ホーム | コラム

コラム

➡【無料朝刊サービス登録】緊急対応の無料PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!

東西南北

 16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険に晒した」という声明を出した。州保健局は最初、「関係 ...

続きを読む »

《記者コラム》CPIの裏で二者択一迫られるボルソナロ=セントロンかゲデス財相か

コロナ禍CPIの先にあるものは フェルナンド・コーロル上議がコロナ禍CPI設置に反対声明を出した記事(https://diariodopoder.com.br/politica/collor-critica-instalacao-da-cpi-da-covid-e-decisao-inopinada-do-stf)  ボルソナロ ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、米国などの例でも示されているように緊急使用許可が必要 ...

続きを読む »

特別寄稿=イランが親日国になった理由=日露戦争勝利と日章丸事件=サンパウロ市在住 酒本恵三

欧米の植民地化からアジアを開放した日露戦争 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  イランの正式名称は「イラン・イスラム ...

続きを読む »

大耳小耳

    ◎  「カオリン王」と称され、篤志家として知られるサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市在住の堀井文夫さん(87、広島県)がコロナウイルス感染症の悪化により、14日に聖市のシリオ・リバネース病院に入院したことが分かった。16日朝、堀井さんの秘書に確認したところ「病状は快方に向かっています。来週には退院できる予定だと聞いてい ...

続きを読む »

東西南北

 14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1カ月間の全国の新規感染者は4万5498人に達した」と ...

続きを読む »

《記者コラム》この人が「ボルソナロの次」の救世主?

ジェンチーリ(Twitter)

ジェンチーリ(Twitter)  今年の3月、コラム子の目と耳を疑うニュースが飛び込んできた。そして、もう失笑するしかなかった。それは、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」が、22年の大統領候補としてダニーロ・ジェンチーリ(Danilo Gentili )を求めている、というものだ。  このジェンチーリなる人物。「どういう政治 ...

続きを読む »

東西南北

 コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ・ド・スルが21・8%で全体14位、サントスが20・ ...

続きを読む »

特別寄稿=これで解決! 夫婦別姓問題=たまにはブラジル方式採用を=サンパウロ市  駒形 秀雄

 日本では夫婦別姓の議論が盛んなようです。  与党の自民党では、このための法規改正を目指した特別部会を設けて近く会合が持たれるとの事です。  夫婦別姓とは、夫と妻がそれぞれ別の姓(苗字)を名乗れるようにしよう、という動きです。  日本の法律では男と女が結婚した場合、その一方(大体は女側)が相手側の姓を名乗ると言う方式です。今まで ...

続きを読む »

《記者コラム》人を救うべき医師が4才児を虐待死=妻は平然と美容院へ

事情聴取を終えて警察署を出るDr.ジャイリーニョ市議(Tania Rego/Agencia Brasil)

 3月8日に起きた4歳のエンリ君虐待死事件。発生直後から事故死ではないと疑われていたが、捜査が進む都度、衝撃が広がっている。母親の依頼で乳母や祖母が虚偽の供述を行った事、母親やその恋人である市議が事件前後に平然と旅行し、美容院に行った事なども驚きに値する。  コラム子にとっては、虐待を加えて殺した市議が医師である事や、息子への虐 ...

続きを読む »