ホーム | 文芸

文芸

中島宏著『クリスト・レイ』第121話

 第二の人生を送るはずのこの国で、このような境遇に甘んじなければならないということが、移民して来た人々を堪らない気持ちにさせた。この責任は誰にあるのかと考えてみても詮無いことだが、それをいまさら、ブラジルに、あるいは日本に押し付けてみたところでどうにもなるわけではない。  すべての責任は結局、それぞれの人間に帰することになるのだ ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第120話

 その為、枢軸国の移民たちである、ブラジルにおけるドイツ人、イタリア人、日本人たちは、当然のことながら敵国人という目で見られ、集会、組織だった行動に対して制約の輪が一挙に狭められていった。外国語による新聞、学校などが閉鎖の憂き目に合って不自由さを託っていた外国移民の人々に対してさらに、彼らの母国語での会話をも禁じるという、かなり ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第119話

 アヤにとって、そこには何の問題もなかった。ただ、移民としてこの国にやって来た一世の人々の間には、この変化に対してかなりの動揺があった。  ブラジル人社会との接触がほとんどなく、日本人同士で固まって、日本の風習や、日本語にこだわって生きて来た日本移民の人々にとって、これらの規制は誠に頭の痛い問題であり、何年もこの国に住みながらろ ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第118話

 総合的に見ればしかし、このゴンザーガ区での農業は、何とか生計を立てていく程度の収入を確保することはできた。が、それ以上のものには、なかなかなり得なかった。それは、ひとつにはこの地区での平均した耕地面積が十分な広さを持たず、効率が悪かったことと、販売ルートが確立されていなかったために、思うような値段では作物が売れなかったことによ ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第117話

 もし、マルコスが指摘するように、私に個性的なところがあるとすれば、きっとそういうものが知らない間に、私の中にも入り込んでいて、それが影響しているというふうにも考えられるわね。 でも、もしそうであるとしても、私はそのことについては別に何もこだわっていないわ。あなたが言うように、それがこのブラジルでは、当たり前だということであれば ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第116話

 つまり、アヤのように広い視野で、ブラジルのことあるいは世界のことを考えるというところがない。彼らの発想は常に、後にしてきた日本に繋がっていて、そこから一歩も出ようとしないという傾向があります。 もちろんこれは、僕のようにブラジル人の一人としての見方であり、考え方ではあるのですが、その辺りの差が、彼らとアヤとの間に鮮明な形で現れ ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第115話

「それがつまり、伝統と文化から生まれてきたものと考えるわけね。この場合は、文化や習慣というものが、必ずしも文明の邪魔をするものではないということなのね。なるほど、そういう見方もあるわけね。やはり、こういうことはマルコスのように、外部の人間から見ることによって焦点がはっきりしてくるということなのかしら。視点が変わると、本質的なもの ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第114話

 もっとも、日本のことは、アヤと知り合いになるまでは、大した知識もなく勉強もしていなかったけど、でも、ここ三年ばかりは結構、僕なりに勉強しましたよ。  そういう古い文化や伝統と共存しつつ、どうして日本は近代国家になれたのか。その辺りを勉強するには、このゴンザーガ区に住んでる日本移民の人たちは、僕にとって非常にいい対象になりました ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第113話

 移民の末裔たちが、新しく来た移民たちの言語や行動を規制しようとするのは、ちょっとおかしいのじゃないかしら。自分たちの先祖はよかったけど、今の時代はもう、それは認められないというのも何だか納得いかないという感じね。まあ、外国から来た移民である私がこんなこといってみても、何の力もないということは分かっているけど、でも、ちょっと矛盾 ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第112話

「それに比べると、あなたや、このゴンザーガ区に住む人たちは、まったく動揺してないように見えるけど、それはなぜでしょう」 「全然、動揺がないというとウソになるけど、でも、私たちの場合はもともとこのブラジルに根を張って、遠い将来を見据えた生き方をしようと考えているし、それが心の中の核みたいなものになっているから、少しのことぐらいでは ...

続きを読む »