ホーム | サンパウロ 関連記事

サンパウロ 関連記事

《ブラジル》14日 全国的だが腰砕けのゼネスト=州都などで交通機関に支障=予想より規模小さく限定的=社会保障制度改革への影響は?

サンパウロ市地下鉄バラ・フンダ駅(Nacho Doce/Reuter)

 14日、社会保障制度改革と教育費カットに反対するゼネストが全国規模で行われ、各地の交通機関などが麻痺する事態に襲われた。14日付現地サイトが報じている。  サンパウロ市では、労組側が当初、「地下鉄、CPTM(都電)、SPトランス(バス)」は「24時間の全面スト」と宣言していたが、実際にはCPTM、SPトランスは100%運行した ...

続きを読む »

《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力

 ブラジルのみならず、南米、南欧圏でも活躍したジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏が14日未明、心筋梗塞を起こした7日から入院中だった、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院で死去した。76歳だった。14日付現地サイトが報じている。  1943年にサンパウロ市で生まれ、同市ビシーガ地区で育ったロッシ氏は、63年にカスペル ...

続きを読む »

東西南北

 14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分運行だった1~3号線の利用者は、運行区間に届くまで、 ...

続きを読む »

サッカー日本代表=公開練習で現地日本人と交流=750人が応援に集まる

練習を行う選手

 コパ・アメリカに参戦するため、12日にブラジルに到着したばかりのサッカー日本代表は、早速翌13日に聖市バラ・フンダ区にあるサンパウロFCトレーニングセンターで公開練習を行った。日系学校の生徒や駐在員ら約750人が見学と応援に訪れ、選手たちに大きな歓声を送っていた。  公開練習は午後4時頃開始。1時間半程軽く体を動かしたのみだっ ...

続きを読む »

コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日に聖市で大事な初戦

17日の日本対チリ戦のチケット

 14日から始まったサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)。6月14日から7月7日まで伯国内で開催されるこの大会では、5都市、6会場で試合が行われる。  そのうち、日本代表は17日午後8時から、聖市モルンビ・スタジアム(Praça Roberto Gomes Pedrosa, 1, Morumbi)でチリ代表との大事な初戦を控えて ...

続きを読む »

《ブラジル》パラー州=4月の工業生産が3割減=ブルマジーニョダム事故の影響

 地理統計院(IBGE)が11日に発表した国内15地域の工業生産に関する報告によると、4月のパラー州の工業生産は3月比30・3%減だったと、12日付フォーリャ紙が報じた。  同州で降った雨と、ミナス州ブルマジーニョダムの鉱滓ダム決壊事故が影響したもので、3カ月連続の対前月比割れで、2002年の統計開始以来、最低値となった。 ※こ ...

続きを読む »

本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?

 今日14日はゼネストが行われる可能性が強いが、13日の時点でさん市内で予想されていることを13日付現地サイトが報じている。  今回のストは社会保障制度改革反対を訴えるもので、サンパウロ市地下鉄と都電(CPTM)、市内のバスを運営するSPトランスが参加を表明し、市民の足が心配されている。  12日には、市都市交通局(SMT)の要 ...

続きを読む »

東西南北

 このところ話題のハッキング被害を受けて、ボウソナロ大統領はワッツアップやテレグラムといったアプリを使った通話をやめることにしたという。ただでさえ、ツイッターでの問題発言が多い大統領だけに、より一層の注意が必要か。また、13日は下院で社会保障制度改革のための特別委員会があったからまだ目立たなくて済んでいるものの、12日にインター ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■ブラジルコーヒーで真剣勝負

ドリップコーヒーを淹れる石井さん

 「ご来場のお客様から、うちの店のコーヒーに『おいしい!』とお褒めの言葉をたくさんいただき、午前11時のスタートから6時間、ドリップコーヒーを休まずに淹れ続けられた喜びは大きかったです」  そんなメールを送ってきたのは、大阪・京橋でスペシャリティコーヒー専門の自家焙煎店「Doce Grão(ドッセグラオン)」(大阪府大阪市城東区 ...

続きを読む »

《サンパウロ州》サソリ殺しに使用制限付農薬=州内陸部では普通に買える?

使用制限付の農薬販売に関する警告を掲載した記事の一部

 サソリの被害が集中しているサンパウロ州内陸部で、使用制限が設けられている強力な農薬が、サソリを殺すための薬として、普通に売買されているという。  問題の農薬は、ノミ、ゴキブリ、アリ、シロアリなどの害虫駆除に用いる、フィプロニルという成分を含む製品だ。  フィプロニルは、神経伝達物質のGABAの作用を阻害し、神経伝達を遮断するた ...

続きを読む »