ホーム | W杯 関連記事

W杯 関連記事

サッカー=ネイマールとブルーナが破局=理由は大統領選極右候補か?

ネイマールとブルーナ(ブルーナのインスタグラムより)

 人気女優のブルーナ・マルケジーナが18日、長年の恋人でもあるネイマール(26)との恋愛関係を終えたと発表した。  ブルーナはサンパウロで行われたイベントで、ネイマールとの交際の終りを発表した。  ブルーナは「この件に関してはあまり長引かせたくはありません。私と彼(ネイマール)に理解と配慮をお願いします。はっきりさせておきますが ...

続きを読む »

大分県人会、三つの節目祝う=創立65、留学50、研修40周年=「留学・研修制度の存続を」

65、50、40のロウソクを立てケーキカット

 ブラジル大分県人会(四篠玉田イウダ会長)は先月29日、聖市の宮城県人会館で県人会創立65周年、留学生50周年、研修員40周年記念式典を開催した。式典には安藤隆副知事、井上紳史県議会議長などの母県からの来賓7人のほか、大分県人インターナショナル会員ら7人、野口泰在聖総領事、安部順二名誉総裁(連邦下議)など約300人が参加し、盛大 ...

続きを読む »

日通、細谷浩司社長が交代=後任に藤代泰輔さん

来社した細谷さんと藤代さん

 ブラジル日本通運の社長・細谷浩司さん(59)が6年半の任期を終えた。新社長の藤代泰輔さん(52)と14日、挨拶のために来社し、在任中の経済状況などを振り返り、関係者に感謝の意を示した。  細谷さんは6年半に渡って社長を務めた。「W杯とオリンピックで好調な時期もあったが、その後は厳しい状況が続いた」と振り返る。景気悪化を背景に国 ...

続きを読む »

FIFA最優秀選手賞=ブラジル人のマルタが8年ぶり6度目の受賞=ベテランでも衰え知らず

マルタ(Lucas Figueiredo/CBF)

 24日、国際サッカー連盟(FIFA)が世界一の選手に贈る「FIFA最優秀選手賞」の発表がロンドンで行われ、女子の部でブラジル人のマルタが選出された。彼女の選出は2010年以来、8年ぶり、6度目となる。25日付ブラジル国内紙が報じている。  最終選考に残った候補は3人で、マルタは、アダ・へゲルブルク(ノルウェー)とジェニファー・ ...

続きを読む »

大耳小耳

 日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1626号が9月に刊行された。いつもながら読みどころ満載なのに驚く。なぜブラジルがサッカーW杯で最近勝てなくなったのかを人種論から論じた《ブラジルが「普通に」勝てる時代は終った》とのコラムが俊逸。かつてペレの時代のW杯には黒人出場選手は珍しかったが、今では多くの国が「ブ ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市は11日、同市南部サントアマーロの市営市場の運営権に関する入札を行ったが、応札企業がないまま、入札を終えた。この市営市場は1897年に操業を開始しており、100年以上の歴史をもつ由緒あるものだが、昨年の9月に火事で焼失した後、営業も止まっていた。今回の入札はこれを民営化するためのもので、落札金の下限を1150万レア ...

続きを読む »

ガビ・ゴール復活=欧州雌伏を経て、サントスFCで得点王争い

ゴールを決めてカメラにニッコリ微笑むガビ・ゴール(Ivan Storti/Santos FC)

 名門サントスFCに戻ってきた愛称〃ガビ・ゴール〃こと、ガブリエル・バルボーザが好調だ。9日に行われたブラジル全国選手権第24節、敵地でのパラナ・クルーベ戦で2得点を決め、リーグ戦通算12得点で得点王争いの単独トップに立った。  ガビ・ゴールは2013年5月に、16歳の若さでサントスFCトップデビューを果たした。順調にキャリアを ...

続きを読む »

独立200周年記念の記念モニュメント建設を

1918年にイタリア系コロニアが寄贈した「栄光―希望の泉」のモニュメント

 暴力を扇動する発言を多発するボウソナロ大統領候補が、暴力によって口を封じられる姿に、自然界の摂理を感じるのは、コラム子ばかりではないだろう。選挙戦が始まって2週間経つ。国民の大半にとって、理想的な候補がいないなかで、消去法で誰に投票するかを選ぶしかない選挙のようだ。そんな大統領候補者の中で、誰も「ブラジル独立200周年にこんな ...

続きを読む »

東西南北

 本面で報じているように、大統領選の注目人物のアウキミン氏やハダジ氏がサンパウロ州検察局に起訴され、ボウソナロ氏も「汚職撲滅」のイメージに響きかねない報道があるなど、様々なことがあった。大統領選にドラマ性を求める向きには面白い展開といえるが、起訴する気なら、政見放送で選挙戦が本格化する前に何とかならなかったのか。もう、すでに出馬 ...

続きを読む »

岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え

式典の様子

 ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、聖市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40人が参列。会員とその家族など総勢300人以上で記念の節目を祝した。  母 ...

続きを読む »