ホーム | サンバ 関連記事

サンバ 関連記事

心田を開発するアマゾン森林農法=フィリピン農業に貢献した日本人=神奈川県在住 松田パウロ(林業技師)=(1)

 南洋から南米へ――海外雄飛する日本人の勤労の美徳は、進化を続けている。  モーレツな奥地前進主義に挫折し、勤勉の限界を知る時、余暇の有効活用の重要性に目覚める。  熱帯圏では、機械も人間も消耗が激しく、燃料以上に潤滑油の補給が重要になることを。  完全に壊れてしまっては修理できない熱帯圏の過酷さは、移り住まないことには理解でき ...

続きを読む »

東西南北

 5日、サンパウロ市中央部ルーズベルト広場のすぐ傍にあり、サンパウロ市東部と西部を結ぶトンネルで、トラックの荷台が跳ね上がり、車体が急停止し、動けなくなる事態が起きた。事故発生は午前1時30分頃で、東部に向かっていたトラックが、トンネルに入る道路に出来ていた穴の上を通り過ぎた際、カサンバ(荷台)の留め金が外れ、トンネルに入った直 ...

続きを読む »

今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき

 24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、アギア・デ・オウロが披露した「原爆によるきのこ雲」についてだった ...

続きを読む »

サンパウロ=アギア・デ・オウロが初優勝=原爆ドーム山車に賛否両論も=今年も日本人・日系人大活躍

 先週末から毎年恒例のカーニバルが各地で行われ、サンパウロ市ではスペシャルグループに所属する14エスコーラ(チーム)がパレードを21、22両日夜から翌朝にかけてサンバパレード専用会場で披露した。日本人サンバダンサーやブラジル駐在員もあちこちのチームで参加した。中でも「知識の力」をテーマにしたチーム「アギア・デ・オウロ」のパレード ...

続きを読む »

サンパウロ市カーニバル=「情熱、奥深さに惹かれる」=日本移民讃えた山車も登場

 21日夜、サンパウロ市カーニバルの一番手で行進した「バロッカ・ゾナ・スル」には、10年以上も毎年出場する葛西叙江さん(埼玉県)と、彼女のサンバ・ストレッチ・筋力トレーニング教室の生徒ら約50人が参加した。  葛西さんは花形ダンサーの一つデスタッキを演じ、「今年も直前の衣装受け渡しで慌てたが、全員で参加でき、山車や演出、楽曲も良 ...

続きを読む »

CONFRA=過去最高の参加者数で盛大に=日系スポーツ親善競技大会=鈴木馨祐外務副大臣が初出席

 中南米の日系選手が集まって親睦を深めるスポーツ大会「CONFRA BRASIL HONDA 2020」(Confraternidade Esportiva Internacional Nikkei日系スポーツ親善競技大会)が13~16日まで、サンパウロ州アルジャー市のニッポン・カントリー・クラブを中心に開催され、中南米8カ国か ...

続きを読む »

《ブラジル》カーニバル=空港に着いた観光客を魅了=リオは展示、サンパウロはサンバで

 ブラジルでカーニバル色が一段と強まる中、リオ市のトム・ジョビン空港やサンパウロ市のコンゴーニャス空港は、空港に到着したばかりの観光客にもカーニバルの雰囲気を味わってもらうための工夫を凝らしていると17、19日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  トム・ジョビン空港では17日から3月2日までの日程で、同空港を利用する乗客が最初に ...

続きを読む »

ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩

ボサノーヴァ創世記に飲み歩いた音楽仲間たち  ブラジルの有名な奇人ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトが昨年7月6日88歳で他界したニュースは、世界中の多くのマスコミで「ボサノーヴァの創始者」として大きく扱われました。中には「ブラジル音楽を改新して世界へ広めた功績者だから国葬にすべきだ」なんて書いた音楽評論家もありました。  私 ...

続きを読む »

3年連続でリオ路上パレード=東京のサンバチームQSVPC

 東京都を拠点に活動するサンバチーム「ケール・スウィンガール・ヴェン・プラ・カ」(以下QSVPC、宮澤摩周代表)が、今年も23日午前11時から、リオ市ヴィラ・イザベル区のバラォン・デ・ドゥルモンド広場で路上パレードを行う。  作曲家で打楽器奏者の故メストリ・トランビッキ氏の教えを日本で体現するために、代表の宮澤氏が2012年に同 ...

続きを読む »

東西南北

 10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人も多かった。また、月の半ばにも達していない11日午前 ...

続きを読む »