ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 聖市の韓国人街ボン・レチーロ区で『第11回韓国文化祭り』が12、13日の午前11時~午後9時に、チラデンテス駅前のコロネル・フェルナンド・プレステス広場で行われる。入場無料。12日午後からは宮廷衣装などの伝統装束に身を包んだ150人以上によるパレードが行われるとか。イベントでは伝統工芸や衣装、人形、料理の販売も。特に韓国料理の売店ではいろいろな本場の味が楽しめそう。K―POPダンスカバーコンテスト、総合格闘技戦なども予定され、見所もたくさん。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2017年8月19日 大耳小耳  今週末、『第8回全伯俳句大会』が20日午前9時から聖市文協(Rua Sao Joaquim, […]
  • 大耳小耳2017年8月18日 大耳小耳  『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)の214号が8月に発行された。《日本語の先生今も国なまり》(早川量通)、《此処だけの話と言って次の場で》(飛松信雄)、《人騙すことも知らずに貧と居る》(荒井花生)、《出来上がり味見したとは思えない》(井上風車)、《スト騒ぎ民主国家と大威張り》 […]
  • 大耳小耳2017年8月17日 大耳小耳  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第39号が8月に刊行された。「間嶋稲花水さんのこと」(伊那宏)では、戦後コロニアの現代俳句界を支え、6月4日に85歳で大往生した間嶋さんのことを顕彰。俳句界の登竜門と言われた「角川俳句賞」で1961年に入選(佳作)した実績などを紹介している。「 […]
  • 大耳小耳2017年8月15日 大耳小耳  5日に開拓先亡者慰霊碑を参拝した穀田恵二衆議は、さっそうと着物姿でイビラプエラ公園に登場。聞けば、「海外に行くときはいつも着物を着ている。外国の人が見たら中国人か韓国人か分からないけど、これなら一目で分かる。着物は『ジャパニーズ・コスチューム』です」とのこと。国会議員らしく日 […]