し、好評を得ていたが、今回は名作映画のDVDだ。しかも、それは、主に19 ...

続きを読む »

日本祭り=日系企業や進出企業も出展=池崎商会で移民史トンネルも

池崎商会のブース入り口をくぐると日本移民の歴史を伝えるトンネルへ

 先週の7月20~22日の3日間、サンパウロ市EXPOセンターで行われた県連の日本祭りでは、当地日系企業や日本からの進出企業も出展していた。特に目立っていたのは、3千平方メートルもの広さのブースで一般消費者向けに「Beauty Fair」を行なった池崎商会(池崎博文名誉会長)だ。ブース前に豪華な鳥居を設置し、入り口をくぐると日本 ...

続きを読む »