ホーム | PT 関連記事

PT 関連記事

ボウソナロ優勢のまま乗り切るか=28日、いよいよ決戦投票=思い切って占う、新政権でどう変わる!=聖市在住 駒形 秀雄

ボウソナロ大統領候補(Foto Tânia Rêgo/Agência Brasil)

 10月7日の総選挙で新しい国会の議員は決まりましたが、大統領はボウソナロとハダジ、2候補の決戦投票(28日)になりました。  今までの支持率調査では、ボウソナロ(PSL党)59%、ハダジ(PT党)41%という数値が続いており、あと1週間もない投票日に向けて両陣営の激しい追い込み活動が続いております。  今回の大統領選挙では両候 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選=ボウソナロが「自分には止められない」と=ワッツアップの虚報疑惑に答え=ハダジとシロは選挙高裁に提訴=選挙検察が疑惑の捜査へ

ボウソナロ氏(Fernando Frazão/Agencia Brasil)

ボウソナロ氏(Fernando Frazão/Agencia Brasil)  大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏(社会民主党・PSL)は18日、同日付フォーリャ紙で報じられた、企業が大金を払って、対立候補のフェルナンド・ハダジ氏や労働者党(PT)に関する大量のフェイクニュース(虚報)をワッツアップで流す契約を結んだ疑惑に関し ...

続きを読む »

《ブラジル大統領選》両候補、環境政策で大差=「パリ協定離脱」語るボウソナロ=「不法伐採増える」の声

サルバドール市で行われた、市民への苗木の配布(参考画像・Bruno Concha/Secom)

サルバドール市で行われた、市民への苗木の配布(参考画像・Bruno Concha/Secom)  大統領選の決選投票を28日に控えるジャイール・ボウソナロ(自由社会党・PSL)、フェルナンド・ハダジ(労働者党・PT)両候補の環境政策は、「風力発電、太陽光発電への投資を促進する」の一点以外は大きく異なると、19日付現地紙が報じた。 ...

続きを読む »

ダッタフォーリャ=「ボウソナロ、討論会に出ろ」=国民の73%が希望する

 18日に発表されたダッタフォーリャの世論調査で、国民の73%が、大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏(社会民主党・PSL)にフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)とのテレビ討論会に出席するよう望んでいることがわかった。19日付現地紙が報じている。  ボウソナロ氏は9月6日にミナス・ジェライス州での選挙活動中に刺傷事件を受けて ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロがフェイクニュース拡散を依頼か=協賛社が違法献金1200万レ?=専門企業に任せ虚報攻勢か=投票日の10日前に新疑惑

17日のボウソナロ氏(Tania Rego/Agencia Brasil)

17日のボウソナロ氏(Tania Rego/Agencia Brasil)  今回の大統領選ではフェイクニュースの量産が問題となっているが、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)を支持する企業が、労働者党(PT)のフェルナンド・ハダジ氏に不利になるようなフェイクニュースを大量にまく契約を交わしているとの疑惑を18日付フォ ...

続きを読む »

《ブラジル》公共事業の民間委託問題=新政権に難題引き継がれる=52の計画が入札もまだ

貨物鉄道の整備にも、民間投資は不可欠だ。(参考画像・Ivan Bueno/APPA)

貨物鉄道の整備にも、民間投資は不可欠だ。(参考画像・Ivan Bueno/APPA)  新大統領が決まる28日の決選投票を10日後に控えた18日、ブラジル現地紙が「新政権は現テメル政権から少なくとも52の公共事業民間委託計画を引き継ぐ」と題する記事を掲載した。  同紙は、現政権が企画した計画中、少なくとも52は来年以降の入札とな ...

続きを読む »

《ブラジル》連邦警察が幻覚剤の製造分配犯を摘発=錠剤製造機購入で足がつく

捜査のきっかけともなった錠剤製造機(PF/Divulgação)

 ブラジル連邦警察が17日、幻覚剤のエクスタシーを製造し、郵便で全国に送っていたグループを摘発する作戦を敢行し、4人を逮捕、薬剤や錠剤製造機、連発銃などを押収したと同日付現地紙サイトが報じた。  イプステル作戦と命名された摘発作戦では、25人の警官が、パラナ州クリチバ市など、複数の州で逮捕令状と家宅捜査令状を執行した。一時逮捕さ ...

続きを読む »

サンパウロ州知事選決選投票=ドリアとフランサ互角に=現状で52%対48%

 17日、サンパウロ州知事選に関するイボッピ(ブラジル世論調査・統計機関)の世論調査が発表され、前サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)と現知事のマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)がほぼ互角になっていることがわかった。18日付現地紙が報じている。  一次投票の時点でのドリア氏の得票率は31・77 ...

続きを読む »

大衆迎合的な独裁政権への道?=伯国大統領選どっちが勝っても=パラグァイからの見方=アスンション在住 坂本邦雄

ボウソナロ(Fernando Frazao/Agencia Brasil)

 去る7日(日)、ブラジルの総選挙第1ラウンドで、極右の大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏が圧倒的な勝利を得た事は、ラテンアメリカの政治図を右寄りに転向させる一方、世界で近頃は又人気が上昇傾向の、強権指導者台頭に良い追風になりそうである。  アメリカのドナルド・トランプ大統領を礼賛するボウソナロ氏は、第1ラウンドで46%の投票を ...

続きを読む »

まるで「ロッキードの後の2・26」

17日、チリのピノチェ独裁政権擁護の政治家たちと会談するボウソナロ氏(@jairbolsonaro)

17日、チリのピノチェ独裁政権擁護の政治家たちと会談するボウソナロ氏(@jairbolsonaro)  大統領選はどうやらジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、伯国や南米があたか ...

続きを読む »